G3ダイヤモンドステークス2021分析レポート。スローペースの長丁場に実績ある馬に注目

 

今週は重賞がG1を含め4鞍と大盤振る舞い。

 

土曜東京では、3400mの超長距離重賞

「G3ダイヤモンドステークス」が行われます。

 

今年はフルゲート16頭立てになりそうですが、

速いペースで引っ張る逃げ馬は不在のため、

長丁場レースらしいスローペースが見込まれますな。

 

また、今年の登録馬には「好走血統」に

該当する馬は少なく、血統よりもキャリアの

内容から好走の可能性を探るのがベターだと考えます。

 

 

あ・・・もし宜しければ

ポチっと応援クリックをm(__)m

↓↓↓


人気ブログランキング

 

無料メルマガ読者募集中

無料メルマガ「血統馬券レシピ講座」

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドS2021特別登録馬

出走表はnetokeiba.comさまより拝借(*_ _)

 

 

 

ダイヤモンドSとリンクしやすいレース

 

過去5年のダイヤモンドSで

3着以内に好走した馬の血統と、

好走歴があった2500m以上の

レースは以下の通りでございまする。

 

2020

1着

ミライヘノツバサ 16人気

血統

ドリームジャーニー

ファラリス系

ノーザンダンサー系

G2日経賞(2500m)2着

 

2着

メイショウテンゲン 3人気

血統

ディープインパクト

ヴァイスリージェント系

サドラーズ系

G2ステイヤーズS(3600m)4着

 

3着

オセアグレイト 2人気

血統

オルフェーヴル

ネヴァーヴェンド系

サドラーズ系

2勝クラス(2600m)1着

 

 

 

2019

1着

ユーキャンスマイル(1人気)

キングカメハメハ

ダンスインザダーク

エタン系

G1菊花賞3着

OP万葉S2着

 

2着

サンデームーティエ(8人気)

タニノギムレット

オペラハウス(サドラーズ系)

ヘイロー

2勝クラス(2400m)3着

 

3着

カフェブリッツ(3人気)

マンハッタンカフェ

ヌレイエフ系

カロ系

OP万葉S(3000m)4着

 

 

2018

1着

フェイムゲーム(1人気)

ハーツクライ

アレミロード(リボー系)

ファイントップ系

G2ステイヤーズS 2着

 

2着

リッジマン(5人気)

スェプトオーヴァボード

カーリアン(ニジンスキー系)

ダマスカス

OP万葉S 2着

 

3着

ソールインパクト(6人気)

ディープインパクト

ダンチヒ系

ダマスカス系

G2アルゼンチン(2500m)2着

 

 

2017

1着

アルバート(1人気)

アドマイヤドン(ミスプロ系)

ダンスインザダーク

ノーザンテースト

G2ステイヤーズ(3600m)1着

G2アルゼンチン(2500m)2着

 

2着

ラブラドライト(6人気)

キングカメハメハ

サンデーサイレンス

ネヴァーヴェンド系

OP万葉S2着

G3ダイヤモンドS4着

 

3着

カフジプリンス(2人気)

ハーツクライ

シンボリクリスエス

米ミスプロ系

3勝クラス(2500m)1着

2勝クラス(2600m)1着

 

 

2016

1着

トゥインクル(4人気)

ステイゴールド

ノーザンテースト

ネヴァーヴェンド系

G2ステイヤーズS(3600m)3着

 

2着

フェイムゲーム(2人気)

ハーツクライ

アレミロード(リボー系)

ファイントップ系

G1天皇賞春2着

G3ダイヤモンドS1着

 

3着

ファタモルガーナ(8人気)

ディープインパクト

エリシオ(フェアリーキング系)

ネヴァーヴェンド系

G2ステイヤーズS(3600m)

 

リンクしやすいレースを少しまとめますと・・・

 

・ステイヤーズS

・アルゼンチン共和国杯

・万葉S

・2勝クラス以上の2500m以上のレース

 

アルゼンチン共和国杯と同じ舞台で

行われる目黒記念とはリンクがございませんな。

 

それはつまり、スローペースになりやすい

アルゼンチン共和国杯と、流れが速くなりやすい

目黒記念の差であると思われます。

 

 

 

ダイヤモンドSの好走血統

 

血統面をまとめますと・・・

 

中長距離タイプのサンデー系種牡馬産駒。

キングマンボ系種牡馬産駒が中心。

 

母系は、フェアリーキング系、サドラーズ系

などの欧州型ノーザンダンサー系と、

ノーザンテースト。

 

または欧州型ネヴァーヴェンド系を持つ馬。

 

他にはグレイソヴリン系の血を持つ馬。

 

と言ったところが好走血統となります。

 

 

 

ダイヤモンドS2021の注目馬

 

それでは最後に、好走レースと血統から

今年のダイヤモンドSで注目したい馬を挙げておきます。

 

 

・パフォーマプロミス

ステイゴールド産駒。

母父はロベルト系。

祖母はノーザンダンサー直仔。

 

天皇賞春3着馬で、

アルゼンチン共和国杯勝ち馬。

 

長期休養を挟んだため、

9歳と言う年齢よりも馬は若く、

全8勝のうち4勝は休み明けで挙げた勝利。

 

指数的にはメンバー最上位の存在で、

9歳でもハンデキャッパーは

トップハンデ57.5キロを課しておりますな。

 

 

・ブラックマジック

父はディープインパクト。

母は、サドラーズ系種牡馬産駒。

ドイツオークス馬で、他にも

G1で5連対している名牝でございますな。

 

3勝クラスの中山2500mで

好走しておりますが、祖母の父が

ドイツダービー血統のモンズンと言う事もあり、

中山よりも、直線が長い東京の方が合うはず。

 

昇級戦の重賞初挑戦に強い

ディープインパクト産駒でもあり、

鞍上がコース実績が薄いことを除けば、

面白い存在かと存じまする。

 

 

・※※※※※※※※

 

父はTサンデー系

母父は欧州型キングマンボ系。

祖母の父グレイソヴリン系。

曾祖母の父ノーザンテースト。

 

好走歴は、

・2勝クラス2600m

・3勝クラス2500m

・アルゼンチン共和国杯

 

距離延長ローテに高い適応力を

示しており、現段階では本命候補。

 

馬名はこちらに書いておきます。

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

最終結論は「血統馬券倶楽部」で。

 

G1フェブラリーSの好走傾向は

↓↓↓ こちらをどうぞ(*_ _)

G1レポート フェブラリーS

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!