先週の重賞回顧

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっと人気ブログランキング投票(*_ _)

(中央競馬カテゴリー15位前後)

(血統理論カテゴリー 1位)

 

 

 

先週の重賞回顧

 

先週開催された重賞3鞍を振り返り、

人気薄で激走した馬の好走理由を

血統から分析し、今後の糧とすべく

心に刻んで参りとうございまする。

 

 

 

G3福島牝馬S

 

【EZ-WIN予想】

レースのRP指数は「50.8」でした。

 

1・2番人気が飛び

2着・3着が2桁人気馬という

大波乱で、3連複は60万馬券。

3連単は227万馬券と言う結果。

 

 

2着のリープフラウミルヒは

叔父に同じステイゴールド産駒の

フェイトフルウォー

(セントライト記念2200m勝ち)

が居る牝系で、牝系ファミリー

全体の全3着以内数の6割以上を

芝1800mが占める1800巧者ファミリー。

 

さらにその6割以上の3着以内数の

47%をステイゴールド産駒が占有。

 

3勝クラスの身で格上挑戦。

ラップ的にも想定RP指数から

好走レンジが外れている事で

無印にしましたが、EZ-WINの

「血統・人気複率」が緑背景の

赤文字で、血統複勝回収率も

赤く塗られており、穴馬候補の

1頭に挙げて然るべきでございました。

 

 

3着のランドネは

昨年の当レースで3人気6着。

直線で不利を受けながらも、

3着とは0秒1差の僅差。

 

父のブレイムは、ロベルト系としては

異色の米国ダートG1馬でございますな。

 

母父にミスプロ系のスピード型

の種牡馬シーキングザゴールド

を持っております。

 

ただ、種牡馬としては

活躍馬を出せておらず、

さらにランドネは母父が

米国ダートの名血APインディ。

母母父にミスプロ系ファピアノ。

 

さすがにこれは、欧州色が足りない

と考えての無印でございました。

 

いまだに好走理由が見つけられませぬ(*_ _)

 

 

 

 

G2マイラーズカップ

 


レースのRP指数は「54」でした。

1着 ①インディチャンプ

2着 ⑤ベステンダンク

3着 ⑦ヴァンドギャルド

EZ-WINの馬名欄に黄色い

背景色がある馬の3着内独占。

インディチャンプから相手4頭で

獲れていたレースでございましたな。

 

2着のベステンダンクは7人気。

 

父タイキシャトル
(ヘイロー系)

母父スペシャルウイーク
Tサンデー系

母母父ウッドマン
(ミスプロ系)

 

タイキシャトル産駒の

京都芝1600外の成績は

複勝率40%で回収率229%

 

母父にTサンデー系を持つ

タイキシャトル産駒のコース

成績は、のべ4頭が出走して

2勝3着1回と好成績。

 

ただ、タイキシャト産駒の

当コース重賞成績は壊滅的。

ゆえに評価を下げましたが・・・

 

ベステンダンクは

ヘイローの3×4クロスがあり

これは直線でのトップスピードを

底上げする効果があるクロスですな。

 

「クロス」の説明は

↓↓↓

ここをクリック

 

本馬自身当コース成績は

4戦/1勝/2着2回/4着1回

なかなかのコース巧者。

 

8歳と言う年齢と、

血統の重賞実績の薄さから

軽視致しましたが、失敗でした(*_ _)

 

 

 

G2フローラS

 

2020.4.26 G2フローラS EZ-WIN予想

 

このレースは、

有料コース「血統馬券倶楽部」と

無料メルマガのクジ引きご当選者さま

限定配信の勝負重賞でございました。

 

本命の③ウインマリリンが

訳ありノーステッキで優勝。

 

特に穴馬と呼べる馬は馬券に

なっておりませんでした。

 

が、上位人気2頭が飛び

3連複は万馬券と嬉しい誤算。

でございました。

 

 

次亜塩素酸水なら除菌水ジーア

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!