G1一覧

凱旋門賞の注目血統について少しだけ

今週は日曜深夜にフランスのロンシャン競馬場で「G1凱旋門賞」が開催されます。日本馬はディアドラが参戦。また、日本人ジョッキーとして初めて凱旋門賞でオブライエン厩舎の管理馬に騎乗する事になったレジェンド「武豊殿」騎乗のジャパンにも注目が集まりましょう。

G1レポート スプリンターズS【穴馬発掘】

いよいよ秋のG1シリーズ開幕でございますな。今開催の中山芝コースは、路盤状態がかんばしくなく時計の掛かる重たい状態。雨の心配は無さそうでございますが、おそらく勝ち時計は1分7秒台後半から、1分8秒台も有り得そうでございます。そういう馬場に強い血統は・・・

G1レポート宝塚記念 穴馬発掘編

宝塚記念のレポートもいよいよ大詰め。今回は穴馬発掘編と言う事で、7人気以下が予想されている馬の中から、拙者の個人的な見解で穴馬候補をピックアップして参ります。これを読まずに馬券を買ってはなりませぬ(ゲサ)

G1レポート宝塚記念2020-Vol.3

前回レポートの続きで、宝塚記念に出走を予定している各馬のレース適性を診断して参ります。今回は3人気予想のクロノジェネシスから始めさせていただきまする。

G1レポート宝塚記念2020-Vol.2

少し遅くなりましたが・・・(*_ _)前回のレポートVol.1に続きまして、本日より宝塚記念出走登録各馬の適性診断をして参ります。まずは上位人気馬の評価から始めて参りまする。

G1レポート 宝塚記念2020

今年も上半期最後のG1宝塚記念がやって参りました。ダービー好走馬が勝てない「特殊な適性を求められるレース」その特殊性と、血統傾向について分析を進め、今年の好走馬に迫って参りとうございまする。これを読まずに馬券を買ってはなりませぬ(ゲサ)

G1レポート安田記念1

今週は日曜東京でG1安田記念が開催されます。直線の長い東京コースのマイル戦ならば、ディープ産駒が圧倒的かと思いきや・・・。実際には全く逆で、ディープ産駒が苦手とするマイルG1でございますな。その秘密は・・・

error: Content is protected !!