重賞レポート 目黒記念

ダービーの余韻が生々しい東京最終レースで開催される古馬のハンデ重賞「G2目黒記念」。ダービー的中の余勢を駆って「倍プッシュ」、あるいはダービーの無念をここで取り戻す「負債消し勝負」・・・今年も前者でありたいものですな。

さあ「ダービーウイーク」

今年も日本ダービーウイークがやって参りました。2017年に生まれたサラブレッドの頂点に立つのは、無敗の皐月賞馬コントレイルなのか?サリオスか?まずはザックリと日本ダービーの好走傾向を探って参りまする。

優駿牝馬 EZ-WIN

東京競馬場の水はけの良さには毎度毎度おどろかされますなぁ。土曜のメイSでは既に高速馬場が出現。今日は降水確率0%の快晴でございます。恐らく走破時計は2分24秒を切り、スマイルカナの逃げるペース次第では、レースレコードも有り得そうでございますな。早速オークスのEZ-WIN総合評価シートで各馬の診断をして参りましょう。

G3平安S EZ-WIN

土曜重賞は京都11R 古馬のダート重賞「G3平安S(ダ1900m)」開催数の少ない距離で行われるため、ちょくちょく2桁人気の激走などもあり、ダート重賞としては波乱傾向位の強いレースでございますな。そんな平安Sを、総合評価分析シートEZ-WINを使って適性を分析致しました。

G1レポート 優駿牝馬4

オークスの枠順が決まりましたな。東京2400mで行われるG1の有利枠は1枠。そこに上位人気の2頭が収まります。何やら銀行レースの雰囲気が流れて参りますが・・・性懲りもなく人気薄の好走に妄想を膨らませて参りまする。前回までのレポートでは人気サイドを分析して参りましたが、今回は有力な穴馬候補を探って参りましょう。

G1レポート 優駿牝馬③

前回、前々回のG1レポート優駿牝馬の続きでございます。引き続きオークス出走登録馬の血統分析と脚質分析を進めて参りますれば、御用とお急ぎでない方は、しばしのお付き合いを(*_ _)

G1レポート 優駿牝馬②

前回のレポートでお話し致しましたように、超高速馬場では米国型血統と上り3Fタイムの速さが鍵となりまする。本日は、それを元に今年の出走馬から有力候補と穴馬候補を探して参りまする。

G1レポート 優駿牝馬①

今週は牝馬クラシック第2戦「G1優駿牝馬オークス」が東京芝2400mを舞台に開催。先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが1分30秒6というレコードタイムに迫るタイムで完勝。今週も降雨の影響がなければ恐らく高速馬場での開催となりましょう。そうなると大事なのは近走の上り順位よりも上りタイムの速さ。でございますな・・・

error: Content is protected !!