G3サウジアラビアRC展望レポート

今週は重賞が3鞍組まれております。

土曜の東京11Rで開催されるのは2歳馬限定重賞

G3サウジアラビアロイヤルカップ(東京芝1600m)。

 

重賞昇格から今年が5年目で、

G3に昇格からは今年が4年目という歴史の浅いレースながら、

昨年の勝ち馬グランアレグリアは桜花賞優勝。

 

一昨年の勝ち馬、ダノンプレミアムは朝日杯FS優勝と

2年続けてG1馬になっており、また17年の2着馬

ステルヴィオはマイルチャンピオンSの勝ち馬。

 

サウジアラビアロイヤルカップで、

補正タイム指数100以上をマークした馬は、

上記の3頭だけでございますが、その3頭が全て

後にG1ホースとなっておりますれば、今後のG1戦線を

占う上でも、レース結果と補正タイム指数から目が離せない

レースでありますな。

 

本日は、重賞昇格後のサウジアラビアロイヤルカップ

過去4年の血統傾向や脚質傾向を含めた近走・前走傾向などから

今年の有力馬に迫って参りとうございます。

 

今年の登録馬


※例によって出馬表はnetkeiba.comさまより拝借(無断)(*_ _)

 

アブソルティスモは、ルメール殿が凱旋門賞騎乗の為

戸崎殿に乗り替りとなり、サリオスは豪州のエースで、

短期免許来日だったレーン殿から石橋殿に乗り替り。

 

人気の傾向

まずは気になる人気の傾向から見て参りましょう。

↓↓↓

【G3サウジアラビアロイヤルカップ人気別集計】

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 2- 1- 0/ 4 25.0% 75.0% 100.0%
2番人気 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0%
3番人気 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
4番人気 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
5番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
7番人気 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%

集計期間:2015.10.10 ~ 2018.10. 6

最低人気で馬券になったのは7番人気で

その年は8頭立てという小頭数開催でございましたな。

 

勝ち馬は4番人気以内から、それぞれ1頭ずつ出ております。

 

単勝オッズから見て参りますれば・・・

↓↓↓

【G3サウジアラビアロイヤルカップ単勝オッズ別集計】

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1.0~ 1.4 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
1.5~ 1.9 0- 0- 0- 0/ 0      
2.0~ 2.9 0- 2- 1- 0/ 3 0.0% 66.7% 100.0%
3.0~ 3.9 1- 1- 1- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
4.0~ 4.9 0- 0- 0- 0/ 0      
5.0~ 6.9 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
7.0~ 9.9 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
10.0~14.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
15.0~19.9 0- 0- 2- 2/ 4 0.0% 0.0% 50.0%
20.0~29.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
30.0~49.9 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%

集計期間:2015.10.10 ~ 2018.10. 6

 

注目すべきは「単勝2.0~2.9倍」の成績でございましょう。

 

3頭が該当して3頭とも馬券になっておりますが、

この3頭は全て1番人気でございました。

言い換えれば「単勝2倍台の1番人気は勝てていない」

という事でございますな。

 

まあ、オカルト的データではありますが・・・

一応は単系馬券を迷った時の参考データとして

覚えておこうと思いまする。

 

血統傾向

過去4年で複数頭を馬券圏内に送り込んだ種牡馬は、

・ディープインパクト

総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
4 50.0% 50.0% 75.0% 122 137

4頭が出走して3頭が馬券圏内。

 

・ルーラーシップ

総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3 0.0% 33.3% 66.7% 0 103

3頭が出走して2頭が馬券圏内。

 

・ダイワメジャー

総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
4 0.0% 0.0% 50.0% 0 62

4頭が出走して2頭が3着入線。

 

今年はディープ産駒・ルーラーシップ産駒が共に欠場。

ダイワメジャー産駒が1頭だけ登録しておりますな。

レイデオロの半弟アブソルティスモが該当馬。

 

マイラーのイメージが薄い、キングマンボ系種牡馬

ルーラーシップの成績が良いのには驚きでございます。

 

「キングマンボ系の種牡馬」と言う縛りで考えますと

今年はロードカナロア産駒のエンジェルサークル

登録しております。

 

2歳戦限定の東京芝1600mの種牡馬成績は・・・

↓↓↓(出走登録馬のデータに限定)

種牡馬 総数 勝率 複勝率 単回値 複回値
ロードカナロア 35 28.6% 54.3% 243 152
ハーツクライ 43 16.3% 39.5% 48 65
ダイワメジャー 44 11.4% 36.4% 130 74
キンシャサノキセキ 18 0.0% 27.8% 0 72
マツリダゴッホ 29 0.0% 3.4% 0 7
ジョーカプチーノ 1 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2016. 6. 5 ~ 2019. 6.23

 

 

 

 

 

このように、ロードカナロアは非常に優秀。

回収率の高さは、初年度産駒が人気になりにくかった

という事情もございますが、昨年1年間で見ても

単複共に回収値は黒字となっておりますな。

 

2017年の2着馬ステルヴィオもロードカナロア産駒。

 

4L系統の傾向

G3昇格後の過去3年間で馬券になった

「サンデー系種牡馬産駒」4L系統の傾向としては、

父母父または母母父に、ニジンスキー・ダンチヒ・ノーザンテースト

のいずれかの血を持っていた。と言う共通項が見受けられまする。

 

今年の該当馬は・・・

・アブソルティスモ 父母父ノーザンテースト

・カップッチョ 父母父ニジンスキー

・サリオス 母父ニジンスキー・母母父ダンチヒ

 

