先週の爆穴馬回顧

 

いつもブログランキングに

お力添えを賜り誠に有難き幸せ(*_ _)

 

お陰様にて

中央競馬ランキング15位前後

血統理論ランキング 1位

にランキングされております。

 

甚だご面倒ではございましょうが

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)よしなに

↓↓↓ クリックをm(__)m


競馬・血統理論ランキング

 

 

 

先週の爆穴馬回顧

 

今週より、従来の「重賞回顧」

ではなく・・・

先週行われた特別戦レースを

振り返り、大穴をあけた馬から

そのコースへの適性を学んで、

今後の同コースで行われるレース

予想への備えと致しとうござい

まする。

 

 

 

G1天皇賞春

 

まずはやはり

G1天皇賞春でございますな。

 

無料メルマガ配信の予想見解

↓↓↓

2020.5.3 天皇賞春 EZ-WIN本命予想

 

1人気フィエールマンと、

最後まで壮絶な叩き合いの末

2着に惜敗した11人気馬

⑥スティッフィリオ

 

無料メルマガで配布しました

「天皇賞春出走馬分析シート」

には以下のような内容で評価

しておりました。

 

スティッフィリオ
父はスタミナ量豊富なステイゴールド
母父のムトトはスタミナ血統の
ブランフォード系種牡馬。
母は、母系のケープクロス
(ダンチヒ系スプリント血統)
の影響を強く受け、
英国とカナダのスプリントG1
を勝った馬でございますな。
曾祖母は半弟に仏1400G1を勝ち、
英国の1200G1で2着したマウントアーブーがおり、
母系には、スプリンターの
ニホンピロウイナー
を出したハビタット系を持ちます
本馬自身が1800m重賞を
勝っておるように、
母系からスピードの補完を
受けているものと推察されますな。

不安材料は前走の反動。
ダンチヒの影響を受けると、
反動が付きものになりやすく

前走が中8週の休み明けでの好走で、
上積みがあるか、反動が出るかの
丁半バクチですな。

反動ではなく、

上積みがあったようですな。

 

天皇賞春の血統ポイント

・スタミナの裏付けは必要

・2000m以下の重賞で通用する
 スピードを補完する血が必須

・キングマンボ系は相性最悪

 

人気で馬券圏外に終わった

・ユーキャンスマイル

・キセキ

そして、本命に据えた

・ダンビュライト

 

キングカメハメハ産駒は

春天に非常に相性が悪く、

ユーキャンスマイルは血の

呪縛から逃れられずに2年

連続で馬券圏外となりました。

 

ダンビュライトとキセキは

ルーラーシップ産駒で、父の

母父にトニービンを持っており

気性に問題の有るキセキは

ともかくとして、去勢により

気性難を克服した可能性の高い

ダンビュライトは、前で粘り

残るのではないかと考えて

本命にしましたが・・・

 

ダンビュライトの敗因が

休み明けによるスタミナ切れ

であった可能性もありますが

今後はキングマンボ系の馬を

軸にするのはやめておきまする。

 

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

 

土曜福島10R しゃくなげ賞

 

福島芝1200m 1勝クラス

 

このレースは有料コンテンツ

血統馬券倶楽部の勝負レース

でございましたが・・・

 

1着馬、3着馬の見解は

↓↓↓

20.5.2 血統馬券倶楽部勝負レース 福島10 しゃくなげ賞予想

 

本命を引き間違えました(*_ _)

 

勝ち馬ベッラヴォルダは▲

3着マイネルヘルトは★

どちらかを◎にすれば(*_ _)

 

福島芝1200m血統ポイント

・ニジンスキー系、ボールドルーラー系

 レッドゴッド系・グレイソヴリン系

 馬場が悪いとネヴァーベンド系

 と言った持続力血統を持つ馬。

 

・リファール系、ヘイロー系、

 プリンスリーギフト系など

 スピード強化血統を持つ馬。

 

・馬場が荒れるとダンチヒの血

 

同じ舞台で行われた

福島12R喜多方特別でも

3着に11人気が入線。

 

3着馬②プロスペリティは

父がブラックタイドで

ブラックタイドの母父は

リファール系でございますな。

 

母父はヘイロー系種牡馬の

タイキシャトルでヘイロー

3×4クロスを保持しており

ます。

 

そして母父タイキシャトルの

母はニジンスキー系のスピード

血統カーリアンでございます。

 

1200mへの出走は初めて。

前走まで2走続けてダート戦に

使われての「距離短縮ローテ」

と、芝血統馬のダ→芝替わり

「トラックチェンジ(TC)」

さらに好走血統の要素を

ふんだんに持っており、近走の

大敗続きから一変する要素は

十分でございました。

 

 

 

日曜京都10R 端午S

 

京都ダ1400m 3歳OP

毎年のように大波乱が普通。

と言うような面白いレース。

 

このレースは血統馬券倶楽部で

勝負を賭けた1鞍でございました

↓↓↓

20.5.3 京都10R端午S 血統馬券倶楽部EZ-WIN

 

端午Sが毎年のように大波乱を

起こすのは、若駒の多頭数開催

で必ずハイペースになり極端な

消耗戦を経験していない人気馬

が消える事にも原因は有りそう

でございます。

 

