G1レポート マイルチャンピオンシップ

今週の日曜京都11Rで、古馬のマイルG1

「マイルチャンピオンシップ」(芝1600m外)

が開催されまする。

国内の古馬のマイルG1は「安田記念」と、

このマイルチャンピオンシップの2鞍のみでございますな。

そして過去10年で、両方を制したのは「モーリス」だけ。

安田記念の優勝馬はマイルチャンピオンシップで苦戦し、

マイルチャンピオンシップの優勝馬は、安田記念で苦戦する。

同じマイルG1でありながら、何故にこうまで

2冠を達成する事が難しいのか・・・

それぞれのレース質と、求められる能力の違い

を知る事で、危険な人気馬に惑わされる事無く、

的中に近づく事が可能となるのでございますな。

ここでは、過去10年のマイルチャンピオンシップ優勝馬の

血統・実績などから、今年の優勝馬を探って参る所存でございます。


血統傾向

ニックス別集計

ニックス 着別度数
ディープ系 × ダンチヒ系 1- 2- 1- 3/ 7
ダンチヒ系 × サンデーサイレンス 1- 1- 0- 2/ 4
ディープ系 × ノーザンダンサー系 1- 0- 1-11/13
Pサンデー系 × ノーザンダンサー系 1- 0- 1- 7/ 9
ディープ系 × ミスプロ系 1- 0- 0- 7/ 8
ストームバード系 × ヘイルトゥリーズン系 1- 0- 0- 1/ 2
ストームバード系 × ノーザンダンサー系 1- 0- 0- 1/ 2
キングマンボ系 × ノーザンダンサー系 1- 0- 0- 0/ 1
ロベルト系 × ノーザンダンサー系 1- 0- 0- 0/ 1
グレイソヴリン系 × ノーザンテースト系 1- 0- 0- 0/ 1

集計期間:2009.11.22 ~ 2018.11.18


ご覧の通り、勝ち馬10頭中9頭が、

父または母父にノーザンダンサー系を持っておりました。


唯一の例外となる「トーセンラー」も

父母父と母母父の両方がノーザンダンサー系

という配合馬でございました。



鬼門の血


マイルチャンピオンシップの「鬼門」

とも呼べる血統が「父がTサンデー系種牡馬」

でございますな。

↓↓↓

種牡馬系統 着別度数 勝率 連対率 複勝率
Tサンデー系 0- 1- 0-24/25 0.0% 4.0% 4.0%

集計期間:2009.11.22 ~ 2018.11.18

馬券になったのは、2010年1番人気2着の

ダノンヨーヨーだけという有様で、

4番人気以下のTサンデー系種牡馬産駒は、

問答無用で切り捨て御免!でよろしかろうと存じまする。



距離実績


過去10年の勝ち馬10頭の内、7頭に

「1800m以上の重賞で連対実績」がございました。


そして、例外となった

・ミッキーアイル

・モーリス

この2頭は、祖母が長距離重賞ウイナー。

 

・エイシンフォワード

母系に長距離実績はありませぬが、

母母父が「凱旋門賞血統」のブラッシンググルーム系

という牝系でございました。

 

つまり、1800m以上の重賞連対実績が有るか、

母系に長距離重賞実績のある血が入っておる事。

 

これが勝ち馬の条件であると考えても

差し支えはございますまい。



今年の勝ち馬候補


それでは、ここまでに挙げた条件を「ふるい」として

今年の出走登録馬を検証して参りましょう。




ふるい1

 

・両親のどちらかがノーザンダンサー系

・4L系統に複数のノーザンダンサー系

上記のいずれかに該当する馬は以下の8頭。

※父がTサンデー系種牡馬のカテドラルは対象外。

 


・エメラルファイト

中山1800mのG2スプリングステークス1着。

クロフネ×スペシャルウイークという配合で、

この配合は、2015年の12着馬クラリティスカイ

と全く同じ配合でございますな・・・(;・∀・)あかんやろ・・・

 

・ダノンキングリー

ダービー2着馬で、前走は毎日王冠(東京1800)1着。

 

ディープ×ストームバード系という配合。

若干気になるのは・・・

母系はストームバード系×インリアリティ系という

短距離スピードに特化した配合でありますなぁ・・・


半兄はダートのG1スプリンター「ダノンレジェンド」

というのも、安田記念に向きそうな近親戦績。

 

さらに、2017年までは、斤量差が1㌔しか貰えない

「3歳馬不利」と言うのが常識だったレースで、

ディープ産駒も、3歳馬に限れば3着が最高成績。

 

加えて・・・

「距離短縮ローテ」のディープ産駒は

↓↓↓

 

ディープ産駒  前走距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
今回短縮 1- 0- 2-18/21 4.8% 4.8% 14.3%

集計期間:2011.11.20 ~ 2018.11.18

強さは十分に認めた上で、アタマ無しのヒモ候補

と言うのが拙者の「妄想」でございまする。



・ダノンプレミアム

「ディープ×ロベルト」の配合で、4L系統に

2本のノーザンダンサー系を持っておりますな。

 

