桜花賞回顧

いつもブログランキングに

助太刀を賜り誠に有難き幸せ。

本日もブログランキングの

順位UPに何卒お力を(*_ _)

中央競馬カテゴリー
現在20位前後

血統理論カテゴリー
現在1位 (*_ _)有難き幸せ

↓↓↓


中央競馬ランキング

 

 

 

 

桜花賞回顧

 

令和最初の桜花賞を制したのは、

新種牡馬エピファネイア産駒の

デアリングタクト。

 

キャリア僅か3戦目の

無敗の女王が誕生いたしました。

 

 

 

レース結果

 

レースを引っ張ったのは

➂スマイルカナ

ペースは前半4F(800m)の

ラップタイムが、後半4Fよりも

3秒以上速いハイペース。

 

レースのペースと

ラップパターンを数値化した

RP指数は「41」という

マイル戦ではあまりお目に掛かれない

数値の小ささで、これが示すのは

「ラストのバテ度合いの高い消耗戦」

であったという事でございますな。

※RP指数の説明は

↓↓↓

クリックして下され

 

 

勝ったデアリングタクトは

父が持久力の高いロベルト系の

エピファネイア。

 

産駒の重賞勝ちは

これが初となりますが

初年度産駒がいきなり

クラシック制覇。

 

今後も楽しみな種牡馬ですな。

 

2着のレシステンシアは、

最後はバテてしまっておりました。

やはり重い馬場でハイペースを

2番手で追走したのがこたえた

のでございましょう。

 

 

3着のスマイルカナは、

無料メルマガで穴馬推奨

しておったのですが・・・

↓↓↓ クリックで見れます

メルマガバックナンバー

 

内枠が不利な桜花賞。

という事で割り引いてしまい

本命に出来ませなんだ(>_<)

 

血統はディープ×米国ミスプロ

さらに母父にも米国型という配合。

 

アメリカの競馬は、

テンからガンガン飛ばして

スピードの持続力比べをする。

という競技でございます。

 

そう言う環境で育まれ、

鍛え上げられた遺伝子は

今年の桜花賞のような

タフな流れでこその遺伝子。

 

で、拙者の本命は

クラヴァシュドールでした。

↓↓↓

2020 桜花賞 EZ-WIN予想

 

結果は4着( ̄▽ ̄;

 

最後は上位争いに加わりましたが、

想像以上に馬場が悪化しており、

内ラチ沿いの一番伸びないトコを

走っておりました・・・

 

レシステンシアがもっとバッタリ

止まる事に期待しておったのですが

やっぱり強い馬ですなぁ・・・

 

 

さて、

今週は牡馬クラシック

皐月賞でございます。

 

ブログでもG1レポートを

公開致しますが、火曜日の

朝のメルマガで、穴馬候補を

ご案内致しまする。

 

まだ無料メルマガに

ご登録の無い方は、

遠慮なくご登録を。

↓↓↓

※重要※

携帯メールでご登録の場合は、

あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com

からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

登録完了後、すぐに折り返し

ご登録御礼メールが届きます。

 

もし御礼メールが届かない場合は、

迷惑メールフォルダをご確認頂き、

迷惑メールに振り分けられておりましたら、

「迷惑メールではない」として頂きまして、

受信フォルダに移動させて下さいませ(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールマガジンに記載の

「解除フォーム」から1クリックで

一発解除が可能です。

 

もし、お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに

結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

↓↓↓

 

 

# 桜花賞結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!