先週の重賞回顧

先週の重賞は2鞍が開催されました。

どちらのレースも、秋のクラシックへのトライアル。

日曜阪神ではG2ローズステークス

月曜中山ではG2セントライト記念

それぞれ本番へのチケットを手にした各馬の、

本番での好走の可能性も含め、両レースを振り返りまする。

 

G3ローズS(阪神芝1800m外)

1番人気でEZ-WIN評価1位のダノンファンタジーが

レコードタイムでビーチサンバとウィクトーリアを

外から差し切りクビ差で優勝。

 

休み明け初戦だった3頭ともに

同タイムのレコード駆けとなり、

レース後の状態や、次走への反動が心配されますなぁ。

 

また、過去10年、

毎年「前走条件戦組」が馬券になっていた

このレースですが、今年は「前走オークス組」が独占。

 

掲示板に載ったのも、4着までが前走オークス組で、

5着にも前走重賞だったメイショウショウブ。

 

前走条件戦組の激走に賭けた拙者は、

もちろん玉砕でございました(*_ _)

 

レース回顧

 

積極策を取る馬がおらず、

スタート直後はダノンファンタジーが

好スタートを決め一旦先頭に立ちましたが、

3コーナーまでに目まぐるしく先頭が入れ替わり

結局、3角先頭はスイープセレリタス。

 

壮絶な先手の譲り合いの結果、

レースのペースはRP指数56.3のスローペース。

 

4角を先頭で通過したビーチサンバの上りが

3F33秒4というタイムで、それらを中段に控えて

4角5番手から差し切ったダノンファンタジーが、

上り3F最速の33秒1という高速上り。

 

春の実績上位馬を超えるような成長を見せた

前走条件戦馬はおらず、上位3頭の強さばかりが

際立つようなレースでございましたな。

 

 

秋華賞での可能性

 

次走注目馬と言える馬が見つけられず、

ここでは秋華賞への優先出走権を手にした

・ダノンファンタジー

・ビーチサンバ

・ウィクトーリア

について、京都芝2000m内回りコースへの

血統面での適性を分析しておきまする。

 

ダノンファンタジー

父  ディープインパクト

母父 グレイソヴリン系(フォルティノ系)

 

ディープ産駒の京都芝2000m戦績

 

着別度数 勝率 連対率 複勝率
8- 3- 5-27/43 18.6% 25.6% 37.2%

集計期間:2014. 5.11 ~ 2019. 5.25

 

 

母父がグレイソヴリン系の馬のコース成績は

 

着別度数 勝率 連対率 複勝率
1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0%

集計期間:2014. 5.11 ~ 2019. 5.25

フォルティノを経由するグレイソヴリン系は

複勝率33%で、馬券になった3頭は、全てフォルティノ系。

 

阪神芝1800mでの母父フォルティノ系の戦績が、

複勝率17.6%という事を考えれば、京都2000mへの

コース替わりはプラス材料と申せましょう。

 

ただ、ディープ産駒の京都2000mにおける

距離ローテ成績が、前走1800mからの延長ローテでは、

複勝率が22.7%とコース戦績の複勝率37%に比べて

大幅にダウンするのは、今回の休み明けレコード駆けとあわせて

少なからぬ不安材料と考えられましょう。

 

ビーチサンバ

父  クロフネ

母父 サンデーサイレンス

 

近5年のクロフネ産駒の京都芝2000m戦績は0/4で複勝率0%

ヴァイスリージェント系としてみても0/5でやはり0%

 

過去に京都芝G1で馬券になったのは

ホエールキャプチャの3着が唯一。

 

ただし、牝系ファミリーの京都芝2000mは・・・

 

近親馬京都芝2000m

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3- 1- 4- 5/13 23.1% 30.8% 61.5% 275 255

集計期間:2012.11.10 ~ 2018.10.13

 

前走1800mからの延長ローテでは

 

近親馬前走距離別集計

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2- 1- 4- 2/ 9 22.2% 33.3% 77.8% 91 322

集計期間:2012.11.10 ~ 2018.10.13

 

ふむ・・・

あると思います。

 

ウィクトーリア

父  ヴィクトワールピサ

母父 ミスプロ系

 

