先週の回顧1

 

 

痛恨のマーメイドS

 

長年、競馬予想をやっておりますと、

時に死んでしまいたいような気持になりますな。

 

レポートで推奨した穴馬サラス(7番人気)と、

ふるいに掛けて最後まで残ったもう1頭の10番人気

レッドランディーニのワンツー決着で馬連190倍。

 

何で獲れとらん・・・(*_ _)ハァ ←アホ

 

 

先週日曜阪神の芝コースは、

平均よりも1秒以上時計の掛かる馬場でございました。

 

レースは前半1000m通過が59秒8のミドルペース。

前が総崩れになる程のペースでもありませんでしたが、

勝ち馬サラスは4角15番手、2着・3着馬はどちらも

4角9番手からの追込み勢でございました。

 

ラップパターンは、後半1Fごとのラップタイム間の

タイム差が0秒5を超えるような大きな加速はなく、

しかし最後の1Fは1秒4と大きく減速するという

「平坦タイプの大消耗戦ラップ」でございました。

 

良馬場発表ながら、走る馬にはかなり負荷の掛かる

力の要る馬場とラップパターンであったことで、

ダート中距離適性の高い血統馬が、血の強さを

いかんなく発揮出来たという事でございましょう。

 

そしてやはり今年も「前走上り1位馬」同志で

ワン・ツー決着致しました。

 

血統と、近走上りだけを見ておけば獲れるレースを、

EZWINの評価を大事にしてしまったのが痛恨事でござった。

 

読者の皆様には大変申し訳なく(*_ _)平に・・・

 

レース結果と加速指数

 

スピード指数は、文字通り「馬のスピード能力」を

レース条件を特定せずに単純比較するする為の指数ですが、

加速指数は、言うなれば「スタミナ指数」でございます。

 

最後の勝負所で、どれだけバテずに伸びたか?

を単純比較する為の指数で、これには「ペース補正」

と「斤量補正」を加えて算出しております。

 

まだ開発間もなく、色々と修正課題も多い指数ですが、

レースを回顧した時に「どの馬が一番強い競馬をしたか?」

ですとか、「位置取りの差・通った所の差が出たのか?」

などを考える時に非常に便利な指数だと考えております。

 

さて、今年のマーメイドSで最も強かった馬は、

④センテュリオ

斤量の不利が無ければ勝てておったであろう

加速指数が出ておりますな。

 

定量戦であれば、

1着センテュリオ

2着サラス

3着スカーレットカラー

という結果だったかもしれませぬ。

 

センテュリオは、この敗戦で次走人気が落ちるなら、

メンバーと斤量条件など噛み合えば、単勝が美味しい

存在になるやも知れませんなぁ。

 

次回はエプソムカップの回顧を書いて参りますれば

またのお越しを(*_ _)懲りずにお願い致しまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!