天皇賞春 穴馬レポート

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっと人気ブログランキング投票(*_ _)

(中央競馬カテゴリー15位前後)

(血統理論カテゴリー 1位)

 

 

 

こんな時期だから、お家でプチ贅沢。

↓↓↓

日本&世界の名産品をお取り寄せ

 

 

 

G1天皇賞春 穴馬レポート

 

 

前回のレポートに続きまして

本日は天皇賞春の穴馬候補を

血統分析から拾い出して参りまする。

 

天皇賞の予想の前に、

まずはご一読下されませ(*_ _)

 

 

 

天皇賞春 出馬表

 


出馬表はnetkeiba.com様より拝借(*_ _)

 

前回のレポートでは上位人気3頭を

分析致しましたが、本日は4人気以下

が予想されている馬から数頭を選んで

分析を進めて参ります。

 

春天の好走血統のテーマは

「スピードとスタミナのバランス配合」

でございますれば、その点を踏まえて

ご照覧あれ(*_ _)

 

 

 

ミッキースワロー


じぃ~・・・

 

父はディープ産駒のトーセンホマレボシ。
母父はトニービン産駒のダービー馬ジャングルポケット。
ジャングルポケットは春天の2着馬でもございますな。
トニービンはハーツクライの母父馬でもあり、春天へのハーツクライの
相性の良さは、トニービンに起因するものやも知れませぬな。
祖母はリファールの直仔で、リファールの5×3クロスが発生し
これが2000m重賞でも勝てるスピード能力の源でございましょう。
曾祖母はグレイソヴリン系の快速馬カロの系統で、こちらも
スピードの補完に一役買っておりましょう。
血統構成からは「ばっちっりやん」的な存在ながら・・・
気になる点が3つばかりございます。
ひとつは長距離輸送がどうか?
もう一つは、良績が中山・福島に集中しており、
大箱と呼ばれるコースではパフォーマンスが下がるところ。
最後に前走の反動。
本馬は、休み明けに頑張ってしまうと次は反動で走れない傾向が有り
前走は休み明けで、目一杯走って勝ってしまっておりますな。
思い切って消すか、3着押さえに入れるか。
トニービン持ちだけに判断に迷うところでございます。

 

 

 

モズベッロ

 


半笑いw

 

父のディーププリランテは、母父にネヴァーベンド系を持つ
ディープ産駒の種牡馬。
母父にスピードとパワーのストームキャット。
祖母の父はヘイロー直仔。
曾祖母の父は米国ミスプロのゴーンウエストで、
これは名マイラーを数多く出しているスピードの
強化血統でございますな。
母系がスピード血統の塊りと言っても良いほどで、
さらにヘイローの4×4+5という複合クロスも保持しており。
直線のトップスピードが、かなり強化されておる配合。
スタミナ的な要素は父に頼り切りでありますが、
ネヴァーベンドの血が活きれば距離は持つはずで
極端なハイペースにならねば、上位争いに加わって参りましょう。
前走は直線で勝ち馬ミッキースワローに寄られる場面もあり、
また、急坂の有る中山よりも、下ったなりに平坦がゴールまで続く
京都外回りの方がパフォーマンスが高く、中山→京都は好材料。
あとは、前走休み明けで目一杯走った反動がどうか?という事と
脚質的に最内枠が仇にならねば。と言ったところでございましょう。

 

 

 

スティッフィリオ

 


カメラ目線?・・・

 

父はスタミナ量豊富なステイゴールド
母父のムトトはスタミナ血統のブランフォード系種牡馬。
母は、母系のケープクロス(ダンチヒ系スプリント血統)の影響を強く受け、
英国とカナダのスプリントG1を勝った馬でございますな。
曾祖母は半弟に仏1400G1を勝ち、英国の1200G1で2着したマウントアーブーがおり、
母系には、スプリンターのニホンピロウイナーを出したハビタット系を持ちます
本馬自身が1800m重賞を勝っておるように、母系からスピードの補完を
受けているものと推察されますな。
不安材料は前走の反動。ダンチヒの影響を受けると、反動が付きものになりやすく
前走が中8週の休み明けでの好走で、上積みがあるか、反動が出るかの丁半バクチですな。

 

 

 

 

ミライヘノツバサ

 


素顔は色白ですねん

 