また、前走中京からの左→右の

回り替わり、芝→ダのトラック

チェンジ、伏龍Sからの距離短縮

これらの該当馬が変わり身を

見せ一変するケースが多くまた

父と母父が米国型・Dサンデー

・大系統ミスプロ系の3種類で

構成される「米米配合」も複数の

大穴を出しており、該当馬には

注意が必要なレースですな。

 

 

本命は、前走伏竜Sからの

距離短縮ローテとなる

「米米配合馬」

⑤イモータルスモーク

でございましたが・・・

 

ゴール前で3着馬

⑩スリーグランドと

併せ馬で壮絶な叩き合い。

 

そしてあろうことか、

ゴール板手前で鞍上が立ち上がる

強烈な不利を受けてブレーキ。

 

結果クビ差遅れての4着。

 

 

3着馬のスリーグランドは

前走ダ1200mを勝ち上がり

距離延長での参戦。

 

米国APインディ系種牡馬

シニスターミニスター産駒。

 

シニスターミニスター産駒は

距離短縮がダメで、逆に延長

を得意としておりますな。

 

また母父はロベルト系の中でも

異色な存在であったダート名馬

ブライアンズタイム。

 

祖母の父アサティスは、

米国ダート1300mのレコード

ホルダーであるトップサイダー

の産駒で、アサティス産駒は

日本のダート中距離で強豪馬を

多数輩出したダートの名種牡馬。

 

父系・母系共に適性は1200

よりも1400m以上にあり、

今回の延長ローテは成功率が

非常に高いパターンでござい

ましたが、連闘を嫌い無印に。

 

 

端午S爆穴の法則

・父米国型で母父もダート血統。

・前走昇竜Sからの距離短縮

・前走中京からの左→右回り

・芝→ダのトラックチェンジ

・今年の教訓から・・・

 母系が欧州型の距離延長馬

 

 

 

日曜福島11R バーデンバーデンC

 

福島芝1200m 3勝クラス

 

昨年までOPハンデ戦でしたが

今年から3勝クラス定量戦に

条件が変わりましたな。

 

昨年までは大きな波乱がない

平穏レースでございましたが、

今年はいきなり大波乱。

↓↓↓

 

 

福島芝1200m血統ポイント

・ニジンスキー系、ボールドルーラー系

 レッドゴッド系・グレイソヴリン系

 馬場が悪いとネヴァーベンド系

 と言った持続力血統を持つ馬。

 

・リファール系、ヘイロー系、

 プリンスリーギフト系など

 スピード強化血統を持つ馬。

 

・馬場が荒れるとダンチヒの血

 

 

 

1着 ⑭アリンナ 10番人気

 

母父にボールドルーラー系

持つPサンデー系種牡馬の

マツリダゴッホ産駒。

 

母系はダンチヒの血を持ち、

大穴を出しやすいリボー系の

5×5クロスを保持。

 

最終日の荒れ馬場で、

ダンチヒの血も活きたよう。

 

 

 

2着 ⑩アンプロジオ 15人気

 

父はキンカメ産駒の

ローズキングダムで、

その祖母はネヴァーベンド系

 

母系はミスプロ系ファピアノに

米国型ストームB系という米国型の

スピード血統で、曾祖母はナスルーラ系

でございますな。

 

また、母の祖父の母はグレイソヴリン系

の快速血統カロ産駒。

隠れたところに重要なナスルーラ系の

血を持っておりました。

 

 

 

日曜福島12R 白川特別

 

福島ダ1700m 2勝ハンデ

 

3年連続で2桁人気が

馬券に絡んでいるレース。

 

これまでは夏開催で

夏は牝馬の格言通りに

軽ハンデの牝馬が良く穴を

あけるレースでございました。

 

今年は春開催という事で

傾向に変化がございました。

 

穴をあけたのは牝馬でも

牡馬でも無くセン馬の

⑬フィルストバーン 10人気

2着 複勝690円

 

前走が1800mで、今回は

距離短縮ローテでございました。

 

父は当コースの爆穴血統

エイシンフラッシュ

 

血統馬券レシピ

エイシンフラッシュ産駒は

6人気以下12人気以上ならば

ベタ買いで複勝回収値200円

という立派な投機対象種牡馬。

その複勝率は38.5%と驚異的。

 

ダート戦に特化した

血統馬券レシピの数々は、

無料メール講座にて配信。

 

その他にも非公開重賞の

EZ-WIN予想無料配信や

毎週の重賞分析シートの配布

など、無料でいいの?

とよく読者様におっしゃって

頂けているメルマガを配信中。

 

ご登録は

↓↓↓

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

さて、続きを・・・

 

フィルストバーンの

母父はPサンデー系種牡馬の

アグネスタキオンで、祖母は

京王杯SCや欧州のマイル以下

G1で大活躍したスキーパラダイス

 

さらに母は、桜花賞馬の

アグネスフローラを輩出した

ボールドルーラ系ロイヤルスキーを

4×4クロスで保持しております。

 

一見すると短距離向きの

芝血統の母系でございますが、

牝系ファミリーにはダート重賞

活躍馬が名を連ねる隠れダート

ファミリーでございますな。

 

そして、スピード型の牝系は

距離短縮の成功が多いですな。

 

また、本馬は外枠が得意。

 

上位人気に不安材料が少なく

血統馬券倶楽部では取り上げ

ませんでしたが、個人的に

複勝勝負で楽しませて

頂きました(*_ _)自分だけ

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!