先週の回顧2

エプソムカップでもポカる

何ですと!?(;゚Д゚)

ここでまさかのレイエンダ!?

ここか?ここに適性が有ったのか?

 

もうこの上なくバッサリ切り捨てた馬に勝たれる。

これは実に恥ずかしいですなぁ・・・

 

さらには自信満々に無料メルマガでイチオシした

ブレスジャーニーは、伸びない最内でもがきながら

外を通った馬達に交わされて行きました・・・

 

こういう時も、死んでしまいたい気持ちになります(*_ _)

 

レース回顧

 

それでは、愚痴はこの辺にして・・・

エプソムカップのレース回顧と分析を。

 

この日の午後の東京芝コースは、

平均よりもやや速い時計の出る馬場。

 

但し、直線は内を通った、あるいは通らされた馬が、

軒並み伸びあぐねて外を通ってきた馬に負けておりました。

 

逃げ馬のジョッキーも、皆が皆4コーナを通過すると

内をあけて、馬場の中所を通るような馬場でございました。

 

さて、エプソムカップ。

前半の1000m通過タイムが63秒9

という超スローペースで、決着タイムが1分49秒1・・・

 

重馬場開催だった昨年でも1分47秒4で、

過去10年の度の年よりも遅いタイムでございました。

 

逃げたサラキアと、2番手追走のレイエンダが

そのまま前で残り、好位追走のソーグリッタリングが

外から伸び、かろうじて3着に食い込む決着。

 

稍重でも馬場差は「-1秒程度」と、

比較的速い馬場だった事を考えると、

余計にこのタイムは評価しづらい時計で、

勝ったレイエンダをどう評価すべきか?

 

非常に悩ましいレースで、加速指数を出してみても、

あまりのスローペースで、補正しきれていないような

高い数値が出てしまいました。

↓↓↓

※馬印1は「父評価」、馬印2は「配合評価」

 

サラキアの加速指数は、この6頭で最低で、

完全に展開に恵まれた2着であったと申せましょう。

 

父評価、配合評価がともに「Cランク」の馬が

3頭も掲示板に載るのは、やはりレベルが低いレースで、

展開と馬場に恵まれた馬が上位に食い込めるレベルのレース。

だったと考えるべきかも知れませぬなぁ。

 

という事で、次走注目馬はブレスジャーニー。

通った所が違えば。と思わせる敗戦でございました。

 

あともう1頭挙げるならば・・・

7着だったアントノールの加速指数は

「151.0」と、2着のサラキア以上。

ブレスジャーニーに次ぐ指数でございました。

 

さらに、このコースでの血統評価が

父C・配合Dという「コースに不向きな血」

であった事を考えますれば、次走以降で

血統評価が高いコースや、実績の有るマイル戦に

出てくれば、G3クラスならば通用する可能性は

大いにありそうでございますな。

 

次回の記事は「今週の重賞展望」でございます。

 

夏競馬開幕重賞「G3函館スプリントS」と、

3歳馬のダートマイル王決定戦「G3ユニコーンS」

以上の2鞍が日曜メインで開催されますな。

 

過去のレース傾向や、上位人気馬の評価など

あれこれと書いて参りますれば、またのお越しを(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!