G3きさらぎ賞2021 EZ-WIN予想

 

本日の重賞

「G3きさらぎ賞2021(中京芝2000m)」を

総合評価型競馬新聞EZ-WINを使用して予想を進めて参ります。

 

6日土曜日の中京芝コースは、

キングマンボ系を含む

「欧州型ミスプロ系」を持つ馬の好走が非常に多く、

これが本日の「トレンド血統」でございまする。

 

つまり「パワーとスタミナ馬場」

になっておる事が伺えますな。

そのあたりも踏まえて最終結論を導きます。

 

あ・・・もし宜しければ本日も

ポチっと応援クリックをm(__)m

↓↓↓


人気ブログランキング

 

無料メルマガ読者若干募集中です。

無料メルマガ「血統馬券レシピ講座」

↓↓↓

 

 

 

 

 

中京11R きさらぎ賞EZ-WIN予想

 

EZ-WINの見方は・・・

↓↓↓

総合評価型「競馬予想新聞EZ-WIN」取扱説明書

 

 

土曜日の中京芝コースは「欧州型ミスプロ系」がトレンド。

 

△1番ジャンカルドは、

祖母の父がキングマンボ系エルコンドルパサー。

 

近親に2歳重賞、3歳重賞活躍馬が居る

仕上がりの早いお家柄ですな。

 

父はハービンジャーで、

今の馬場は合っておりましょう。

 

▲4番ダノンジェネラルは

キングマンボ系ドゥラメンテ産駒。

 

母系はラスティックベルの牝系。

フサイチエアデール、フサイチリーシャル、ノームコア

クロノジェネシスとG1ホースが多数出ている牝系ですな。

 

 

★5番タガノカイはノヴェリスト産駒。

ノヴェリストはドイツのダービー血統で

時計を要する馬場の長い直線で力を発揮する血。

 

☆7番ショウナンアレスは欧州キングマンボ系の

種牡馬リオンディーズ産駒。

 

ノーザンファーム生産のリオンディーズ産駒は

芝1800m以上で現在複勝率100%を継続中。

 

鞍上も、昨年無敗の3冠牝馬の手綱を取った公平殿。

このコースも非常に得意な穴ジョッキー。

 

○9番ランドオブリバティは

ディープ産駒で母父が欧州ミスプロ系。

 

前走はG1で逸走して競争中止。

左回りの方が走りがスムーズに見えますな。

普通に走れれば勝ち負けでございましょう。

 

 

◎10番ドゥラモンドはドゥラメンテ産駒。

前走はハイペースのマイル戦で忙し過ぎた印象。

 

ドゥラメンテの牡駒は距離延長での

芝2000m戦は複勝率が5割近く、

ここは上積みに期待。

 

 

 

 

東京新聞杯の穴馬・危険な人気馬は

↓↓↓こちらからどうぞ

G3東京新聞杯2021分析レポート

 

 

それでは佳き馬券を(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!