先週の2歳戦回顧

先週行われた2歳新馬戦は、

芝が8鞍、ダートが1鞍の全9鞍。

 

その中で、特に印象的なパフォーマンスを

発揮していた馬をチェックし、その馬の将来を

占う材料として参りとうございまする。

 

土曜函館5R プリンスリターン

父評価C・配合評価D

決してこのコースに向く血統ではない

5番人気③プリンスリターンが1着。

 

今週開催された新馬戦9鞍の中では、

最高の補正タイムで決着したレースでございます。

 

そして、父評価がAランク、

1番人気でルメール騎乗、さらに伯父には

スプリントG1馬ローレルゲレイロが居る

④アメージングサンをクビ差退けました。

 

血統評価が低く、なおかつ牝系ファミリーに

活躍馬がゼロという地味な一族出身のこの馬。

 

もちろん拙者は拾えませんでしたが、

次走が非常に楽しみな1頭でございますな。

 

血統を超越した強さを持つ馬である可能性が高く、

地味血統(父ストロングリターン)・地味ファミリー

地味ジョッキー・昨年リーディング130位の厩舎。

 

「人気」と言う文字とは、およそ縁遠い印象の馬で、

おそらくは「走っても走っても人気にならない」という、

穴党にはまさに神のごとき存在であるやも知れませぬ。

 

加速指数も118と、重賞でも通用するだけの

パフォーマンスを発揮しての勝利だけに、

函館芝1200mよりも血統的な適性が大きくアップする、

小倉芝1200mで開催されるG3小倉2歳Sなどに

出てきてくれると、拙者は目をつむって飛びつく予定。

 

あ、余談ながら・・・

最下位人気で3着に来た⑧ヴィクトワールボスは、

新馬戦注目馬のコーナーで取り上げた馬でございました。

(ちょっとだけ自慢しとります)

 

 

明日は、今週の重賞「G3函館記念」の

展望レポートを書く予定でございますれば、

またのお立ち寄りを(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!