G1大阪杯 EZ・WIN予想

G1ホースが8頭と言う豪華メンバーが集結。

 

昨年の優勝馬スワーヴリチャードは、

昨夜のドバイシーマCで3着に健闘しておりました。

 

G1に昇格されて今年が3年目。

過去2年は時計が速く、マイルで実績の有った

ペルシアンナイト・ステファノスがそれぞれ2着

に来ておりましたが、今年は高速馬場にはなりそうもなく、

2000m以上のレースで実績の有る馬の方に

分がある馬場になるのではなかろうかと考えまする。

 

血統・調教・陣営・脚質・調教など総合評価シート

EZWINを使って、好走馬を探って参りましょう。

 

EZWIN

EZ・WINの取説は⇒ココをクリック

※牝系阪神の適性評価は、内回りコース適性を重視しております。

 

EZ・WINの評価1位は⑨エアウインザー。

 

足りないのは牝系のスケール位のもので、

なぜかG1タイトルに一歩届かないファミリーの出身ですな。

 

それでも、当コースへの適性の高さは、

血統に裏打ちされたもの。ここで馬券圏内に

届く可能性も十分で、決して否定はできませぬ。

 

昨年の2着馬ペルシアンナイトが評価2位。

距離は2000mが限界と思い込んでおりましたが、

牝系一族の距離適性は2200mがピークでございます。

 

レースの発走時刻には、馬場は乾いておりましょうが、

生乾き馬場でも距離の不安はございますまい。

 

3位評価のワグネリアンは6か月の休み明け。

ノーザンファーム天栄から帰厩した時の馬体重は

500キロを超えておったそうで、成長なのか

単なる激太りなのか?

 

1週前のフォトパドックで見る限り、

デブと言うより太マッチョ?


画像は競馬ラボ様から無断借用(*_ _)ラボ殿すまぬ

 

やや、か細いイメージだった面影はなく、

クラシックディスタンス(2400m)には

もう戻れない程に短距離化しておるかもしれませぬなぁ

 

とまれ、この馬体であれば、

距離短縮は歓迎材料でございましょう。

 

最終追い切り後の馬体重が474キロ(前走+14キロ)。

これは、成長期の6か月を思えば、普通に成長分でございましょう。

 

関西馬なのに、「しがらき」ではなく

「天栄」に預けられたのは、休み明けの仕上げが

同じノーザンファームでも、天栄の方がレベルが

高いというのが理由でございましょう。

 

休み明けと、内回りコースが嫌われて

この人気なら、むしろ買いたいと存じまする。

 

穴なら⑬スティッフィリオと

⑭ダンビュライトの音無厩舎2頭。

共に阪神内回りと2000mへの牝系適性が高く、

牝系スケールに目をつぶれば、3着なら有りそう。

 

予想印

◎②ワグネリアン

○⑪ペルシアンナイト

▲⑨エアウインザー

☆⑬スティッフィリオ

☆⑭ダンビュライト

△⑧サングレーザー

△⑥キセキ

×⑦ブラストワンピース

×③アルアイン

 

馬券

単勝②ワグネリアン

 

3連複・3連単フォーメーション

馬1 ②

馬2 ⑧⑨⑪

馬3 ③⑥⑦⑧⑨⑪⑬⑭

 

以上、大阪杯のEZ・WIN予想でございました。

 

はなはだ、ご面倒ではございましょうが、

よろしければ本日もブログランキングに

お力添えを(*_ _)どうかひとつ

   ↓↓↓ポチっと

人気ブログランキング

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!