G1一覧

G1桜花賞2021 血統、その他の傾向から注目馬を抽出。

今年もいよいよ3歳クラシックの開幕。第一弾は3歳牝馬クラシック「G1桜花賞2021」が日曜阪神で行われます。阪神芝1600mという舞台は、東京芝2400mに匹敵する「日本の主流コース」。つまりスピードとスタミナの両立を高い次元で求められる関西のチャンピオンコースでございますな。それゆえに・・・

G1大阪杯2021 2強の取捨選択について思ふ処。

先週の高松宮記念に続き、今週は古馬の中距離G1大阪杯2021が行われます。天気予報では若干の降雨が報じられておる阪神競馬場。レースの結果は果たして人気通りの2強決着となるや否や?2強と目されるコントレイルとグランアレグリアについて、思うところを書かせて頂きまする。信じるか否かは自己責任でお願い申し上げる(*_ _)

G1大阪杯2021 コース分析(地を知り血を知れば百戦危うからず)

大阪杯は、G1に昇格して今年が5年目という歴史の浅いG1レースでございます。過去4年分しかデータがございませんので、まずは阪神芝2000m内回りコースの特徴と血統傾向について、あらためておさらいして参りましょう。なお、血統傾向につきましては、重賞に限定してデータを確認して参ります。

G1高松宮記念2021 春のG1シーズン開幕!

今年もいよいよ春のG1シーズン開幕をむかえます。第1戦は古馬のスプリント戦「G1高松宮記念(中京1200m左)」近3年は波乱決着の連続で、一昨年などは3連複87万馬券という大波乱。今年の登録馬の血統を見ておりますと、上位人気に支持されそうな複数の馬には懸念材料がございます。ゆえに今年も波乱に期待を膨らませつつ・・・

G1フェブラリーS枠順の明暗とトレンド血統該当馬

今年最初のG1フェブラリーステークスの枠順が確定致しました。外枠を引ければ爆穴本命に据える予定でいたアノ馬は・・・。東京は今週も雨の影響のない良馬場での開催となりそうで、ようやく「トレンド血統」を予想に取り入れるチャンスが巡って参りました。ここでは「トレンド血統該当馬」もご紹介しておきまする。フェブラリー2021の予想のご参考となりましたら誠にもって光栄の至り(*_ _)

G1フェブラリーS2021分析レポート「上りの速い米国型血統馬」に注目

今週の日曜東京では、今年最初のG1レース「G1フェブラリーS(ダ1600m)」が開催されまする。東京ダートコースの路盤はスピードが出やすく、欧州的なスタミナよりも米国的なスピードの持続力が求められやすいコースですございますな。また、ダートコースではJRA全10場の中で、最も直線の長いコースでもあり、クラスが上がる程「末脚の破壊力」も重要になる傾向がございます。

ホープフルS2020/有馬記念2020の枠順と追い切り評価、調教後馬体重

今週のG1レース「2020ホープフルステークス」「2020有馬記念」の追い切り評価です。アルファベット・記号による評価は坂路調教の評価。背景色による評価は、ウッドチップコースやポリトラックコースによる追い切りの評価でございます。表の左列は最終追い切りの評価で、右列は中間の調教評価になります。

有馬記念 ほぼ全頭診断

有馬記念出走登録馬(一部除外対象馬も含まれます)を、血統と馬場適性、ラップ的見地から診断して参りまする。まずはネット競馬さまの予想人気順に見て参りたいと思いまする。御用とお急ぎでない方はしばしのお付き合いを(*_ _)

ホープフルS 傾向と注目馬

今週はG1が2鞍開催されます。 本日は土曜中山の2歳戦 「G1ホープフルステークス(芝2000m内)」 このレースの過去5年を分析し、 今年の好走馬を探して参りまする。