血統馬券倶楽部 1/11 月曜

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

 

 

 

中京メインで3連複315倍的中。

フェアリーSは痛恨の軸変更でズッコケ(*_ _)

 

このコンテンツは、

有料コース「血統馬券倶楽部メンバー専用ページ」になります。

レース当日の閲覧にはパスワードが必要になります。

 

血統馬券倶楽部への御参加は、

まずは無料メルマガにご登録を(*_ _)

 

馬券構築

特に馬券の参考買目が無い場合には

EZ-WIN予想に打っている印によって

おススメの馬券は、以下の通りとなります。

 

 

複勝・ワイド

3連複は3着に何が飛び込んでくるか

非常に分かりにくいため、どうしても

点数が多くなります。

 

小資金で穴馬を狙われる場合は・・・

 

◎の単勝・複勝

★の複勝

あるいは、ワイドのフォーメーション

◎★ー◎★○▲△(☆)
平均7点購入になります。

 

これらの馬券でお楽しみ頂ければと思いまする。

(拙者もこの馬券を買っております。)

 

 

 

馬連

◎から流し。相手は○▲★☆△

通常は5点になります。

 

3連複フォーメーション

1列目:◎

2列目:○▲★☆△

3列目:印全頭

 

 

 

11日の穴馬傾向

 

 

トレンド血統の精度は、開催1日目が最も高く

日を追うごとに精度が低下しておりますな。

 

これは、開催が進むごとに

徐々に馬場傾向が変化している。

と言う可能性を示しておりましょう。

 

しかしながら、血統面での加点材料は重要で

馬名表記・トレンド血統・血統人気複率(赤、黄)

血統複回率(赤、黄)が付いていた人気薄は、

今週の人気薄好走馬35頭中28頭が該当。

 

つまり、5人気以下で好走した馬の内、

血統面での加点材料が何も記されていなかった馬は7頭のみ。

と言う事になります。

 

 

脚質からわかる事は

・近3走以内に太文字表記がある

・近3走以内に逃げた経験がある

 

相対指数が空欄の人気薄は9頭/35頭で

指数に評価が付いている人気薄の方が好走率が圧倒的に高い。

と言う事でございますな。

 

調教評価が空欄だった人気薄は8頭/35頭で、

相対指数以上に重要度の高いポイントと考えられます。

 

今週は11日中京11Rの315倍が

唯一の万券的中でございました(*_ _)

 

来週は更に多くの人気薄に

重い印を回せるように今週の結果を

参考に努力して参りまする。

 

 

 

10日の穴馬傾向

 

馬名背景色又は赤文字かトレンド血統該当馬 9頭/11頭

調教評価が空欄でないもの 7頭/11頭

脚質の3走以内に太文字がある馬 10頭/11頭

騎手又は調教師に加点材料 8頭/11頭

 

最も多かったのが脚質太文字馬。

全体的に上りの能力を問われる馬場傾向に

なってきていると考えられますな。

 

 

9日の穴馬傾向

 

EZ-WINで見る「穴馬」の傾向を

5番人気以下で馬券になった馬を一覧表にして

その傾向を探ってみました。

 

詳細は↓↓↓クリックでPDFが開きます。

穴馬の法則 21.1.10結果集計「5人気以下」一覧

 

 

 

中山11R G3フェアリーステークス

 

現在の中山芝は、標準的な時計の馬場で

マイルは「米国志向」の強い馬場。

 

年明け以降に行われたマイル戦は

「近走先行(初角5番手以内)経験馬」が穴をあける。

と言う傾向が強く出ておりますな。

 

またその一方で、欧州由来のナスルーラ系である

ネヴァーベント・グレイソヴリン・レッドゴッド

といった血を持つ馬の好走も目立っており、

特にネヴァーヴェンド系持ちは、

8人気1着・14人気1着と激走を見せております。

 

◎3番アトミックフレアは、

父ドゥラメンテ、母父ネヴァーヴェンド系。

 

ドゥラメンテの牝駒は中山マイルの複勝率は5割以上。

無論、トレンド血統に該当致しますな。

 

前走は初角3番手で先行経験もあり、

内枠も有利になりやすいコースでもあります。

 

ブログのレポートにも書きましたが

フェアリーステークスはダート指向の濃い血統馬が

好走するレースでございます。

 

1番ベッラノーヴァは母父が

Dサンデー系ネオユニヴァース。

 

エピファネイア産駒の

「非根幹→根幹距離」

にも該当しております。

 

2番プリティピンクは、

ダートも走るキンシャサノキセキ産駒。

 

母父は米国型ヴァイスリージェント系

クロフネという配合馬。

 

母父クロフネの牝駒は芝適性が高く出る場合もあり、

父キンシャサノキセキも芝G1馬で、産駒の距離実績は

1200mよりも1600mの方が上。

 

ただ、牝馬の場合はスプリント指向が

強くなるので少し評価を下げております。

 

8番テンハッピーローズは父も母父もロベルト系。

 

これが、シンボリクリスエスやブライアンズタイムなら

ダート的な要素が強くなりますが・・・

 

