G1一覧

G1凱旋門賞 日本馬分析

本日は、23時05分に世界最高峰のレース「G1凱旋門賞 ロンシャン競馬場 芝2400m」が開催されますな。日本からは3頭のG1馬がエントリー。日本でも馬券が購入出来ますれば、日本馬の適性分析と、その他の注目馬について、少々ウンチクを垂れさせていただきまする。

G1スプリンターズS展望レポート

下半期のG1開幕戦スプリンターズステークスについて、過去の当レースの傾向から、今年の好走馬に迫って参ります。路盤改修後の2015年以降は、血統傾向に偏りが見られますな。ここではそんな「血統傾向」を中心に今年の出走馬の分析を進めて参ります。特に当コースの上級条件で実績が残せていないロードカナロア産駒の取捨を入念に行って参りますれば、しばしのお付き合いを(*_ _)

G1レポート宝塚記念3

今回は「宝塚記念を血統から斬る」がテーマとなっとります。 前回のレポートで名前の挙がった馬達を 血統診断からバッサバッサと斬り飛ばして参りましょう。

G1レポート宝塚記念2

先日に続きまして、本日は宝塚記念の穴馬探し。 まずは、宝塚記念のどこが独特な才能を求めるレースなのか? について分析して参りたいと存じまする。

G1レポート宝塚記念1

今週の日曜日は、上半期最後のG1レース 宝塚記念 芝2200m内回り が阪神11Rで開催されまする。 2200mという非根幹距離で、 ゴール前の急坂を2度通過する消耗の激しいコース。

G1レポート安田記念2

本日は、レポート1の続編でございます。まずは、昨日のレポートで触れたアーモンドアイ・ダノンプレミアム・アエロリットこの3頭以外のラップ指数をご紹介して参ります。

G1レポート安田記念1

安田記念は、年々決着時計が速くなっており、しかも今期の東京芝はレースレコード満開の超高速馬場。良馬場なら今週も引き続き高速馬場となりましょう。そしてこのレース最大の注目は「アーモンドアイVSダノンプレミアム」の勝負の行方。2頭のラップ指数の優劣やいかに?本日はその辺りを中心に検証して参ります。

G1レポート東京優駿4

レースのラップタイムの推移を分析すると、そのレースが馬にとって楽なレースだったのか?あるいは厳しいレースだったのか?という事がある程度判定が可能。そこで、皐月賞含めここに至る過程のレースレベルをダービーの予想につなげるべく分析してみました。この結果と血統傾向を絡めて結論に導きとう存じまする。

error: Content is protected !!