NHKマイル回顧

令和元年最初のG1を制したのはミルコ殿。

最近の不調を改元によって払拭したのか?

 

一方、平成で絶好調だったルメール殿は、

サートゥルナーリアに続いてまたもG1で審議対象。

 

今回は4着入線⇒5着に降着となり、

ルメール殿は6日間(3週間)の騎乗停止処分。

 

元号が改まる事の影響を強く受けたのが

外国人騎手というのも何やら奇妙な感じですな。

 

さて、レースの結果は↓↓↓の通り。

競馬ラボ様より拝借

 

14番人気2着のケイデンスコールは、

父母父に米国型ストームバード系を持つ

ロードカナロア産駒で母父はハーツクライ。

近親には、安田記念3着馬バランスオブゲームと、

長距離G1実績馬のフェイムゲームが居る牝系。

適性上位評価のハッピーアワーの方に目が行き、

印を回せなかったのは痛かったですな・・・

 

それにしても、勝ったアドマイヤマーズは、

非常に勝負根性に優れておりますな。

視界に他馬が来ると、耳を絞ってもうひと伸び。

 

グランアレグリアは、自分の形にならないと

パフォーマンスが上がりきらないのか?

休み明けの桜花賞でレースレコードで勝った

反動があったのか?追われてから苦しくなり

外にもたれて横に居たダノンチェイサーを

弾き飛ばして降着処分・・・

 

これでルメール殿はダービーで

サートゥルナーリアに乗れなくなりましたな。

 

ちなみに・・・

そのサートゥルナーリアのダービーでの手綱は

来日して2週で【6・4・4・13】と脅威的な

戦績を誇るレーン騎手が濃厚。

 

次走注目馬

先行した馬には非常に厳しい流れでしたが、

プールヴィルは最後まで伸びており、展開と

外差し馬場に泣いたイメージでございました。

距離も1F長かったのでございましょう。

 

距離短縮での条件付きながら、

この馬を次走注目馬と致しとうございます。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!