G1レポート安田記念3

さて、安田記念レポートの最終稿でございまする。

 

本日は、血統傾向と前走傾向についてのお話を。

 

コース攻略ガイド(ココをクリック)にも書きましたが、

東京1600mはディープ産駒が他を圧倒する成績。

しかし、こと安田記念に関しては・・・

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 2- 1- 2-27/32 6.3% 9.4% 15.6%

集計期間:2009. 6. 7 ~ 2018. 6. 3

ご覧の通り非常に振るわぬ成績でございますな。

 

その原因は、安田記念は

「母父馬を選ぶレース」であるという事で、

欧州型ノーザンダンサー系を母父に持つ馬の不振でありましょう。

↓↓↓

種牡馬:ディープインパクト 母父馬系統別集計

チェック母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
欧州ノーザンダンサー系 0- 0- 2-10/12 0.0% 0.0% 16.7%

集計期間:2011. 6. 5 ~ 2018. 6. 3

東京芝1600mは、通常ならばスローペースからの

直線切れ味勝負というラップパターンでございますが、

安田記念は1400m戦に近いラップパターンで、

前半が後半よりも速い「前傾ラップ」になりやすいレース。

 

前走で普通のペースのマイル戦や、中距離を使われてきた馬にとっては、

まるで「極端な距離短縮ローテ」のような「ラップパターンの急激な変化」

を経験する事になりますな。

 

これに適応するには、やはり遺伝子レベルで

「前半からガーッ!!っと行く」ラップパターンに

対応出来る馬か、前走が1400m戦であった馬か。

という事になりましょう。

 

つまり欧州型のノーザンダンサーの血は

そういった急激なラップ変化にはそぐわず、

むしろ前走よりも、さらにゆったりとしたペースに

変わるような距離延長ローテの方が得意な血。

 

実際に、近2年の安田記念では、

前走1400mを使われた伏兵馬が連勝。

 

今年もアエロリットの存在と、

先行型の人気馬ダノンプレミアムを

マークする位置で競馬を進めたい馬達が

スローペースを創り出す可能性は極少。

 

ならば、前走でマイル以上を使われていた

「ディープインパクト×母父欧州型」

という馬の評価は、大きく下げて然るべき。

 

特に「前半ドスロー×直線ドッカンターボ型」

という普通にありがちなラップパターンだった

マイラーズカップ組については「マユツバもの」

 

そして、安田記念で馬券になるディープ産駒の

もう一つの特徴は、「叩き上げタイプの古馬」

 

つまり、3歳春のクラシック戦線には乗れず、

古馬混合戦の条件戦を勝ち上がってG1の舞台に

たどり着いた「遅咲き」であるという事。

 

間違っても、2歳や3歳春の時点で

G1など勝っておってはいけません。

という事でございましょうな。

 

今年の出走馬でディープインパクト産駒は・・・

 

①ケイアイノーテック(母父:米国型ミスプロ系

・3歳G1NHKマイルカップ優勝馬

・前走マイラーズカップ1600m(ドスロー)

 

④サングレーザー(母父:米国型ヴァイスリージェント系

・叩き上げタイプの古馬

・前走大阪杯2000m(スロー)

 

⑪エントシャイデン(母父:サクラバクシンオー

・叩き上げズッコケ中・・・

 配合的には面白いんですけどね~

・前走京王杯1400m(ミドル)

 

⑮ダノンプレミアム(母父:欧州型ロベルト系)

・最優秀2歳牡馬・・・

・前走マイラーズカップ1600m(ドスロー)

 

人気馬なので公の場で「消し宣言」は出来ませんが、

ダノンプレミアムが常識レベルの馬なら消えましょうなぁ。

 

結局、今年のディープ産駒の有力馬は

サングレーザーのみ。となりましょうか。

 

前走が2000mという事で、

決して楽な競馬ではないと思いますが、

血統的にもこなせる可能性は高く、

1400m重賞の勝ち馬でもありますれば、

回収期待値の高い1頭と考えておりまする。

 

その他の馬の血統評価+ラップ指数による

取捨については、レース当日公開のEZ☆WIN予想で。

当日の13時頃公開予定となっておりますれば、

馬券検討のご参考に、お気軽にお立ち寄りを(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!