阪神ジュベナイルF回顧と今週の重賞展望

阪神ジュベナイルフィリーズ回顧

 

先週日曜日に開催された

2歳女王決定戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」

勝ったのはリアアメリアでもクラヴァシュドールでもなく、

単勝11.2倍の伏兵「レシステンシア」でございました。

 

勝ち時計は1分32秒7のレコードタイム。

 

5馬身ちぎられた2着には、単勝43倍の穴馬

⑨マルターズディオサ。

3着にはマルターズディオサにハナ差で

3番人気⑩クラヴァシュドール。

 

単勝1.8倍の支持を集めたリアアメリアは、

直線で伸びを欠き、ウーマンズハート、

ヤマカツマーメイドの後塵を拝して6着に敗退。

 

今回は、逃げたレシステンシア&北村友一殿が刻んだ

前半3F33秒7というハイペースについていけず、

ディープ産駒らしい「忙しい競馬は苦手」な部分を

露呈してしまった格好でございましょう。

 

馬の距離適性を信じて、ハイペースで逃げ

後続に脚を溜めさせなかった友一殿の

見事なファインプレーでございました。

 

母が2200mのG1を勝っており、

体型も胴が長くゆとりのある体型で、

距離はオークスでも持ちそうでございますな。

 

G1レポートで推奨した伏兵2頭のワンツー決着で

沢山のお礼メールを頂戴いたしました事、

誠にもって光栄の至り、感謝の極みに存じまする(*_ _)

 

海外G1の「香港カップ」では日本馬ウインブライトが

海外G1で2勝目を挙げ、香港ヴァースでもグローリーヴェイズ、

香港マイルでは、アドマイヤマーズが先日急逝された

近藤オーナーに勝利を捧げ、日本馬が3勝の快挙。

 

 

今週のG1展望

 

今週のG1は牡馬の2歳チャンピオン決定戦

G1朝日杯フューチュリティステークス

(阪神芝1600m外回り)が開催されまする。

 

中山から阪神に開催が替わって、今年が6年目。

 

過去5年の阪神開催における穴馬は、

6番人気以下が6頭馬券になっており、

2桁人気馬の馬券絡みが、そのうち3頭。

 

出走登録馬

 

穴馬の傾向

過去5年の朝日杯フューチュリティステークスで、

馬券になった6番人気以下の6頭について見て参りますと、

次の2つの項目が上がって参りました。

 

血統傾向

サンデー系とナスルーラ系を併せ持っていた馬が5頭。

 

実績の傾向

6頭中4頭は前走重賞で掲示板を確保。

 

今年の注目馬

・ウイニングレイテスト

・サリオス

・ビアンフェ

以上の3頭が、上記傾向に該当致しますな。

 

サリオスは、恐らく圧倒的1番人気。

陣営も「まず負けない」と豪語しておるようで、

今のレコードが連発する阪神の馬場を考えれば

拙者もそう思いまする。

 

という事で、現時点の穴馬候補は

・ウイニングレイテスト

・ビアンフェ

この2頭としておきまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り
誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

読者の皆様の助太刀のお陰様で、
血統理論人気ブログランキングの
1位をキープ出来ております。

読者様の1日1回のクリックが、
ランキングポイントとして加算され、
1日単位で集計されたポイント合計で
ランキングが変動いたしまする。

はなはだご面倒ではございましょうが、
本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)
      ↓↓↓

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!