先週の重賞回顧

先週の重賞は、福島牝馬S・マイラーズC・

フローラSの3鞍で、拙者の予想は3戦3タコ(*_ _)

 

もはや死んでしまいたいような心持ちにござりまする・・・

 

今週は少しでも読者様のお役に立てる情報を

開示できますよう、大いなる反省を込めつつ、

先週の重賞レースを振り返りまして、反省点と

次走注目馬を吟味して参りとうございます。

 

福島牝馬S

このレースは、無料メルマガ限定配信でございました。

メルマガ配信PDFファイルは ⇒ 福島牝馬S 2019

 

予想はカワキタエンカの逃げで

当然レースはミドルペース。と踏んでのもの。

でございましたが、カワキタエンカが刻んだのは

スローペースでございましたな・・・

 

それもドの付くスローで、勝ち馬のデンコウアンジュ以外は

4角を2番手で通過した馬の2着・3着でございました。

 

拙者の本命カレンシリエージョは、

3コーナー通過までは真中あたりにおりましたが、

3コーナーを過ぎて一気にペースが上がるとポジションを

下げてしまい、4角を後方3番手で通過。

 

直線で馬群の真ん中に進路を取り、伸び始めた時は

既に勝ち馬がゴールしており、3着まで半馬身。

 

良馬場適性が低いカレンシリエージョを

選択したのは、最終週の荒れ馬場であれば

良馬場でもやれる。と踏んでの事でございましたが、

大失敗でございましたなぁ(*_ _)

 

レース結果

 

次走注目馬

・カレンシリエージョ

今回は格上挑戦での重賞参戦でございましたが、

勝ち馬には0秒7と完敗ながらも、3着馬の

2番人気ダノングレースとは0秒1差。

 

次走、自己条件の準OPクラスに出てくれば、

あっさりと勝てると思える内容でございました。

 

・ウインファビラス

最後の直線で、外から交わして前に出た

フローレスマジックに果敢に応戦し、手応えも十分。

と見えておったところが、内ラチ沿いから突っ込んで来た

③ランドネとフローレスマジックの間に挟まれて

鞍上の松岡殿が完全に立ち上がってのフルブレーキング。

 

手応えが残っていただけに、

非常に勿体ないレースでございましたなぁ。

 

引退を撤回する程の「進化」を感じさせた

前走の中山牝馬S(0秒3差)の内容を併せ考えれば、

展開に恵まれ上手く噛み合えば、どこかであっと言わせる場面も。

 

 

マイラーズカップ

結果はEZ・WINの評価1位・2位のワンツー決着で、

馬連1090円を1点買いで的中出来ておったレース(*_ _)

 

グアンチャーレは、調教が超絶の素晴らしい出来でしたが、

高速決着を想定して、押さえ評価に落としてしまいました(*_ _)

 

レースはドスローで流れ、完全に行った行った決着。

1着から4着まで4角の通過順位に入れ替わりが有ったのは

1・2着だけでございました。

 

決着時計は1分32秒6という平凡な時計で、

ペースの遅さを考慮しても、意外という印象。

 

拙者が本命視したモズアスコットは、

パドックで見ていて感じたのが「筋肉量の増加」。

 

それと同時に、硬さが出て来たような印象で、

外国産馬特有の賞味期限の短さが出て来たのやも知れませぬなぁ。

 

今後の取捨は慎重に、あまり深追いせずに

見守りとうございまする。

 

レース結果

 

次走注目馬

・ストーミーシー

なんとなんと、上り3F最速はこの馬。

それも32秒0という驚異的な上り時計。

 

この馬は1600m→1400mという

距離短縮ローテが大得意で、これまで2度の機会で

1着・3着と馬券圏内パーフェクトでございます。

 

もっと言うと、その2度の単勝人気は

6番人気・12番人気という低評価。

 

中2週になりますが、次走で東京1400mの

G2京王杯スプリングカップに使って頂けるなら、

複勝に「あり金勝負」を仕掛けてみとうございますな。

 

フローラS

このレースは勝負レース会員限定配信レースでございました。

配信済予想PDFファイル ⇒2019.4.21 東京11R フローラS

 

 

好位から競馬が出来るであろう⑫エアジーンを本命に。

しかしフタを開けてみると、後方からの競馬・・・(*_ _)

 

馬体が大きく減っておったのも原因かと思いますが、

4角15番手から大外ブン回しという運びとなったのは

誠にもって痛恨でございました。

 

レース後のミルコ殿のコメントは以下の通り。
(競馬ラボ様より抜粋させていただきました)

 

10着 エアジーン(Mデムーロ騎手)

ヨーイドンの競馬になってしまったのが辛かったです。

この馬自身スタートは良かったのですが、折り合いが難しい馬で、

テンに出せないところがあります。能力はありますよ。

 

そうなんです。スタートは良かったのです。

乗り手にしか分からない面があるのでございますなぁ。

 

軸馬がコケてるので、関係ないのですが・・・

3着に粘ったジョディを拾えなかったのも反省点(*_ _)

 

この馬の母父モンズンの産駒は、

逃げるとしぶとい産駒が多く、当然ながら

警戒が必要な1頭でございました。

 

ウィクトーリア陣営の逃げ宣言があり、

また枠の並びからも、当然ウィクトーリアが行くものと考え

そこで完全に思考停止しておりました。

 

そして、レースの傾向から「逃げるなら軽視」

と考えてウィクトーリアは連下押さえ評価。

 

が、ウィクトーリアは出遅れて中団後方からの競馬。

 

拙者は、まだまだ素人でございますなぁ(*_ _)

 

 

レース結果

 

次走注目馬

・ペレ

特注穴馬に選んでおりましたが、

最初のコーナーに進入する時に内でゴチャつき

ポジションを下げざるを得なかったのが不運。

 

4角11番手から、直線半ばまで前が壁。

馬2頭分以上を外に切り返して追いなおす不利もあり、

上り3F順位2位タイで追込むも届かず。

 

状態が良かっただけに、

非常に勿体ない競馬でございました。

 

半兄にエタリオウがおり、2400mの複勝率が

80%という距離巧者の妹でございますれば、

オークスで買いたいと思っておっただけに、

権利が取れなかったのは誠にもって残念至極。

 

次走が自己条件(500万)であれば人気は必至でございましょうが、

願わくば格上挑戦で、東京の今開催中に出走してきて欲しいものです。

 

以上、先週の回顧と反省でございました(*_ _)

 

外しまくっておいて

厚顔この上ございませぬが・・・

出来ますればブログランキングに

お力添えを(*_ _)どうかひとつ

   ↓↓↓ポチっと

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!