愛知杯 小倉2000m牝馬限定戦コースガイド

 


血統理論ランキング

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

↓↓↓助太刀クリック


血統理論ランキング

 

愛知杯 重賞レポート

今週の土曜重賞は、牝馬限定ハンデ重賞

「G3 愛知杯(小倉芝2000m)」

 

レースタイトル通り、本来「愛知杯」は

愛知県の中京競馬場で開催されるレースでございますが・・・

 

東京オリンピックの馬術競技に、

JRAが馬運車・獣医・その他スタッフを供出する為に、

夏の3場開催を2場開催に縮小して開催致しますな。

 

よってオリンピック開催中は

夏の小倉開催が行われず、その前倒し開催として、

本来2月からの小倉開催を今月から開催し、それに伴い

愛知杯も小倉で開催されるという事でございますな。

 

つまり、従来の愛知杯の好走傾向データは

残念なことに今年は何の役にも立ちませぬ。

 

という事でございますれば・・・

 

 

小倉芝2000m牝馬限定戦過去5年傾向

 

ここでは「小倉芝2000mの牝馬限定戦」

についてコースの好走傾向を分析し、今年の愛知杯予想の

参考資料と致しとうございまする。

 

 

レースのペース

 

小倉芝2000mの牝馬限定戦は

過去5年間で36鞍が開催されましたが、

そのうち31鞍は、ミドルからハイペースで展開。

 

元々が前半のペースが上がりやすいコースレイアウトでもあり、

今回の愛知杯には、リリックドラマ・モルフェオルフェの

高速逃げ馬2頭の他にも、速い流れで良績を残す先行馬も複数登録。

 

恐らくはハイペースと相成る事でございましょう。

 

 

人気の傾向

 

小倉芝2000mの牝馬限定戦は「波乱」がセオリー。

10番人気・11番人気の複勝率が非常に高く、

単複共に買い続ければ黒字回収となりますな。

このように、5番人気以下の3着以内数シェアが

約半数にも及ぶ事も、非常に興味深いデータでございます。

 

ただし、勝率については4人気以内が

勝ち数の7割以上のシェアを占めております。

 

大穴馬が絡む「ヒモ荒れ」狙いが

効率の良い馬券戦略となる条件のレースである。

と申せましょう。

 

 

脚質傾向

 

小倉コースと申しますと、一般的には

「平坦・小回りで直線が短いコース」

と言うイメージを持たれる方も多いことかと存じまする。

 

しかし、実際には高低差が3mもあるコースですな。

↓↓↓

1コーナーを抜けると、後は【下り→平坦→下り】という

コースレイアウトで、レースは3コーナーの下りから

一気に動き、大きく加速する傾向がございますな。

 

言うなれば、3コーナーからヨーイドン!が始まり、

急激なペースアップについていけないタイプの馬は

ここで後れを取る事と相成りまする。

 

そして、各馬が早めに動く事で、

逃げ馬にかかるプレッシャーはハンパなものでは無くなり

余程力が有る馬でなければ、早晩潰される事と相成りまする。

 

この条件で馬券に絡む馬には、3角過ぎからの加速競走に

遅れる事無くついて行けて、4角を中団よりも前で通過でき、

なおかつ、直線でバテずに脚を伸ばせるタフなタイプである。

という事が求められるレース条件と申せましょう。

 

重賞の小倉記念でも、上り3F最速タイムは34秒を

切る事は非常にまれで、レコードタイムが出るような

超高速馬場を除くと、34秒台後半から35秒台後半と

上り時計の掛かる展開となるのが一般的でございますな。

 

好走条件としては、上り時計の掛かるレースで

メンバー上位の上りを使えていた好位・差し・マクリ

といった脚質タイプである事。と申せましょう。

 

 

騎手の傾向

 

 

血統傾向

 

小倉芝2000mの牝馬限定戦における上位種牡馬は

・ハービンジャー

・ハーツクライ

・ディープインパクト

・ダイワメジャー

今年の愛知杯に出走登録がある馬に限りますと、

上記の4頭が最有力種牡馬でございまする。

 

そして、それぞれの種牡馬には

相性の良い「母父馬」の系統にハッキリとした

傾向が見受けられますな。

 

そして、その「相性の良い配合」の馬が数頭

愛知杯に登録しております・・・

 

1頭は「レイホーロマンス」

父ハービンジャー×母父サンデーサイレンス

この組み合わせは14頭が出走して7頭が馬券絡み。

つまり複勝率50%でございますな。

 

また、単勝・複勝共に回収率は100%を超えており、

複勝回収率は145%と言う高水準でございまする。

 

その他の「好相性配合」の該当馬につきましては、

無料メルマガにて限定配信しております

「小倉芝2000m牝馬限定戦傾向ガイド」

に記載しております。

 

まだメルマガに登録がお済みでない方で、

配信を希望される方は、アドレスのご登録をどうぞ。

↓↓↓

登録完了時に折り返しお送りする

「登録御礼メール」に添付ファイルで

「小倉芝2000m牝馬限定戦傾向ガイド」を

添付ファイルにてお付けしております。

 

携帯メールでご登録の場合は、あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

なお、登録完了後すぐに登録御礼メールが届きます。

もし届かない場合は迷惑フォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

 

最終結論

愛知杯の最終結論「EZ-WIN予想」は、

無料メルマガ限定配信となりますので、

ブログ内非公開でございまする(*_ _)

 

愛知杯EZ-WIN予想の配信は、

レース当日(18日)の14時頃の予定でございます。

 

無料メルマガ未登録の方で、配信をご希望の方は

レース当日の13時頃までにアドレスのご登録を(*_ _)

↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!