母ブラックエンブレムは秋華賞馬。

ヴィクトワールピサ産駒の京都芝2000m戦績は・・・

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3- 10- 5- 33/ 51 5.9% 25.5% 35.3% 20 72

集計期間:2015.10.10 ~ 2019. 5.26

ヴィクトワールピサ産駒のパールコードは

2016年の秋華賞2着馬でございますな。

 

1800mから2000mへの延長ローテは

本馬自身が重賞勝ちでクリア済み。でございますな。

 

今回の3頭の中では、最有力ではなかろうかと存じまする。

 

 

G2セントライト記念

前日のローズSに続いて、またも1番人気が優勝。

 

EZ-WIN評価1位の拙者の本命馬

サトノルークスは、8番人気の低評価をくつがえし2着。

 

3番人気のザダルが3着。

 

 

先々週に引き続き、

またもEZ-WIN評価上位4頭のボックスで

馬連  4530円

ワイド 1500円

     810円

    2340円

3連複 10190円

万馬券ゲットと相成りました。

 

レース回顧

先手を取ったのは⑭アトミックフォース

2番手に17番ナイママが続き、リオンリオンは

3番手に控える競馬で、前半1000mは

重馬場としてはやや速い59秒8というラップ。

 

RP指数は49.9でほぼ平坦ラップのミドルペース。

 

結局は、道中で内ラチ沿いをロス無く回って来た馬の

馬券圏内独占と言う結果で、外を回した中では、

⑯ルヴォルグが最先着でございました。

 

次走注目馬

 

今回最も強い競馬をしたのは、

内有利馬場で8枠に入る不利があった

⑯ルヴォルグでございましょうか。

 

そのルヴォルグは、直線半ばまでは一気に

突き抜けるかと思えるほどの勢いでございましたが、

最後は前と同じ脚色になり追撃届かずの4着まで。

 

5着のニシノデイジーは、4角14番手から

大外を回しての上り最速と、力上位の証明をして見せました。

外差しの決まる馬場であれば、馬券圏内に届いておったでしょう。

 

菊花賞での可能性

今回、優先出走権を手に入れた3頭について、

本番の菊花賞での好走の可能性について触れておきまする。

 

まず、根本的にセントライト記念組は、

菊花賞では振るわず、過去10年で51頭が出走し、

馬券になったのは5頭のみ。

 

そのうちの1頭はキタサンブラックで、

これは別格でございますなぁ。

 

リオンリオン

父  ルーラーシップ

母父 クロフネ(ヴァイスリージェント系)

 

ルーラーシップ産駒では、キセキが菊花賞優勝。

母父がヴァイスリージェント系の馬は

京都3000mでは、万葉Sを含めても

馬券絡みはありませぬな・・・

 

また、セントライト記念組で

菊花賞で馬券になったのは父がサンデー系かロベルト系。

 

父キングマンボ系は5頭が出走して全滅。

 

牝系ファミリーでは、トゥザワールドが

セントライト記念2着から出走しましたが、

2番人気16着と惨敗しておりますな。

 

良血馬ではありますが、菊の舞台では

少々買いづらいイメージでございますなぁ。

 

サトノルークス

父  ディープインパクト

母父 サドラーズウエルズ

 

母父にサドラーズウエルズを持つ馬は

菊の舞台では活躍で来ておりませぬなぁ。

 

牝系ファミリーの賞金シェアTop3は

1400m:28%

1800m:27%

2200m:19%

という非根幹距離ファミリーで、

距離が延びるにつれて成績が落ちていく傾向。

 

クラシックには縁遠い一族でございますな。

 

また、セントライト記念のレース後の騎手コメントは

↓↓↓

2着 サトノルークス(川田将雅騎手)

こういう馬場は得意ではありません。

体重は変わっていませんが、馬は成長してくれています。

目いっぱい走ってくれました。

現状距離は長くならないほうがいいですが、

成長して更にいい走りを見せてほしいです。

 

 

ザダル

父  トーセンラー(ディープ系)

母父 キングマンボ系

 

父トーセンラーは、セントライト記念から

菊花賞に参戦し、3着に入線した数少ない1頭。

 

配合自体が先例が無い上に、

牝系ファミリーに活躍馬が居ないため、

判断が難しいところでございますが、

父の経歴からは押さえるべきなのでございましょうなぁ。

 

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!