アーリントンC 穴馬レポート

いつもブログランキングに

助太刀を賜り誠に有難き幸せ。

 

本日もブログランキング

順位UPに何卒お力を(*_ _)

 

中央競馬カテゴリー 

現在20位前後

 

血統理論カテゴリー 

お陰様で現在1位 m(__)m

↓↓↓


人気ブログランキング

 

 

G3アーリントンカップ 穴馬レポート

 

今週の土曜阪神重賞は、

3歳馬限定マイル重賞

「G3アーリントンカップ(芝1600外)」

 

昨年は12人気のイベリスが勝ち、

爆穴候補として印を打った

11人気トオヤリトセイトが3着。

 

3連複20万馬券。

3連単は136万馬券の大波乱。

 

今年も穴馬の台頭があるのか?

 

開催時期が4月に移行された事で、

使用コースが従来のAコース開催から

Bコース開催に替わって今年が3年目。

 

よって厳密な過去データは

少のうございますが、広い目で捉え

そこは無視して分析を進めて参りまする。

 

 

 

今年の展望

 

週末の阪神競馬場は雨予報。

 

金曜の夜から降り始め、

土曜の昼前まで雨が残る。

という予報でございますな。

 

先週も桜花賞が重馬場開催。

雨中のコース使用の影響を受け、

今週の馬場は、更に時計の掛かる

タフな馬場となりましょう。

 

開催時期の違いはございますが、

そこにはひとまず目をつむり、

時計の掛かる馬場だった年の

好走傾向を探って参ります。

 

 

 

タフな馬場の血統傾向

 

過去10年のアーリントンカップは

全て良馬場開催でございました。

 

ただ、決着時計にはバラつきがみられ、

1分33秒台は1度だけ。

1分34秒前半だった年が5回。

1分34秒後半だった年は2回。

1分35秒以上掛かった年が2回。

 

 

ここでは、

1分34秒台後半以上の時計が

掛かった4回について血統傾向を

探って参ります。

 

突出した戦績を誇るのは、

Pサンデー系種牡馬ですな。

↓↓↓

 

種牡馬小系統 着別度数 勝率 連対率 複勝率
Pサンデー系 1- 3- 2- 7/13 7.7% 30.8% 46.2%

集計期間:2010. 2.27 ~ 2015. 2.28

時計の掛かる馬場で開催された

4回の3着以内馬12頭のうち、

半数がPサンデー系種牡馬産駒。

 

そして、その母父馬の系統は

↓↓↓

 

【Pサンデー系種牡馬産駒の母父馬系統】

母父馬系統 着別度数 勝率 連対率 複勝率
グレイソヴリン系 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
ノーザンダンサー系 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
ダンチヒ系 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%

集計期間:2010. 2.27 ~ 2015. 2.28

 

馬券になった6頭全てが母父に

欧州血統を持っておりました。

 

 

 

 

今年の注目馬

 

今年の登録馬で該当するのは・・・

 

・チュウワノキセキ

 

この1頭のみでございますな。

 

父はキンシャサノキセキ。

母父は欧州型ノーザンダンサー系

ニジンスキーの血でございます。

 

母系に入ったニジンスキーの血は、

突出した直線スピードは乏しいものの、

父のスピードを「持続させる」特性が

ある血統でございます。

 

また、ニジンスキー系の中でも

カーリアンの系統はマイル戦に強く、

サンデー系種牡馬とは特に好相性。

 

「サンデー系×カーリアン」

この配合からマイルG1馬が

日本でも複数出ておりますな。

 

 

祖母の父アカテナンゴは、

ドイツのダービー血統。

 

ドイツの競馬は日本ほどの

高速馬場では無いものの、

直線のトップスピード比べの

競馬でございますな。

 

つまり直線の長いコースでの

末脚勝負への強さを補完する

血統でございます。

 

チュウワノキセキの父

キンシャサノキセキは自身も

産駒もマイル以下が本領。

 

母がドイツオークス馬のため

中距離に使われておりましたが、

母は1600mのG2でも2着の

実績がございます。

 

今回は初のマイル戦となりますが、

「距離短縮で末脚に磨きがかかる」

だろうと、拙者は妄想しております。

 

鞍上が、昨年12人気馬で優勝した

浜中殿というのも面白うございますな。

 

 

 

最終結論

 

アーリントンCの

もう1頭の穴馬候補と、

最終結論は無料メルマガにて

配信させて頂きます。

 

よって、ブログ内では

非公開となりまする(*_ _)

 

アーリントンCの

EZ-WIN予想は

レース当日の正午頃の配信を

予定致しております。

 

現在無料メルマガに未登録の方で、

アーリントンCのEZ-WIN予想を

配信ご希望の方はレース当日の

正午までにメールアドレスの

ご登録をお気軽にどうぞ。

↓↓↓

※携帯メールでご登録の場合※

あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com

からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

なお、登録完了後すぐに

登録御礼メールが届きます。

 

もし届かない場合は

迷惑フォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

 

アルコール派?次亜塩素酸派?

 

マスクと消毒用アルコールが

めちゃくちゃ高騰しとりますな。

 

焼酎より高いアルコールで

毎日数回手指の消毒をし、

指先は粗目のサンドペーパー

のようにガサガサになっとりますが・・・

 

そのアルコールもそろそろ

底をつきかけておりまして、

Amazonで探しておりますと・・・

 

「次亜塩素酸」なる消毒液が

売られておる事を発見!!。

 

効能書きを読んでみると、

アルコールよりも殺菌効果が高く

人体には全く悪影響が無く

飲み込んでも無害なのだそうですな。

 

そして何という事でしょう。

アルコールよりも遥かに

安いではございませぬか。

 

いつまで続くか分からぬ

コロナ予防の日々・・・

 

安価で大量に使え、人畜無害となれば

これは買うしかございませぬな。

 

気になる方は

こちらからどうぞ。

↓↓↓ クリックでAmazonへ。

Amazon 次亜塩素酸

 

 

 

# アーリントン 血統 予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!