G3一覧

G3オーシャンステークス2021 中山芝1200m好走血統分析レポート

今週は重賞が3鞍組まれております。どの重賞もG1レースへの重要なステップレースでございますな。ここでは土曜中山で行われる「G3オーシャンS(芝1200m)」について、好走血統の特徴を分析して参りまする。今月の28日に中京で開催される「G1高松宮記念」のステップレースであり、過去5年の高松宮記念にて3頭が馬券に絡んでいるステップレースでございまする。その内の2頭は2桁人気であった事も見逃せないポイント。

G3阪急杯(芝1400m内)2021分析レポート

今週の日曜阪神では「非根幹距離重賞」G3阪急杯(芝1400m内)が行われます。直線の短い内回りコースで、なおかつ1400mと言うG1レースが組まれていない「非根幹距離」のレース。そのため、非主流血統に分類されるノーザンダンサー系種牡馬の産駒や、母父にノーザンダンサー系を持つ馬がしばしば好走する傾向の有るレースでございます。

G3ダイヤモンドステークス2021分析レポート。スローペースの長丁場に実績ある馬に注目

今週は重賞がG1を含め4鞍と大盤振る舞い。土曜東京では、3400mの超長距離重賞「G3ダイヤモンドステークス」が行われます。今年はフルゲート16頭立てになりそうですが、速いペースで引っ張る逃げ馬は不在で、長丁場レースらしいスローペースが見込まれますな。今年の登録馬には、好走血統に該当する馬は少なく、血統よりもキャリアの内容から好走の可能性を探るのがベターだと考えます。

G3クイーンカップ2021分析レポート「牝馬の好走血統は?」

今週の土曜日東京では3歳牝馬限定重賞「G3クイーンカップ2021(芝1600m)」が行われます。キャリアが浅い馬が多く、能力比較が難しいこの時期の3歳重賞は血統が重要な予想ファクターでございますな。ここでは、東京1600mの好走血統(牝馬)と牝系ファミリーの実績から「狙いたい人気薄」をチェックして参りまする。

G3共同通信杯2021分析レポート「注目血統は?」

今週の日曜東京重賞は、クラシックを占う上で非常に重要な3歳馬限定戦「G3共同通信杯(芝1800m)」が行われます。1800mと言う非根幹距離のレースという事もあり、欧州指向の血統を持つ馬の好走が非常に目立つレースでございますな。そして米国指向の血統でこのレースを勝ち負けするような馬はダービーでも好走する傾向がございます。ここではダービーも視野に入れつつ、今年の好走馬を探して参りましょう。

「G3きさらぎ賞分析レポート」今年は中京芝2000mで開催

今週の日曜中京では「G3きさらぎ賞2012」が行われますな。通常のきさらぎ賞は、京都芝1800m外回りコースで開催されますが、今年はゴール前に急坂のある2000mでの開催となりまする。非根幹距離の1800と根幹距離の2000m、右回りと左回りと全く別物のレースでございますれば、予想をするにあたって、血統が重要なファクターとなりましょう。

G3東京新聞杯2021分析レポート。中距離志向の強いマイル戦重賞

先週の東京重賞G3根岸Sでは10人気の穴馬推奨馬ワンダーリーデルが2着に激走。しかし本命のブルベアイリーデ(12人気)が5着に敗れ馬券はハズレ(*_ _)今週は芝のマイル戦重賞「G3東京新聞杯」が行われます。血統面でも実績面でも中距離志向の強いレースで、スプリント指向の強いG1安田記念とは、舞台は同じでも求められる適性の方向が真逆になるレースでございますな。

G3根岸ステークス2021 雨馬場になればこの血統を狙いたい。

明日の東京ダートコースは雨の影響が残るかも知れませぬなぁ。そうなりますと、血統傾向にも少々変化が出て参ります。ここでは明日の重賞「G3根岸S2021」の、雨馬場なら狙いたい注目穴馬を取り上げて参りまする。馬場の乾きが遅いようなら、根岸S予想のご参考となるやも知れませぬ。御用とお急ぎでない方は、しばしお付き合い下さいませ(*_ _)

G3シルクロードS2021を直近の血統傾向(トレンド血統)から分析してみました。

今週の日曜重賞、中京11R「G3シルクロードS」の舞台となる「中京芝1200m」を、直近の好走馬の血統(トレンド血統)から分析して参ります。旬の血統傾向を知る事で、思わぬ穴馬の激走を予見し、「なんでこんな馬が来る!?」と泣き崩れる事を未然に防ぐことも可能となりまする。そして何よりも「馬券が何倍も楽しくなる」のでございますな。

G3根岸ステークス2021を予想する前に知っておきたい東京ダ1400mの血統傾向

今週から東京開催が始まりますな。今年の東京開催重賞第1弾はダートの短距離重賞「G3根岸ステークス」現段階ではフルゲート16頭を大幅に超える27頭が登録しておりますれば、個々の馬の分析は、木曜日以降にさせて頂きますが、まずは東京ダート1400mの血統傾向をご紹介しておきまする。知っているのといないのでは、予想の楽しみ方に大きな差が出ますので是非お付き合い下さいませ。

error: Content is protected !!