G1レポート 大阪杯 

本日も人気ブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)ポチっと

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

今週の日曜阪神では、

春のG1シリーズ第2戦

【G1大阪杯(芝2000m内)】が

開催されまする。

 

古馬のG1で2000mで行われるのは

秋の天皇賞と、この大阪杯の2つ。

 

直線の長い東京と、内回りで

直線が短い阪神という違いがあっても

好走馬の血統傾向は似ておりますな。

 

 

 

大阪杯 穴馬レポート

 

G1に昇格して今年が4年目。

 

過去3年のG1大阪杯で

馬券になっ9頭の内、5頭は

4人気以下と中波乱の傾向の

有るG1レースでございます。

 

それでは早速、

血統を中心に今年の

穴馬候補を探して参りまする。

 

 

 

今年の登録馬

 

【2020大阪杯 登録馬予想人気】


出走表は、毎度ながらnetkeiba.com様より拝借(無断(*_ _))

※ヴェロックスは回避の見込み。

 

 

【2020大阪杯 登録馬血統表】

※赤文字が好走血統

 

 

大阪杯 過去3年血統傾向

 

【過去3年3着以内馬血統表】

 

中長距離タイプのサンデー系種牡馬を

両親のどちらかに持ち、もう一方に

ミスプロ系か米国型血統を持つ馬が

圧倒的多数を占めておりますな。

 

ブラックタイドはディープの全兄弟。

100%同血である事を考えますれば

やはりディープの血が非常に強い。

という事でございましょう。

 

 

 

G1実績が重要

 

過去に2000m以上のG1で

掲示板(5着以内)を確保していた

という実績がない馬は、ここでも

通用しないと言う傾向がございます。

 

穴をあけるのは、

「忘れられたG1好走馬」

という事でございましょう。

 

 

 

今年の注目馬

 

今年の大阪杯出走登録馬で、

好走傾向に該当するのは・・・

 

・ダノンキングリー

・マカヒキ

・ラッキーライラック

・ワグネリアン

 

忘れられたG1ホースとなると

マカヒキでございますな。

 

昨年の4着馬であり、

前走のジャパンカップでも

上り最速で4着と好走しており

「終わった馬」のレッテルを貼るのは

いささか早計かも知れませぬ。

 

ただ・・・

G1大阪杯で馬券になった馬は

ほとんどがクロス(同型配合)を

持たぬ健全な配合「アウトブリード」

でございまする。

 

クロスを持っていた馬も、

同型配合の弊害が少ない

ノーザンダンサーのクロスで、

他の系統の血をクロスで持つ馬は

馬券になっておりませぬな・・・

 

 

マカヒキはヘイローを3×5

という比較的濃いクロスで持っており、

その辺りがやや気がかりですな。

 

 

ダノンキングリーと、

ワグネリアンはアウトブリードの

健全配合でございますれば、

この2頭を中心視するのが

賢明であるやも知れませぬなぁ。

 

 

 

最終結論

 

G1大阪杯の最終結論

EZ-WIN予想は、無料メルマガにて

レース当日の正午頃に配信致しまする。

 

無料メルマガに未登録の方で、

大阪杯の最終結論の配信を

ご希望の方は、レース当日の

正午までにアドレスのご登録を(*_ _)

↓↓↓

 

携帯メールでご登録の場合は、

あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com

からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

なお、登録完了後すぐに

登録御礼メールが届きます。

 

もし届かない場合は

迷惑フォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

# 大阪杯 血統

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!