本馬の場合はエピファネイアとタニノギムレット。

「東京2400mのG1馬同士の配合」

という芝ロベルト同士の配合でダート的な要素を

全く持っておりません。

 

ブログのレポートに書いた通り、ここは軽視の方向で。

 

9番ファインルージュはキズナ産駒。

 

キズナの牝駒の5人気以内は

勝率34%、複勝率67%

 

母父には米国型ボールドルーラー系を持っており、

ボールドルーラー持ちはフェアリーステークスの

好走血統でございますな。

 

予想人気は5人気になっておりますが、

前日オッズではルメール人気もあってか2人気ですな。

 

キズナの牝駒で2人気以内は

勝率が40%、複勝率は80%

 

本命候補でしたが、

人気し過ぎで対抗に変更しました。

 

10番シャドウファックスは、

父が米国型フォーティーナイナー系スウェプトオーヴァーボード。

母父がハーツクライと言う配合でございますな。

 

スウェプト×サンデー系の配合は、

G1馬レッドファルクスと同じ。

 

昨年の勝ち馬スマイルカナは

母父フォーティーナイナー系。

 

16年に10人気2着に激走したダイワドレッサーも

母父がスウェプトオーヴァーボード。

 

昨年の2着馬と3着馬は、

どちらもハーツクライ産駒。

 

新年のジュニアカップの1着馬は母父ハーツクライ。

3着馬は父がフォーティーナイナー系。

 

トレンド的にもフェアリーステークス的にも

血統傾向に合致した1頭でございます。

 

 

馬券は・・・

 

馬連フォーメーション5点

3・9-1・3・9・10

 

3連複はフォーメーションで万馬券縛り(100倍未満の買目は除外)

(恐らく31点になります)

馬1】 3番

馬2】 1・2・9・10

馬3】 1・2・5・7・8・9・10・11・12・13・15

 

買目を減らしたい場合は、

【馬2】から2番を外してください。

31点→24点程度に買目が減ります。

 

少額で楽しむなら

単勝3番・複勝3番

または

ワイド流し4点

3番-1・2・9・10

 

 

レース結果

痛恨の◎変更で万馬券エラーm(__)m汗汗汗。。。

1着 ○ 9番 ファインルージュ 3人気

2着 ×15番 ホウオウイクセル 8人気

3着 ★ 1番 ベッラノーヴァ 6人気

3連複は243倍ついておりましたなぁ。。。(*_ _)汗

 

 

中京5R 芝2200m 勝負レース

 

待望の「非根幹距離レース」

本日の勝負レースでございまする。

 

13番はエピファネイア産駒の距離延長。

 

母父も延長ローテ・2200mが得意なディープインパクト。

 

母父ディープのエピファネイア産駒は、

芝2200m・2400mでは

複勝率62.5%で複勝回収率は123%

 

特に2200mは回収率が高く142%

 

つまり全買いで儲かる条件でございます。

 

なので当然ここも買い!

この馬から勝負でございまする。

 

ちなみに、菊花賞でコントレイルを追い詰めた

アリストテレスもこの配合で、このコースを勝っております。

 

大変残念なことに、1人気想定の12番は

母父がマンハッタンカフェ・・・

これは非根幹距離では絶対に切れませぬ。

 

2番はサドラーズ系種牡馬のケープブランコ産駒。

サドラーズ系種牡馬は過去3年で9頭が出走して全滅。

 

3番はゴールドシップ産駒で向いていそうですが

坂の有るコースの2200mは走りませんな。

念の為。程度の押さえで。

 

9番はヴィクトワールピサ産駒でコース適性は低め。

距離延長もよろしくないので、ここは静観します。

 

4番はディープ産駒で延長もいいですな。

 

6番はルーラーシップ産駒で距離延長。

母父がアドマイヤベガで、トニービンの3×4クロスが発生。

 

トニービン産駒の特徴は、

直線の長い坂の有る2200mか

左回りの2200mが得意。

 

中京2200mにトニービン産駒は出ていませんが

左回りで坂の有る中京2200mは恐らく合うはずですな。

 

8番もルーラーシップ産駒の距離延長。

母父トーセンダンスは種牡馬ダンスインザダークの全兄弟。

 

初めての距離への延長が得意で菊花賞血統と呼ばれた

ダンスインザダークと同じ個性を持つ可能性が有りますな。

 

11番はハーツクライの距離延長。

前走以上も普通にありそうでございます。

 

14番はノヴェリスト産駒。

母父がダンスインザダークで距離延長は合いそう。

 

過去3年でノヴェリスト産駒は4頭しか出走しておりませんが

そのうち2頭が3着以内。要注意血統でございます。

 

15番はブラックタイド産駒。

コース適性はありますが、距離延長は

母父が米国型ミスプロ系で少し不安材料でございます。

 

しかしながら人気に比べて

能力が高いので押さえておきます。

 

 

 

中京9R ダ1400m

 

前が速くなりそうなメンツで

上りタイムメンバー最高の4番にチャンス到来。

年明け以降の当コースはヘニーヒューズ産駒馬場。

前が止まれば飛んでくるのはコイツか1番。

 

その1番は連闘が吉とでるか凶と出るか?