ミライヘノツバサはオルフェーヴルの全兄ドリームジャーニーの産駒
ドリームジャーニーは父がステイゴールド。母父にメジロマックイーン。
祖母の父はノーザンテーストと言う配合馬。
そしてノーザンテーストの4×3クロスを持っておりますな。
スタミナに秀でた配合で、長距離やタフな馬場に強い配合でもあります。
ミライヘノツバサは母父にストックウエル系という現在ではマイナーな血を持ちますが
母父のシルヴァーチャームはバックパサー(マイルの世界レコードをマークした快速馬)
の流れをくむ種牡馬で、自身はドバイWC、ケンタッキーダービーを制した米国の
名馬でございます。
祖母の父は欧州型ノーザンダンサー系種牡馬セレクト(英ダービー馬)で
ノーザンダンサーの直仔でございますな。
曾祖母に欧州のスプリント血統プリンスリーギフトの血を持っており、
春天の好走血統傾向である「スタミナとスピードのバランス配合」に符合いたします。
脚質的にも前走でメンバー2位の上りでダイヤモンドSを制して復活を遂げており
ノーマークは危険な穴馬候補の1頭でございましょう。
ちなみに・・・
前走でダイヤモンドステークスを勝った馬としては、
2015年にフェイムゲームが7人気2着に激走しております。

 

 

 

ハッピーグリン

 

 

父は欧州ノーザンダンサー系の主力血統サドラーズウエルズ系のローエングリン。
父の父はジャパンカップ勝ち馬シングスピールで、日本の高速芝への適性は高く、
ローエングリン自身G1勝ちはありませぬが、マイラーズカップ・中山記念の勝ち馬で
安田記念3着という実績もあるマイラーでございますな。
ただ、ローエングリンは母父にネヴァーベンド系ミルリーフの血を持つため
直線のトップスピードが低下し、その分タフな馬場や厳しい流れへの適性が
上がってしまっていた印象を受けますな。
ただ、母父にサンデーサイレンスを持つローエングリン産駒のロゴタイプは
皐月賞と安田記念を制しており、母系にサンデー系のスピードを補完する事で
G1級のスピード能力を発揮できる種牡馬と申せましょう。
ハッピーグリンの母父はPサンデー系種牡馬のアグネスタキオンで、
スピードの補完は一応合格でございましょうか。
祖母の父は、欧州ロベルト系のブライアンズタイムで、スタミナを補完。
ブライアンズタイムを母父に持つビートブラックが14人気で
天皇賞春を制し、スリーロールスが菊花賞を8人気で優勝。
皐月賞を8人気で制したディーマジェスティも母父にブライアンズタイム。
大一番でドカンと穴をあける傾向の有る血でございますな。
曾祖母はニジンスキーの直仔。ニジンスキーはノーザンダンサーの
2世代目産駒で、ノーザンダンサーをノーザンダンサーたらしめた最初の産駒。
母系に入って、底力や持久力・スタミナを補完する血で、軽い芝向きのスピードは
持ち合わせておりません。
血統構成としては父と母父がスピードを、祖母と曾祖母からスタミナの補完を受ける。
と言った形の血統構成で、よもやとは思いますが初めての京都3200と言う条件で
思わぬ覚醒を見せる可能性は否定できませぬ。
ちょっと面白い存在として捉えておき、馬券の端っこには100円だけでも
入れておきたい爆穴候補でございますな。

 

 

 

拙者の注目穴馬

 

拙者が今回最も注目する馬を

含め、4人気以下が予想される

全ての出走馬の分析結果は、

無料メルマガで配信いたします。

 

現在無料メルマガにご登録の

無い方で、分析結果シートを

ご希望の方は、下記の登録ボタン

より登録フォームにお進み頂きまして、

配信先アドレスのご登録をどうぞ。

↓↓↓

登録完了後に、折り返し

御礼メールが届きます。

分析結果シートは、そのメールの

添付ファイルでお届け致しますれば、

ご登録後すぐにご覧頂けまする。

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

 

アルコールより安価で除菌効果が高く

手肌に優しい「次亜塩素酸水」で

家族をコロナから守りましょう。

↓↓↓

今なら加湿器プレゼント!

空間除菌なら除菌水ジーア

 

 

 

# 天皇賞春

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!