距離実績も、2000m重賞で2勝しており

申し分ございませんなぁ・・・

 

この馬の不安材料は2つのローテーション。

一つ目は、距離短縮ローテ。

これは先述の通り「ディープ産駒の鬼門」ローテ。

 

そして最も危惧すべきは、「中2週」という

詰まったレース間隔でございましょう。

 

ディープ産駒は非常に反動大きい傾向が強く、

前走が休み明けでアーモンドアイの2着に好走。

中2週では、「上積みの期待」どころか反動が

はるかに大きな不安材料でございますな。

 

・フィアーノロマーノ

安田記念で「爆穴軸候補」に推奨し、

2桁着順でございましたなぁ・・・(*_ _)


父がダンチヒ系のスプリンター「ファストネットロック」

母系は「ストームバード系×ボールドルーラー系」という

これまた短距離志向の強いスピード型配合。


この配合に期待しての安田記念「穴軸」としましたが、

アエロリットの刻む「速く緩むところの無いラップ」

に追走で手いっぱいと言った状態で競馬をしておりませんでした。


戦績を見ると、距離短縮の1400m戦でも大敗しており、

この馬はファストネットロックの異端児「モシーン」と

同じように、マイル以上の距離が向くタイプであるのかも・・・

と、またもや妄想が沸き上がって参るのでございます。


間違っても、勝つ事はございますまいが、

今年のメンバーを見渡せば、ハイペースは考えづらく、

追走が楽になるようであれば、自分の競馬をして

それなりの所に来る可能性は否定できますまい。

 

・プリモシーン


ディープ×ダンチヒ系という配合は

マイルチャンピオンシップの黄金配合

↓↓↓

ニックス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープ系 × ダンチヒ系 1- 2- 1- 3/ 7 14.3% 42.9% 57.1%

集計期間:2009.11.22 ~ 2018.11.18


母はファストネットロックの異端児

「モシーン」でございますな。

モシーンの戦績は

芝1600mのG1を2勝。

芝2000mのG1を1勝。

芝2500mのG1を1勝。

 

ダンチヒ系の血は、「平坦コース」に強い血で、

それゆえ、マイルチャンピオンシップの

ニックス配合上位にランクインしておるのでございましょうな。


とは言え・・・

マイルチャンピオンシップは牝馬に厳しいレースだけに、

強気になりづらい所ではございますが、3歳馬不利説が

覆った前例もございますれば、ビュイック殿の手綱に

期待したいところでございますな。

 

・ペルシアンナイト

ダンチヒ系種牡馬ハービンジャー産駒。

母父がサンデーサイレンスというニックス上位配合馬。


昨年2着、一昨年優勝と、適性は証明済みで、

あとは、能力的な衰えが無いかどうか?

という事だけでございましょう。


・モズアスコット


前走で、ようやく長いトンネルから脱し、

前走スワンSで2着と頑張りましたな。


ただ、前走は得意距離への距離短縮で、

今回は延長ローテでの参戦と相成りまする。


安田記念を勝っておるように、

本質的には「スプリンター型マイラー」で、

マイルチャンピオンシップとは真逆の適性の持ち主。

 

・レッドオルガ


ディープ×ノーザンダンサー系の配合馬。

自身の戦績はマイルG3で2着・3着。

母は芝中距離重賞で好走し、叔母のエリモシックは

エリザベス女王杯勝ち馬でございますな。

 

条件的にはクリアしておりますが、

いかんせん、能力的にG1でどうこうなるようには

思いにくい存在でございましょう。

 

今年の優勝期待馬


今年こそ、牝馬の優勝に期待したいですなぁ。

プリモシーンには重い印を回す予定でございます。

 

インディチャンプの評価


最後に、人気の一角を担うであろう

インディチャンプの評価について簡単に触れておきまする。

 

血統は、

父  ステイゴールド(Tサンデー系種牡馬)

母父 キングカメハメハ

血統の字面からは、スプリント型には見えませぬが、

牝系実績は明らかにスプリンター型でございますな。


半妹は1200mのリステッドを勝ち上がり、

伯父には

1200m重賞ウイナーアイルラヴァゲインと、

安田記念勝ちと阪神カップ(1400m)2勝の

リアルインパクトがおりますな。


ネオリアリズムの名前もございますが、

マイルチャンピオンシップ3着以前に

札幌記念(2000m)でモーリスを降し

優勝した実績を持っておりました。

 

インディチャンプは、前走1800mの毎日王冠で

3着に敗れており、「中距離重賞の連対実績無し」。

昨年の毎日杯(1800m)も3着に敗れており、

京都のG2マイラーズカップでは4着でございました。

 

この馬が、モーリスと同じだけ強いか?

と考えますと、ちょっと見劣るように思うのでございます。

 

3着ヒモの一角には加えておきますが、

重い印を打つ気にはなれぬ存在でございまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの

1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日回のクリックが、

ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計で

ランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!