 

16番は母父インリアリティ系で、

これは距離短縮で末脚の破壊力が上がる血統。

 

15番も上り鋭く、昇級2戦目で前進なるか?

 

2番は軽い馬場か緩い流れで好走するタイプ。

今回はちょっとピンチ。

 

 

 

 

中山10R 芝2200m 注目レース

 

中山芝2200mのトレンド血統は

ディープ系・ルーラシップ・グレイソヴリン・ロベルト

該当馬は「レシピ欄」に「トレ」で記載しています。

 

3人気予想の4番はゴールドシップ産駒。

まずは距離短縮が不安。

さらに坂の有るコースの2200mでは必ず苦戦。

11頭が出走して馬券絡みゼロ。

母父ボールドルーラー系も今の馬場に合いませんな。

カモネギのゴールドシップでございましょう。

 

5番クラヴェルはエピファネイア産駒の延長ローテ。

トレンド該当馬でもあり、アホの一つ覚えですが

この馬が本命でございます。

 

6番はオルフェーヴル産駒の距離延長。

前走1800mからの延長では半分が馬券になっており

それも下位人気馬ばかりという美味なるパターン。

積極的に狙っていきたい1頭でございまする。

ただ、鞍上が乗り慣れている武史殿から一気の弱化・・・

乗り難しさもある馬なので、ちょっと残念でございますな。

 

10番はルーラーシップ産駒の「短縮以外」に該当。

近2走は休み明けで3走前は距離短縮。

間隔を詰めて使う方が走るタイプで、鞍上も強化。

トレンド血統の恩恵と合わせて好走に期待。

 

12番は長期休養明けで、どこまでやれるか?ですが、

地力上位で、コース実績、距離ローテ実績もあり

押さえておきまする。

 

16番はハーツクライの大幅距離短縮であまり良くない上に

母父APインディ系と言うのも、上位人気馬しか走らない配合。

 

 

 

中京10R 寿S

 

パラスアテナは明け4歳牝馬でトップハンデタイ。

 

昨年はキングカメハメハ系が大暴れでしたが

年が明けると一転してサンデー系の馬場に様変わり。

 

昨年なら本命でしたが、すでに流行おくれのキンカメ系。

 

父譲りの勝ち味の遅さも考慮して、

ここは連対無しでお願いします(*_ _)

 

11番はディープ×米国型APインディ系の配合で

直線の長いコースでもトップスピードの持続力を活かせる血統。

 

能力的にも上位2頭と遜色なく、パラスよりも上に取ります。

 

12番は中京コースでも実績あり。

長期の休み明けで頑張った前走の反動は気になりますが

ノーザンファームに短期放牧でメンテナンス済み。

 

馬券は馬連1点。

単勝11番を少々。

 

 

 

 

中京11R すばるS 3万馬券的中

 

印を付け忘れましたが・・・(*_ _)

10番トップウイナーは△です。

 

中京のダートは良馬場でも軽い方で

芝志向の血統が走りやすい馬場のようですな。

 

具体的にはロードカナロアやストームバード系

ヴァイスリージェント系、APインディ系、サンデー系。

 

コテコテの米国型ミスプロ系は

やや、鳴りを潜めております。

 

12番は米国型ミスプロ系ですが、

芝適性が高く軽い馬場に向くエンパイアメーカー産駒。

そして母父にヘイロー系という芝志向のある配合。

 

11番はダイワメジャー産駒で、

川田殿×ゴドルフィンのコンビは圏外無し。

 

13番もダイワメジャー産駒。

母父ゴーンウエストは芝の母系からスピードアップの血。

 

14番はヴァイスリージェント系を持つ

APインディ系種牡馬シニスターミニスター産駒。

 

レース結果

1着 × 7番 テイエムサウスダン(5人気)

2着 ★13番 アヴァンティスト(7人気)

3着 ◎12番 ハーグリーブス(9人気)

3連複3万1520円的中

 

 

中京12R 芝1600m

 

中京芝1600mは近走先行経験馬か

近走上り上位の距離延長馬が好走。

 

特に内枠の有利傾向が強く、

穴馬は内枠の近走先行経験馬から。

 

1番は未勝利を卒業できずに出走した1勝クラスで勝利。

つまり現級勝ちの降級馬のような懐かしい戦績。

 

3番はエピファネイア産駒。

ロベルト系が恵まれやすい馬場状態で近走先行経験馬・・・

なのですが、溜める競馬を目指しているようなコメントが・・・

そして長期休養明けの社台ファーム生産馬。

鞍上が和田殿に戻るなら狙いたかったのですが

今回は押さえ評価で。

 

6番はサドラーズ系種牡馬ローエングリン産駒。

直近の当コースでサドラーズウェルズ持ちが団体で走っており

能力高く、内枠の先行経験馬。

 

 

今週はこれにて(*_ _)御免!

 

くまもん

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!