先週の回顧とレシピ該当馬成績

先週は夏競馬の最終週でございました。

 

開催された重賞は3鞍。

その3鞍を含め、無料メルマガで配信した

EZ-WIN全23鞍の結果と、EZ-WIN記載の

「血統馬券レシピ該当馬」の成績を振り返ります。

 

EZ-WIN結果集計

EZ-WINの総合評価1位馬の単複各1点と、

1位から3位馬の馬連・ワイド3頭ボックス各3点、

1位から4位馬の3連複4頭ボックス4点の

合計12点を、各100円ずつ購入した場合の

集計結果は以下の通りでございました。

↓↓↓

8/31,9/1 1位馬複率 単勝 複勝 馬連 ワイド 3連複 配当合計
土曜日計 54.50% 1370 1730 13410 9540 23610 49660
日曜日計 41.70% 1600 870 0 1010 0 3480
週合計 47.80% 2970 2600 13410 10550 23610 53140
回収率 129.1% 113.0% 194.3% 152.9% 256.6% 192.5%

土曜日に、馬連120倍、3連複200倍が的中。

 

全ての馬券種で、土日通算プラス回収を達成出来ましてございます。

 

EZ-WIN全23鞍と結果ファイルは

↓↓↓クリックでExcelファイルが見られます

EZ-WIN 2019.08.31-09.01

 

 

血統馬券レシピ該当馬の結果

当該コースのデータから、一定の条件を満たす馬の

単複馬券を買い続ければ、高確率でプラス収支が見込める。

という特定の条件を探り出し、その「条件」を満たした馬を

ピックアップしてお届けするのが「血統馬券レシピ」

 

そのレシピ該当馬の単勝・複勝をすべて均等買いした場合の

回収率成績一覧が下記の表でございます。

↓↓↓

  レシピ該当馬 複勝率 単勝 複勝 配当計
土曜計 20頭 45% 3680 1890 5570
日曜計 19頭 31.6% 2900 1340 4240
週合計 39頭 38.50% 6580 3230 9810
回収率 168.7% 82.8% 125.8%

 

レシピ該当馬の成績集計ファイル

↓↓↓

EZ-WIN 2019.08.31-09.01

 

 

G3 札幌2歳S 回顧

前走で飛び抜けた補正タイム指数をマークして、

圧倒的1番人気に支持された⑩ゴルコンダが

まさかの6着敗退。

 

勝ったのは「血統馬券レシピ」該当馬の

5番人気⑥ブラックホールでございました。

 

そのレシピ内容は・・・

 

条件1:札幌芝1800m

条件2:2歳戦

条件3:母父キングマンボ系

条件4:父Tサンデー系

 

条件該当馬成績

勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
33.3% 33.3% 50.0% 366 135

集計期間:2014. 7.27 ~ 2019. 8.18

 

2着のサトノゴールドは、勝ち馬の

ブラックホールと同じゴールドシップ産駒。

 

ゴールドシップのファーストクロップ(初年度産駒)が

いきなり重賞でワンツーフィニッシュを決めましたな。

 

レース回顧

1番人気のゴルコンダは、スタートで大きくつまずき

後方からの競馬となってしまいました。

 

レースのペースはRP指数48というハイペース。

 

ゴルコンダは、このハイペースを向こう正面で

追い上げて遅れを取り戻しにかかりましたが、

道中でしんがりを追走していたサトノゴールドの

追込みが決まる流れであった事を考えますれば、

結果的にこれが仇となった印象でございますな。

 

3着争いは、タイム差無しの3頭激戦。

これを制したのは、インを回り続けて

ロスの無い競馬が出来た①ダーリントンホール。

 

次走以降の注目馬

早めに2番手に上がっていた、レシピ該当馬の

④ヨハネスボーイは、レースのペースを考えると

先行総崩れの流れをよく頑張ったと申せましょう。

 

もう1頭のレシピ該当馬レザネフォールは、

4角で馬群に包まれ、外に切り替えようとしたところを

勝ち馬に外からフタをされてしまい、追い出しが遅れる不利。

 

それでも上り3F順位は3位で、惜しい競馬でございました。

 

 

