高松宮記念 回顧

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)

↓↓↓ポチっと


人気ブログランキング

 

 

先週の日曜中山は、

降雪の影響で3R以降は中止。

 

明日の火曜日に枠順が変更されて

改めて仕切り直し開催だそうですな。

 

枠順のやり直しは、

スケジュールの変更による

出走取消が多発する為

でございましょうが・・・

 

競馬新聞を作る方としては

あまり有難い事ではございませぬ(;・∀・)

 

さて、昨日は今春のG1シリーズ

第1戦目となる高松宮記念が開催。

 

G1での勝ち馬降着処分という

事件もございましたが、拙者の

予想を含め、回顧して参ります。

 

 

G1高松宮記念 回顧

 

有料コース「血統馬券倶楽部」の

勝負レースに指定しておりましたので

当ブログでは予想見解は差し控えて

おりました。(*_ _)

 

予想見解はPDF版で

↓↓↓

2020 高松宮記念 EZ-WIN予想 PDF版

1位入線の⑪クリノガウディは

最後の直線で、逃げ粘る

⑯モズスーパーフレアとの激しい

叩き合いの最中に「左にもたれる」

悪癖が発症・・・

 

差し脚を伸ばしてきた

➂ダイアトニックに接触。

モズスーパーフレアにも影響が及び

長い長い審議の結果4着に降着。

 

ゴール前4頭横並びの激戦は

1着 ⑯モズスーパーフレア

2着 ⑧グランアレグリア

3着 ③ダイアトニック

 

という結果と相成りました。

 

幻の勝ち馬

 

15人気の低評価を覆し

自身初のG1で1位入線。

 

残念ながら4着降着となった

クリノガウディは、ヘイローの

血を4×4のクロスで持つ馬。

 

ちなみにヘイローの血は、

高い次元のスピード能力と、

激しい気性を勝負根性として

産駒に伝える血でございます。

 

大種牡馬サンデーサイレンスと

名牝グロリアスソングの父

でもございますな。

 

また、クリノガウディは

ノーザンテーストのクロスも

持っており、これがタフな馬場での

持久力に一役買っておるの反面、

高速馬場での純粋なスピード勝負

における「足枷」となっておる。

と拙者は考えております。

 

 

拙者の本命

⑥ダノンスマッシュは、

直線で全く伸びず・・・

結果は10着(;・∀・)う、うそやん

 

前日までダイアトニックを軸に

するつもりでいたのが、何故か

「当日になって◎○を入れ替え」

という魔がさしてしまい申した(*_ _)

 

グランアレグリアについては、

モズスーパーフレアのペースでは

後方に置かれるやろから届かんかも。

 

という判断でございましたが、

凄まじい末脚でございましたな。

 

それでもダイアトニックに不利が

無ければ3着でしたでしょうなぁ。

 

そのダイアトニックは、

前走ではフィアーノロマーノへの

進路妨害の加害者でございました。

 

やはり因果は巡り巡って

我が身に帰るのでございますなぁ

 

 

いつもブログランキングに

厚いご支援を賜り、誠にもって

感謝の極みに存じまする(*_ _)

 

ブログランキングのバナーを

あなた様がポチッとして下さる

↓↓↓

このブログのランキングが上がる

↓↓↓

拙者のモチベーションも↑↑↑

↓↓↓

より良い分析と予想記事が書ける

↓↓↓

あなたが穴馬券を当てる

↓↓↓

情けは人の為ならず。

巡り巡って我が身に帰る。

↓↓↓

どうかひとつお情けを(*_ _)

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!