プロキオンS回顧

プロキオンSの予想に関しては、

拙者の分析不足が露呈致しましたなぁ・・・(*_ _)

 

ダートの短距離戦だけあって、どの馬もみな

RP指数40台での好走歴の持ち主で、

「大差ないなぁ」とボケをかましたのが運の尽き。

 

1頭1頭のRP指数を詳しく分析しておれば、

少なくともミッキーワイルドをノーマークには

出来ませなんだ(*_ _)

 

レース結果と回顧

レースは大方の予想通りマテラスカイが先手。

この馬の限界は「RP指数43」というペースで、

これよりもRP指数の数値が小さいレースでは

勝鞍が無いのがこの馬のラップ的特徴でございますな。

 

ところが、ロンジン並みの体内時計の正確さに定評のある

武豊殿らしくないオーバーペースで運んだ結果、

このレースのRP指数は「40.0」という

ラスト3Fで、全馬が超バテバテになるハイペース。

 

消えるべくして消えた1番人気と申せましょう。

 

 

勝ったアルクトスは、コース相性抜群の

アドマイヤオーラ産駒であり、加速指数も上位でした。

 

それを軽視したのは「配合評価D」という事と、

RP指数48未満のレース経験が無かった事。

そして、父が米国型ではなく、母父も欧州型ロベルト。

 

これも評価を下げた一因でございました(*_ _)

 

2着馬ミッキーワイルドは、このレースと同じ舞台で

RP指数42という厳しい流れのレースを連対しており、

そこを拙者は完全に見落としておりました(*_ _)

 

さらには血統が、

ロードカナロア×欧州ノーザンダンサー系

という「芝血統」で、一族の活躍馬は芝馬。

 

そしてまた、母父ファルブラヴは、

中山開催だったジャパンカップの優勝馬。

 

芝血統馬がダート重賞で要るわけなかろう( `ー´)ノポイッ

 

と、そこで思考停止しておりました。

 

本命馬ヴェンジェンスはかろうじての3着。

左回りは複勝率100%ながら、勝鞍は無く、

6勝全てが右回りであるように、やはり勝てず。

 

次走以降右回りのハイペースが見込めるレースで、

改めてアタマ付けで狙いたいと存じまする。

 

次走注目馬

 

サンライズノヴァ

この馬の最後の脚はえげつないものでしたなぁ。

しかしあいにくと、この週の中京ダートは、

完全な前残り馬場で、追込み馬には非常に厳しい

馬場傾向が出ておりました。

 

近走が凡走続きで、今回も

このメンバー相手で6番人気の低評価。

 

これまでで、最も厳しい流れのレースを経験したのは、

G1フェブラリーSのRP指数42.8(4着)で、

「速すぎる流れでは脚が溜まらぬタイプ」という印象を

持っておりましたが、今回のレースを観る限り、

どれだけ厳しいペースでも、ちゃんと脚を使える事が

分かりました。

 

今回は馬場に泣いたもので、

結果は度外視してよろしいでしょう。

 

この敗戦で、さらに人気を落としてくれれば、

超ハイペースが見込めるレースで狙いとうございまする。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!