重賞レポート シンザン記念


血統理論ランキング

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

↓↓↓助太刀クリック


血統理論ランキング

 

 

シンザン記念 傾向分析

今週は3日間開催でございますが、

開催される重賞レースは2鞍。

 

歴史的名馬「シンザン=神賛」の名が冠された

3歳重賞「シンザン記念(京都芝1600m外)」が

日曜京都11Rで開催されますな。

 

本日は、そのシンザン記念の過去5年から

血統・脚質等の傾向を分析し、今年の注目馬を

抽出して参りまする。

 

【シンザン記念 過去分析シート】


見やすい「シンザン記念過去分析シートExcel版」は

↓↓↓クリックで無料ダウンロード出来ます。

2020 シンザン記念 過去分析シート

 

出馬表と予想人気

出走表はnetkeiba.comさまより無断拝借(*_ _)

 

血統傾向

過去5年間のシンザン記念において、

4番人気以下で馬券になった馬は9頭。

 

その9頭の血統傾向は、

概ねかようなものでございますな。

 

 

血統傾向 其の壱

両親のどちらかにTサンデー系種牡馬または

サンデーサイレンスを持つ馬が9頭中7頭。

 

該当馬

・カバジェーロ 

・タガノビューティ 

・プリンスリターン 

・ヴァルナ

 

 

血統傾向 其の弐

大系統ネイティヴダンサー系の血を持つ馬

(ミスプロ系・レイズアネイティヴ系)が9頭中7頭。

 

該当馬

・カバジェーロ 

・サンクテュエール 

・タガノビューティ 

・プリンスリターン

 

 

血統傾向 其の参

ダンチヒ・ストームバード・ヌレイエフ等の

スピード型ノーザンダンサーの血を持つ馬が9頭中6頭。

 

該当馬

・カバジェーロ 

・サンクテュエール 

・タガノビューティ 

・ディモールト 

 

 

脚質傾向

 

近2走以内に上がり2位以内で連対実績あり 9頭中8頭

 

該当馬

・オーマイダーリン 

・カバジェーロ 

・サンクテュエール 

・タガノビューティ

・ルーツドール

 

 

前走クラス

 

前走が下級条件の芝レースだった馬が9頭中7頭。

 

該当馬

・オーマイダーリン 

・カバジェーロ 

・ルーツドール

 

 

マイナス材料

 

該当するから消し!とまでは申しませぬが、

不安材料として把握しておきたいのが以下の2つ。

 

レース間隔が中8週以上だった馬

過去5年のシンザン記念において

4番人気以下で馬券になった馬の

レース間隔は全て「中7週以内」でございました。

 

該当馬

・サンクテュエール 

・ディモールト 

 

ディープインパクト産駒

ディープ産駒は過去5年間に、6頭が出走して全滅。

これは人気に関わらず、1番人気・2番人気に支持された

馬も圏外に消えておるのでございますな。

 

京都芝1600m外回りにおいて、

非常に優秀な成績を収めるディープインパクト産駒が

これほど苦戦するのは、このレースが特殊な適性を

求められるからでございましょうな。

 

京都芝1600m外回りコースは、

スタートから3コーナーまで登り坂であるため

非常に前半のペースが上がりにくいコースレイアウト。

 

G1マイルチャンピオンシップでさえ

スローペースになる事が殆どなのでございますが・・・

 

シンザン記念は、過去5年のうち3年が

ハイペースで展開しており、いわゆる「ドスロー」

からの「直線ドッカンターボ勝負」は一度もなく、

それゆえに、前走と比してペースが急激に速くなる

「忙しい競馬」が苦手なディープ産駒は見せ場なく

馬群に沈むのではなかろうかと考えておりまする。

 

該当馬

・オーマイダーリン

・サンクテュエール

 

 

今年の注目馬

 

全ての好走傾向に合致し、マイナス材料に該当しない

・カバジェーロ

祖母も祖母の姉も3歳(現2歳)1200m重賞好走馬。

スピード志向が求められるシンザン記念において、

仕上がりの早い「スプリント母系」を持つのは好材料で、

近2年連勝中のロードカナロア産駒というのも良いですな。

 

もう1頭挙げておきたいのが

・ヴァルナ

ロベルト系×ダンスインザダークと言う配合は

2018年に7番人気で2着に好走したツヅミモンと

同じ配合でございますな。

 

また、2017年8番人気で優勝した

キョウヘイもダンスインザダークとロベルトの血を

併せ持っておりました。

 

2015年の優勝馬グアンチャーレも父がロベルト系。

 

母父はサンデーサイレンスを経由しないものの、

サンデー系の祖であるヘイロー系種牡馬ディアブロで、

母母父にニジンスキー系を持つというのは、

ダンスインザダークやスペシャルウイークと言った

ニジンスキー持ちのTサンデー系種牡馬に近い配合。

 

前走は一気の3F(600m)延長で

ペースの変化に戸惑ったのか道中は力んだ様子。

 

2000mは距離が長かったのも大きな敗因でございましょう。

 

今回は適距離への2F(400m)短縮であれば、

2走前のG2京王杯くらいは走れるのではないかと

愚考致しておりまする。

 

 

最終結論

シンザン記念の最終結論は、

12日(日曜日)13時頃ブログ内公開予定の

「G3シンザン記念 EZ-WIN予想」にて。

 

なお、

13日(月曜)中山11Rで開催されます

G3フェアリーSの「EZ-WIN予想」は

開催当日の14時頃に無料メルマガ限定で配信致しまする。

 

まだメルマガに登録がお済みでない方で、

配信を希望される方は、13日(月曜)の

13時頃までに下記より↓↓↓アドレスのご登録をどうぞ。

 

携帯メールでご登録の場合は、あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

登録完了後、すぐに登録御礼メールが届きます。

もし届かない場合は迷惑フォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

なお、無料メルマガの配信解除は、毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば、

食わず嫌いは一生の損。お気軽にお試しをどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!