G1一覧

G1宝塚記念2021の注目血統馬と坂路調教評価

G1宝塚記念が27日日曜阪神で行われます。2200mという非根幹距離の内回りコースで行われるため、日本の主流血統である「サンデー系」の種牡馬を父に持つ人気馬が消え、非主流血統馬や、主流条件のG1で勝てなかった馬が、ここで初めてG1タイトルを獲得する傾向が強いレース。

G1優駿牝馬(オークス)2021レポート/馬場と血統/前走傾向

今週は牝馬三冠レース第2戦となる「G1優駿牝馬・オークス2021」が、日曜東京11Rで芝2400mを舞台に行われます。先週のヴィクトリアマイルは超高速馬場を想定しておりましたが、勝ち時計は1分31秒0で2着馬のタイムは1分31秒7を要しておりました。今週の東京は・・・

G1ヴィクトリアマイル2021馬場と血統の傾向と前走距離レポート

先週のG1NHKマイルに続き、今週は古馬牝馬♀のマイル女王決定戦「G1ヴィクトリアマイル」が開催されまする。NHKマイル同様、非常に波乱傾向の強いレースで、馬場状態次第で求められる適性が真逆になるレース。昨年はアーモンドアイ1強でしたが、今年はグランアレグリアが参戦・・・

G1NHKマイルカップ2021 G1レポート「過去10年の血統と前走距離傾向」を分析

今週の日曜東京では、マイル(1600m)の3歳王者決定戦「G1NHKマイルC」が行われます。過去10年で2桁人気馬の馬券絡みが6頭と、G1としては非常に波乱傾向の強いレースでございます。ここでは、NHKマイルC過去10年の結果から、血統・前走距離・人気についての傾向を分析して参ります。

G1天皇賞春2021 阪神開催で血統傾向はどう変わる?

今週は古馬の長距離G1天皇賞春が開催されます。今年は阪神での開催となり、急ごしらえの3200m内回りコースが使用されるため、今年2月に行われた松籟Sの1鞍分しかデータがございませぬ。そこでここでは、阪神内回りコースの阪神芝3000mを参考に、過去の天皇賞春との血統傾向の相違点に目を向けて参ります。