G1桜花賞 EZ・WIN予想

3歳牝馬クラシック第1弾

G1桜花賞が本日阪神11Rで開催されます。

 

馬場状態は比較的良好で、高速馬場ではないものの

スローで流れると上り3Fは32秒台が出るような

上り時計の速い馬場傾向でございますな。

 

展開予想とEZWIN総合評価シートで

桜花賞の予想を進めて参りまする。

御用とお急ぎでない方は、しばしお付き合いを(*_ _)

 

展開予想

今年のメンバーを見渡すと、確たる逃げ馬は不在。

 

内枠に入った②エールヴォア陣営が

逃げを匂わすコメントを出しとりますが、

はたしてこの馬の脚でハナを叩けるかどうか?

 

⑦アウィルアウェイと⑬ジュランビルの

前走1400m先行組の存在がペースを上げる

隠し味になりそうだと拙者は考えております。

 

特に⑬ジュランビルは血統的に見ると

延長ローテでは折り合いが難しい両親を持ち、

マイルの流れでは恐らく「かかる」のではないかと。

 

ラップ的には「前後半イーブン」の

ミドルペースが濃厚ではなかろうかと。

 

という事で、中団から後方でレースをして

速い上りで差せるタイプが勝つと考えまする。

 

EZ・WIN

EZ・WIN取説は⇒ココをクリック

馬番の背景色は、黄・橙・緑の順で有利な枠、
ドドメ色は不利枠という意味となっております。

 

予想人気欄の背景色は、単勝に「異常投票」が見られた馬。

⑧グランアレグリアの単勝には、

昨日の午前中に一発で500万円の大量投票がございました。

 

EZ・WINの評価1位は⑮ダノンファンタジー。

この馬の不安材料は気性でございましょうか。

中間の調教でも「行きたがる」面が出ており、

最終追い切りは、初めての「芝追い切り」という

変則パターンでございますな。

 

中内田厩舎なので何か考えが有っての事でございましょうが、

血統配合パターンの「桜花賞好走配合」とのズレと合わせて

2つの不安材料を抱えておりますれば、アタマ鉄板とは

考えられませぬ。

 

拙者の本命は⑯シゲルピンクダイヤ

ダイワメジャー×母父ハイシャパラル

この配合は、昨日の阪神牝馬Sで12番人気の

低評価をくつがえして2着に激走した

アマルフィコーストと全く同じ配合でございます。

 

もともと桜花賞では

サンデー系×欧州型ノーザンダンサー系

という配合馬の好走が非常に多いレース。

Pサンデー×欧州型サドラーズ系」

という事で、レース傾向にも合致しております。

 

トライアルでダノンにつけられた1馬身差は、

馬場傾向を味方に出来れば逆転まであると考えまする。

 

3番手評価は⑨アクアミラビリス

半姉クイーンズリングは、桜花賞4着でございましたが、

姉の場合は、父が非根幹距離得意のマンハッタンカフェ。

本馬は父が16年の優勝馬を出したヴィクトワールピサで、

姉よりも上の着順に来る可能性は十分にございましょう。

 

穴は、SS系×欧州型①③⑫の3頭。

 

 

予想印

 

参考買目

単勝16番

複勝16番

ワイド ⑯-①③⑨⑫⑭

馬単  ⑯→⑮

3連単2頭軸マルチ48点

⑮⑯→①③④⑧⑨⑫⑭⑱

3連複2頭軸流し8点

⑨⑯-③④⑧⑨⑫⑭⑮⑱

 

以上、桜花賞の予想でございました。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキングに投票

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!