2021年02月一覧

G3阪急杯(芝1400m内)2021分析レポート

今週の日曜阪神では「非根幹距離重賞」G3阪急杯(芝1400m内)が行われます。直線の短い内回りコースで、なおかつ1400mと言うG1レースが組まれていない「非根幹距離」のレース。そのため、非主流血統に分類されるノーザンダンサー系種牡馬の産駒や、母父にノーザンダンサー系を持つ馬がしばしば好走する傾向の有るレースでございます。

G2中山記念2021(芝1800m内)重賞分析レポート

今週から関東開催が東京から中山に替わります。その日曜中山では「非根幹距離重賞」G2中山記念(芝1800m内)が行われますな。直線の短い内回りコースで、なおかつ1800mと言うG1レースが組まれていない「非根幹距離」のレース。そのため、非主流血統に分類されるノーザンダンサー系種牡馬の産駒がしばしば好走する傾向の有るレースでございます。

G1フェブラリーS2021 総合評価競馬新聞EZ-WIN

今年最初のG1レース「フェブラリーステークス2021」の総合評価競馬新聞EZ-WINを公開致しまする。今年はメンバーレベルが低い上に、人気サイドに不安材料を抱える馬もおり、波乱含みのG1レースとなりそうな予感がございます。EZ-WINをフェブラリーステークス2021の予想にお役立ていただけましたら誠にもって光栄の至り。

G1フェブラリーS枠順の明暗とトレンド血統該当馬

今年最初のG1フェブラリーステークスの枠順が確定致しました。外枠を引ければ爆穴本命に据える予定でいたアノ馬は・・・。東京は今週も雨の影響のない良馬場での開催となりそうで、ようやく「トレンド血統」を予想に取り入れるチャンスが巡って参りました。ここでは「トレンド血統該当馬」もご紹介しておきまする。フェブラリー2021の予想のご参考となりましたら誠にもって光栄の至り(*_ _)

G1フェブラリーS2021分析レポート「上りの速い米国型血統馬」に注目

今週の日曜東京では、今年最初のG1レース「G1フェブラリーS(ダ1600m)」が開催されまする。東京ダートコースの路盤はスピードが出やすく、欧州的なスタミナよりも米国的なスピードの持続力が求められやすいコースですございますな。また、ダートコースではJRA全10場の中で、最も直線の長いコースでもあり、クラスが上がる程「末脚の破壊力」も重要になる傾向がございます。

error: Content is protected !!