桜花賞 結果と回顧

平成最後の桜花賞は、

レースレコード決着でございました。

 

優勝したのはディープ産駒のグランアレグリア。

 

この馬を見くびったのは我が不明(*_ _)

それではレースを振り返り、有力馬の敗因と

次走注目馬を探って参りましょう。

 

桜花賞レース回顧

好スタート好ダッシュを決めて

⑪メイショウケイメイが一旦は先手を奪うものの、

大外から⑱プールヴィルがこれを交わしてハナへ。

 

予想に反して、レースのペースは

前半3F(600m)が35秒4の

スローペースで展開。

 

3番手に⑬ジュランビル、

4番手の内に⑥ホウオウカトリーヌ

これに並ぶように⑧グランアレグリア。

 

逃げを匂わせていた②エールヴォアは、

少し煽り気味のスタートで位置が取れず後方から。

 

1番人気の⑮ダノンファンタジーは中団の外から

グランアレグリアをマークする位置にポジションを

上げにかかるると、そのまま馬が行きたがり、

やや引っかかったようなそぶり。

 

4コーナーでは、グランアレグリアが外から

前を交わして早々に先頭に立つと、そのまま

後続を突き放す「横綱相撲」で押し切り完勝。

 

走破タイムは、昨年アーモンドアイが樹立した

レースレコードを0秒4上回るレコード勝ち。

 

臨戦過程がG1朝日杯からの直行と言う

休み明けながら、外厩ノーザンファーム天栄の

仕上げに抜かりはなく、その調整技術の高さが

さらに高く評価される事となりましょう。

 

拙者の本命シゲルピンクダイヤは、

ゴール前でダノンファンタジーを交わし、

グランアレグリアを追撃するも2着まで。

 

ダノンファンタジーは3着を死守したかに見えましたが

外から追込んで来たクロノジェネシスにハナ差かわされ

4着と着外に終わりましたなぁ・・・

 

3連単219倍が指の間をすり抜け的中ならず(*_ _)

複勝400円にもの的中と相なりました。。。

 

 

反省

グランアレグリアの評価を下げたのは、

ディープ×タピット(APインディ系)

という配合が、早熟を匂わせるような錯覚が原因。

 

大阪杯で、ディープ×APインディ系の

アルアインに重い印を回せなかった過ちの

繰り返しでございました(*_ _)情けなや・・・

 

次走注目馬

グランアレグリアは、次走「NHKマイルC」

を予定しているようでございますな。

 

当然人気になるでしょうが、

普通に回ってくれば勝ってしまいますでしょう。

 

 

クロノジェネシス

次走でオークスに出てくれば、

この馬を本命にする予定でございます。

 

兄弟姉妹は、距離延長ローテで

パフォーマンスを上げる傾向が有り、

右回り⇒左回りのコース替わりも

前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
右→左 4- 3- 3-14/24 16.7% 29.2% 41.7% 127 115

 

このように非常に得意。

 

血統からマイルは、基本的には少々短いようで

距離が延びる方が競馬がしやすいのではと考えまする。

 

エールヴォア

4角15番手から上り3F2位で追い上げるも届かず。

 

近親にジャパンカップ馬のショウナンパンドラが居る

牝系の出で、距離延長で勝っているように本馬自身は

延長は歓迎材料。

 

オークスに出て来るなら一発には警戒が必要でございましょう。

 

 

以上、桜花賞回顧でございました。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキングに投票

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!