中山芝2000mコース攻略ガイド

いつもブログランキングに

助太刀を賜り誠に有難き幸せ。

本日もブログランキング

順位UPに何卒お力を(*_ _)

↓↓↓

 

中山芝2000mコース攻略ガイド

中山芝2000mの特徴を、

直近1年間に開催された60レースの3着以内馬

180頭について、血統傾向・近3走の脚質傾向

馬番傾向・騎手の巧拙に関して、徹底解剖します。

本当に狙うべき馬を、とことん追求する

馬券で勝つ為のコース攻略ガイドです。

コースの概要

春のクラシック「皐月賞」の舞台。

スタートから第1コーナーまでの距離は405mと長め。

スタート後すぐに上り坂になるものの、

2F目(200m~400m)の平坦部分で

若干のポジション争いが起きるのが一般的。

ただ、すぐにまた急坂に入るので、

それほど前半のペースは上がらず、

ほぼ全てのクラスで前半よりも

後半のラップタイムが速い、いわゆる

「後傾ラップ」となるのが通常のパターン。

最後の直線が短い「小回りコース」の部類に入るので、

4角最後方からの直線一気というような追込み脚質よりも、

基本的には先行有利なコース。

器用さの有る馬に、マクリ差しが得意な騎手が乗ると、

3~4コーナーでスルスルとポジションを上げ、

4コーナーでは好位に付けて、しまいの脚を伸ばしてくる。

というのもよく見かける光景です。

スタート直後と、4コーナーを回ってからの

合計2回の急坂登りが有るので、スピードと

スタミナの両方を求められる非常にタフなコース。

9月開催の芝コースは、新潟や夏の小倉同様に

「野芝のみ」で開催されるため、決着時計が速くなる傾向があり、

高速馬場適性にも配慮しておきたいところです。

また、9月開催では「前走北海道惨敗組」が

洋芝⇒野芝替りで一変するケースも多く要注意。

さらに、新潟・小倉の夏競馬で好走していた馬は、

人気薄でも「野芝適性」で激走するケースがあるので、

こちらも気を付けておきたいポイントです。

また、脚質的にも、9月開催は前残りに要注意。

これは、軽い野芝で前に行った馬がバテずに残るパターン。

通年で見れば、上りの速い馬が強いコースですが、

9月の野芝開催では「先行力だけが売り」と言うタイプでも

馬券になりやすく、特に下級条件では先行馬に注意が必要です。

血統傾向

好走馬の血統傾向を

・父

。母の父

・4L系統 ⇒ 詳細はコチラをクリック

について分析しました。

父の傾向

父の傾向を大まかに分類すると・・・

サンデー系 111頭

ミスプロ系  38頭

ノーザンD系 23頭

サンデー系の分類では、

Tサンデー系 68頭

ディープ系  29頭

と、ほぼこの2系統が占めています。

(サンデー系の分類については⇒からどうぞ)

ミスプロ系の場合は、キングマンボ系

38頭中28頭と圧倒的。

なかでもルーラーシップ産駒は28頭中16頭と

キングマンボ系の半数以上をを占める好相性ぶり。

ノーザンダンサー系では、「ハービンジャー」

23頭中15頭と圧倒的なトップ種牡馬。

このコースでは、

Tサンデー系

ディープ系

ルーラーシップ

ハービンジャー

この辺りを中心に考えれば、

大きく外すことは無さそうな印象です。

母の父

父×母父の組合せでは、

Tサンデー×欧州型ノーザンD系

この組み合わせが圧倒的な好走率を誇ります。

また、ディープ系を父に持つ場合、

母の父は「米国型ノーザンD系」

「ロベルト系」という組み合わせがベストな配合です。

キングマンボ系の黄金配合

ルーラーシップ×サンデー系 11頭/16頭

ノーザンダンサー系の黄金配合

ハービンジャー×サンデー系 11頭/15頭

4L系統

4L系統で重要なポジションを担うのが

「ナスルーラ系の血」

両親にナスルーラ系を持たない馬で、

祖母がナスルーラ系という馬が90頭/180頭

つまり半数を占める重要な血と言えそうです。

さらに、両親のどちらかがナスルーラ系

という馬を含めれば 108頭/180頭と、

サンデー系に迫る勢いです。

ナスルーラをさらに絞り込めば、

グレイソヴリンの血を持つ馬が 56頭/108頭

軸に迷ったら、4L系統に「グレイソヴリン系」

を持つ方を選ぶ。というのもアリではないでしょうか。

脚質傾向

まずは・・・

冒頭でお伝えしたように、

9月開催の中山芝コースは「野芝」開催です。

これからお伝えする「脚質傾向」は、

通年の実績を元にしたものです。

なので、9月開催では、

「前残り」に十分注意なさって頂けますよう、

あらためてお願い致します。

それでは始めましょう。

この集計結果は、新馬戦・未出走馬の計24頭を

集計から除外し、馬券に絡んだ馬「合計156頭」の

直近3走における脚質を元にしています。

直近3走以内に、次の条件を満たした馬の頭数は・・・

① 上り3Fタイム順位3位以上の実績が有った馬。

  68頭

② 最初のコーナーを5番手以内で通過し、なおかつ

  上り3Fタイム順位5位以上の実績が有った馬。

  47頭

③ ①と②の両方の実績が有った馬。

  30頭

④ ①~③の条件に該当しなかった馬

  11頭

9月開催の下級条件戦(未勝利・500万)では、

条件②と条件④が中心です。

重賞やOP特別・準OPクラスになると

条件①の該当馬が、4角最後方から

ゴール前で一気に突き抜ける事もあります。

馬番傾向

馬番1~6番    91頭

馬番7番~12番  66頭

馬番13番~    23頭

小頭数開催などの影響も

考慮しなければならないとは思いますが、

真中よりも内寄りの方が成績がいい傾向だと

考えて良いと思います。

騎手(近3年の成績)

※騎乗機会が15回以上あった騎手について掲載しています。

ルメール騎手が勝率・複勝率共にトップ。

単勝率37%  単勝回収率113%

複勝率66%  複勝回収率 96%

複勝率 50%以上

Mデムーロ騎手

複勝率40%以上

川田騎手

福永騎手

田辺騎手

複勝率35%以上

戸崎騎手

黒字回収騎手

丸山元気騎手

単勝率10% 単勝回収率820%

複勝率23% 複勝回収率189%

血統馬券レシピ

1.

条件① ルーラーシップ産駒

条件② 一桁馬番

以上の条件を満たした場合

複勝率55% 複勝回収率160%

2.

条件① 柴山雄一騎手が騎乗

条件② 2ケタ馬番

以上の条件を満たした場合

単勝率20% 単勝回収率508%

複勝率33% 複勝回収率165%

3.

条件① ステイゴールド産駒

条件② 前走馬体重470㌔以上

以上の条件を満たした場合

複勝率49% 複勝回収率168%

以上が「中山芝2000mコース攻略ガイド」です。

よろしければブログランキングに

助太刀をおたの申しまするm(_ _)m

   ↓↓↓

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!