先週の予想結果と回顧

先週の重賞、G2中山記念と、G3阪急杯の

予想結果とレースの回顧をして参ります。

特に阪急杯は、自分自身を呪いたくなるような

本当にくやしい結末でございました(*_ _)

この敗戦を今後の糧につなげられるよう、

しっかりと反省点を確認しておきとうございまする。

G3阪急杯 反省とレース回顧

重賞レポートで穴推奨していた11番人気

スマートオーディンが、4角最後方から

大外一気に力強く突き抜けての復活勝利。

なんで軸にしてないねん?ワシ(>_<)あほか!

もっと言えば、朝方までは

軸馬はレッツゴードンキ。

と考えていたのに、仮眠から覚めると

タイムトリップが気になって気になって・・・

重賞レポートで最後まで残った5頭で

内に入ったドンキとトリップの2択。

軸馬として完全な自信がもてないのに、

中途半端にお茶を濁すように、

スターオブペルシャとの抱き合わせ本命。

完全に「逃げの予想」でございました(*_ _)

そのスターオブペルシャは、

直線で前が壁。外にも出せず、

一発も尻にムチを入れる事が出来ずに

見せムチと肩ムチで戦う苦しいポジションに

ハマってしまっておりましたなぁ・・・

加速に時間が掛かるタイプであるのに、

内回りコースの内枠は、本来嫌うべきところ。

ホントにどうかしておりました(*_ _)

それでも、

「スマートオーディン単勝買いました!」

「3連複獲りました!」

「血統って母系が大事なんですね」

という的中報告のメールを多数いただけた事が

せめてもの救いでございます。m(_ _)m感謝

G2中山記念 的中自慢( `ー´)ノ”ドーヨ♪

本命のラッキーライラックは、

好スタートから絶好の位置取りで運び、

直線に入ると早々にマルターズアポジー

を交わして先頭に躍り出ました。

コース巧者のウインブライトにクビ差で

差されましたが、1800m巧者のG1馬

ステルヴィオの追撃を凌いだことは見事。

であったと思います。

やはり、1800m巧者が多い母系の出身

と言うだけの事はございました。

それにしても、1番人気ディアドラが飛んだわりに、

3連複は安い配当でございましたなぁ・・・

皐月賞馬エポカドーロは、

根幹距離の1600m・2000m向きの馬

なのかも知れませぬなぁ。

レース後の騎手コメントは以下の通りでございます。

4着 スワーヴリチャード(Mデムーロ騎手)

「身体は戻っていましたが、少し重かったですね」

4着 スワーヴリチャード(庄野靖志調教師)

3、4コーナーでノメるところはあったものの、

ジリジリ伸びてくれました。

休み明けの影響もあったと思います。

去年の秋より良くなっていますね。

ドバイは様子を見て考えます。

5着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)

いい感じで運べました。

去年の秋より良くなっています。

皐月賞のイメージで乗って、

展開はうまくいったと思いました。

ただ時計が掛かったほうがいいかもしれません。

6着 ディアドラ(Cルメール騎手)

ペースが流れてしまい、彼女の瞬発力を

出すことができませんでした。

ハービンジャー産駒ですし、

もう少し柔らかい馬場のほうがいいと思います。

勝負レース(有料コンテンツ)結果

24日中山12R

3連単5万5560円

馬連   1810円

払戻合計 6万6420円

購入額  1万円

有料コンテンツの詳細は

ココをクリック

いつも助太刀クリックを有難うございます。

本日もどうぞ良しなにお願いつかまつります(*_ _)

   ↓↓↓

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!