シンザン記念2021 今年は中京開催。フェアリーステークスの好走血統とは?

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

 

 

 

 

今年のシンザン記念は中京開催。

中京芝1600mの好走血統とトレンド血統。

そして傾向に該当する注目穴馬は?。

 

また、月曜中山で行われる

「G3フェアリーステークス(芝1600m)」の

好走血統の分析結果から導き出される

「危険な人気馬」

についても紐解いて参りたいと存じまする。

 

 

お土産・お取寄せならJTBショッピング

 

 

 

G3シンザン記念2021

 

通常は京都芝1600mで行われる

3歳重賞「G3シンザン記念」でございますが

今年は京都競馬場の改修工事の為、

中京開催となりますな。

 

右回りから左回りへ。

直線平坦から急坂のあるコースへ。

 

当然ながらシンザン記念の過去傾向は

当てに出来なくなり、そうなりますと

頼りは血統傾向という事になりましょう。

 

それでは早速、中京芝1600mの

血統傾向をチェックして参りましょう。

 

【過去3年種牡馬別データ】

 

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 20- 11- 22- 78/131 15.3% 23.7% 40.5%
ハーツクライ 8- 5- 6- 42/ 61 13.1% 21.3% 31.1%
キングカメハメハ 4- 5- 5- 21/ 35 11.4% 25.7% 40.0%
ルーラーシップ 2- 4- 3- 44/ 53 3.8% 11.3% 17.0%
キズナ 2- 2- 4- 13/ 21 9.5% 19.0% 38.1%
スクリーンヒーロー 2- 2- 0- 17/ 21 9.5% 19.0% 19.0%
クロフネ 2- 1- 0- 12/ 15 13.3% 20.0% 20.0%
ヴィクトワールピサ 1- 2- 3- 21/ 27 3.7% 11.1% 22.2%
モーリス 0- 3- 2- 4/ 9 0.0% 33.3% 55.6%
マツリダゴッホ 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
ドゥラメンテ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
リーチザクラウン 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

集計期間:2018. 1.14 ~ 2021. 1. 5

 

【昨年9月以降】

 

 

 

 

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4- 0- 5-16/25 16.0% 16.0% 36.0%
キズナ 2- 1- 3- 5/11 18.2% 27.3% 54.5%
ハーツクライ 2- 1- 0- 7/10 20.0% 30.0% 30.0%
キングカメハメハ 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
クロフネ 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
モーリス 0- 3- 2- 4/ 9 0.0% 33.3% 55.6%
ヴィクトワールピサ 0- 0- 3- 5/ 8 0.0% 0.0% 37.5%
ルーラーシップ 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
スクリーンヒーロー 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
ドゥラメンテ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
マツリダゴッホ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

集計期間:2020. 9.12 ~ 2021. 1. 5

 

デイープインパクトやハーツクライ

キングカメハメハなどの主流種牡馬の成績は

大きな差は出ておりませんが・・・

 

キズナ産駒とクロフネ産駒の上昇ぶりが

目を引きますなぁ。

 

キズナ産駒に関して言えば、

この好走率の底上げは、全て「現3歳世代」

によるものでございます。

 

つまり、キズナの配合パターンと

育成方法に、早くも正解パターンが

確立されてきた。という事でございますな。

 

クロフネ産駒はデータ数が乏しいものの、

この上昇ぶりについては、母系に秘密が

ございました。

 

それは・・・

 

母父「ディープインパクト」

 

このブレイクぶりはもの凄まじく

以下の通りの成績となっております。

 

 

【母父ディープインパクト コース成績】

母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 2- 4- 1- 3/10 20.0% 60.0% 70.0%

集計期間:2020. 9.12 ~ 2021. 1. 

 

ご覧の通り、母父にディープインパクトを

持つ馬は、10頭が出走して7頭が馬券絡み。

 

キズナ産駒も母父ディープインパクトも

どちらも「ディープの孫」でございますな。

 

世代を経ても、その影響力は強烈で、

ディープインパクトの偉大さを

改めて認識させられるところでございます。

 

今年の登録馬で「ディープの孫」に当たるのは

以下の6頭でございますな。

 

・ククナ

・セラフィナイト

・ダディーズビビッド

・バスラットレオン

・マリアエレーナ

・ルークズネスト

 

そして、今の中京芝1600mの

好走に繋がる「キー血統」は米国型血統や

スプリント適性の高い血。でございまする。

 

上記の6頭の内、これに該当するのは

 

・ダディーズビビッド

 

父のキズナは母父米国型ストームキャット。

本馬の母父は米国型ヴァイスリージェント系。

 

近親には、種牡馬アドマイヤムーンを筆頭に、

若駒重賞で2度連対したメイショウショウブ。

弥生賞2着のブレイなど若駒重賞活躍馬が

複数出ておる牝系でございますな。

 

 

・マリアエレーナ

 

父はクロフネ(米国型ヴァイスリージェント系)

母父がディープインパクト。

 

クロフネの牝駒は芝のスプリント適性が高く、

また、G1でも活躍する馬が多いですな。

 

牝系はブロードアピールの牝系で

ブロードアピールは芝ダートを問わず

短距離路線の重賞活躍馬でございます。

 

また、ブロードアピールもそうでしたが、

母のテンダリーヴォイスも厳寒期に強く、

テンダリーヴォイスはG3フェアリーSの

3着馬でございますな。

 

 

ダディーズビビッドの方は、

ある程度人気になりそうな気配ですが・・・

 

マリアエレーナは鞍上も地味で厩舎も地味。

生産も、昔はスペシャルウィークを出したものの

近年は非常に地味な日高の牧場。

 

前走で未勝利を勝ち上がったばかりでもあり、

あまり人気にはならぬようでございますな(´艸`*)

 

シンザン記念2021年の注目穴馬は

マリアエレーナでございまする。

 

 

 

フェアリーステークス2021

 

フェアリーSの血統傾向は

「ダート血統を持たぬ人気馬は飛ぶ」

でございます。

 

基本的に1番人気が激弱のレースでありますが

2012年以降で馬券になった1人気は

・アエロリット(父クロフネ)

・オメガハートロック(父ネオユニヴァース)

この2頭だけでございますな。

 

クロフネはダートG1馬。

ネオユニヴァースは産駒のダート成績が

非常に優れたDサンデー系種牡馬。

 

 

昨年の「フェアリーステークス重賞レポート

にも書きましたが、このレースは

「ダート1800m」を予想する。」

と言うスタンスぐらいが丁度よいレース。

 

過去には完全なダート種牡馬である

パイロやヴァーミリアンの産駒が優勝しており

ネオユニヴァース産駒も優勝。

 

今年のフェアリーステークスで、

恐らくは上位人気に支持されそうな馬の中に

欧州指向のカタマリのような、ダート色ゼロの

馬が含まれておりますな。

 

※※※※※※

馬名はこちらに書いておきます。

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

 

フェアリーSの注目穴馬

 

フェアリーSの注目穴馬は

無料メルマガでお伝え致します。

 

無料メルマガにご登録されますと

「バックナンバー」から見逃した

配信内容をご確認頂けます。

↓↓↓

 

 

# シンザン記念

# フェアリーステークス

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!