配合の傾向

【東京芝1600mの好走配合(ニックス配合)ベスト10】

ニックスパターン 総数 データ数 1着数
ディープ系 × ストームバード系 9 0.7% 4.7%
キングマンボ系 × Tサンデー系 22 1.8% 4.7%
キングマンボ系 × サンデーサイレンス 24 2.0% 3.5%
ディープ系 × ノーザンダンサー系 16 1.3% 3.5%
Tサンデー系 × ダンチヒ系 15 1.2% 3.5%
Tサンデー系 × ノーザンダンサー系 25 2.0% 3.5%
ディープ系 × ダンチヒ系 11 0.9% 3.5%
キングマンボ系 × ノーザンダンサー系 20 1.6% 2.3%
Pサンデー系 × ブランフォード系 6 0.5% 2.3%
ディープ系 × APインディ系 7 0.6% 2.3%

【2歳限定戦】  集計期間:2016. 6. 5 ~ 2019. 6.23 1着数順

 

サンデー系の分類については⇒ココをクリック

 

 

同率1位の配合パターンである

「キングマンボ系×Tサンデー系」に該当するのは

「父ロードカナロア×母父ハーツクライ」という配合馬

 

・エンジェルサークル

 

ちなみにこのニックス配合馬には

「G3新潟2歳ステークス」の勝ち馬で、

「G1NHKマイルC」の2着馬ケイデンスコール

がおりますな。

 

直線の長い左回りコースのマイル戦で、

高いパフォーマンスを発揮する配合。

と申せましょう。

 

エンジェルサークルも新潟1600m戦を

上り3F最速で勝ち上がって来ておりますな。

 

同率3位タイの配合パターン

「Tサンデー系×欧州型ノーザンダンサー系」

 

これに該当するのは、恐らく1番人気に推されるであろう

「父ハーツクライ×母父ニジンスキー系」という配合馬

 

・サリオス

 

同配合馬にはG1安田記念3着・G1NHKマイル3着の他、

東京マイルG3の富士ステークス・東京新聞杯、同じく左回りの

新潟1600m開催G3を連勝したクラレントがおりますな。

 

 

牝系ファミリーの実績傾向

G3昇格後の2016年以降に

馬券になった9頭は、全て牝系ファミリー

重賞実績馬の居る家系の出自でございました。

 

今年、牝系ファミリーに重賞実績馬が居るのは4頭。

↓↓↓

・アブソルティスモ

・エンジェルサークル

・カップッチョ

・サリオス

 

脚質傾向

平の重賞レースだった2015年も含め、

馬券になった12頭の内11頭に共通するのが

1600m以上の直線が長いコースで

上り3F(600m)タイム順位3位以内で連対。

 

今年これに該当するのは・・・

↓↓↓

・アブソルティスモ 東京1600で上り3位2着

・エンジェルサークル 新潟1600で上り1位1着

・クラヴァシュドール 阪神1600外で上り1位1着

・サリオス 東京1600で上り1位1着

・カップッチョ(上り1位が2頭居り、厳密には4位)

 

まとめ

 

東京芝1600mのニックス配合馬で、

牝系ファミリーが重賞スケールという「鬼に金棒」の2頭。

・サリオス

・エンジェルサークル

 

2頭ともに脚質傾向にも合致しており、

なかなかに有力な候補と申せましょう。

 

今回ミルコ殿に乗り替わる

エンジェルサークルは鞍上強化。

楽しみでございますな。

 

人気の一角アブソルティスモは、全兄ティソーナを含め

同じPサンデー系種牡馬を父に持つファミリーは

1400mが本領で、東京1600mは未勝利戦の1勝のみ。

 

ルメール殿⇒戸崎殿という乗り替りに加えて、

距離延長ローテとなる今回は割引も検討したいところ。

 

穴で一考は、カップッチョ

Pサンデー系×グレイソヴリン系という配合は

2歳重賞3戦2勝3連対で皐月賞馬のイスラボニータ

同じ配合でございますな。

 

そして16年の3着馬クライムメジャー

同じく「Pサンデー系×グレイソヴリン系」配合馬。

 

ただ、ジョーカプチーノの産駒は、

1200mと1600mが主戦場ではありますが、

データの字面では左回りの実績が今一つで、

中山の方が好相性に見えますな。

 

しかしながら、ジョーカプチーノ自身は、

東京マイルG1NHKマイルと、

中京のG3ファルコンSの勝ち馬でございます。

 

カップッチョも左回りの2戦ではともに

上り3位の末脚を発揮しており、右回りでは

パフォーマンスが落ちております。

 

新潟1600mで2番手追走から

上り3位で押し切っており、脚質傾向にマッチ。

 

母のベルグチケットは、新潟3歳(現2歳)Sの2着馬で、

G3フェアリーステークスの勝ち馬と、牝系スケールは重賞級。

 

左回りに替わるここでの変わり身に期待でございますな。

 

 

もう1頭、下位人気で警戒しておきたいのは、

・シコウ

Pサンデー系×サドラーズ系(欧州型ND系)

という配合は、NHKマイルCの勝ち馬で、

クイーンカップ勝ち・アルテミスS2着と、

東京1600m重賞連対パーフェクトだった

メジャーエンブレムと同じ配合でございますな。

 

今回のメンバーでは補正タイム指数1位でござれば、

ぬぁにぃ~!?シコウ~!?まじか!?

的なことも妄想してしまう訳でございますよ。

 

それでは本日はこの辺で(*_ _)御免!

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!