G3小倉2歳S 回顧

血統馬券レシピ該当馬で、展望レポートでも

取り上げていた⑩マイネルグリットが、RP指数41.6

という超ハイペースを先行して押し切り勝ち。

 

他の先行勢は総崩れで、

後方待機の2頭の追込み馬が2着・3着。

 

 

レース回顧

スタート直後の先行争いが長引き、

さらに、②テーオーマルクスと⑥ヒバリが

互いに譲らず、4角入り口まで競り合う展開。

 

ヒバリの方は早々に脚が上がり大きく後退。

 

1番人気のカイルアコナも、この激しい逃げ争いに

着いて行くカタチとなり、最後は息切れ。

 

直線入り口で、カイルアコナと馬体を併せた

⑩マイネルグリットは、最後まで脚色が衰えず、

上り最速で追込んで来た⑤トリプルエースを

クビ差押さえてゴールに飛び込み優勝。

 

3着には、トリプルエースと同じく

上り最速で追込んだ➂ラウダシオン。

 

次走以降注目馬

テーオーマルクスは、ヒバリに終始絡まれ、

1番人気馬に直後からプレッシャーを掛けられる

非常に厳しい展開の中、大きく崩れず0秒3差6着と、

着順以上に強い競馬でございました。

 

ヒバリの方は、直線ではすでにレースを終えとりましたが、

逃げ馬は息が上がれば大敗するが常識で、ペースが合えば

巻き返すのも常識でございましょう。

 

 

G3新潟記念 回顧

EZ-WIN評価1位の⑦ユーキャンスマイルが優勝。

2着には、展望レポートで注目馬に押していた⑤ジナンボ―

3着には、2000m重賞で複数回好走歴のある⑥カデナ

 

ユーキャンスマイルは、3000m級のレースから

一気の距離短縮を不安視されていたようで、

過小評価の美味しいオッズでございました。

 

ユーキャンスマイルの母ムードインディゴは、

1800mと2000mで3連対しており、

そのうちの2000mはG1秋華賞でのもの。

 

父キングカメハメハの産駒の距離適性は

芝の場合、2000mが獲得賞金シェア1位。

 

血統的には2000mへの短縮はプラス材料。

 

2着のジナンボ―は、展望レポートでも書きましたが、

父ディープインパクト×母アパパネという「12冠配合」

 

新馬勝ちの後、14ケ月のブランクが有り、

キャリアは今回でわずか7戦目という浅さ。

 

超良血馬が本格化の兆しを見せて参りましたなぁ。

 

レース回顧

レースの主導権はブラックスピネルで、

RP指数は53.5というミドルペース。

 

馬の能力や適性が、そのまま結果に反映されやすい

ペースで展開し、同じ勝負服の2頭、ユーキャンスマイルと

ジナンボ―が3着以下を引き離す激しい叩き合いのままゴール。

 

ハンデ差+3キロを背負ったユーキャンスマイルが先着。

 

次走以降注目馬

 

1着ユーキャンスマイル、3着カデナ、6着ショウナンバッハ

の3頭が、上り最速タイの3F33秒6をマーク。

 

逃げたブラックスピネルは、ハンデ57キロを背負いながらも

11番人気の低評価をくつがえして4着に粘り込み。

 

カデナは、2000mのG3では必ず買うべき1頭。

 

ショウナンバッハは、

さすがに重賞では足りなくなってきておる印象ながら、

左回りのOP特別程度なら、まだまだやれそうな気配。

 

 

ブラックスピネルは、

・距離短縮

・マイペース逃げ

・良馬場

この条件が噛み合うならば買うべきでございましょうな。

 

 

さて、今週から中央場所に開催が替わり、

中山・阪神の2場開催となりますな。

 

重賞は・・・

土曜中山 G3紫苑S(秋華賞トライアル)

日曜中山 G3京成杯オータムハンデ

日曜阪神 G2セントウルS

 

今週も展望レポートを書いて参りますれば

またのお立ち寄りを(*_ _)

 

無料メルマガでは、今週も土日9Rから最終レースの

全16鞍分のEZ-WINを無料配信致します。

 

勿論、血統馬券レシピ該当馬も掲載いたしますれば、

お気軽にメルマガ登録を(*_ _)⇒ ココをクリック

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!