G3関屋記念 レシピ公開

今日は日曜新潟11Rのサマーマイルシリーズ

G3関屋記念について分析を進める予定でございましたが、

特別登録馬が多く、除外馬が多数出ますので、

細かな分析は明日木曜の夜に(*_ _)

 

ここでは、レシピ該当馬の単勝馬券や

複勝馬券を黙って買い続ければ儲かる。

という「馬券のレシピ」を先に公開しておきましょう。

 

データは過去10年の関屋記念から抽出。

 

 

ノーザンファーム生産馬で手堅く儲ける

 

ノーザンファームの生産馬は、

基本的に人気になりますが・・・

レース間隔を開けて調整された馬には妙味がありますな。

 

10年間で関屋記念に出走した

ノーザンファーム生産馬の成績は

生産者 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファーム 3- 3- 6-23/35 8.6% 17.1% 34.3% 37 106

集計期間:2009. 8. 9 ~ 2018. 8.12

 

 

 

これにほんの少し条件を付け足しますと

・レシピ条件

条件1.ノーザンファーム生産馬

条件2.レース間隔が10週以上25週以内

該当馬の成績は

↓↓↓

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
10~25週 2- 0- 4- 5/11 18.2% 18.2% 54.5% 62 194

集計期間:2009. 8. 9 ~ 2018. 8.12

 

しかも、この条件該当馬だけで、

過去10年間にノーザンファーム生産馬が

関屋記念で稼いだ賞金の50%を稼ぎ出しておりますな。

 

 

今年のレシピ該当馬

・ケイデンスコール

・サンマルティン

・ヤングマンパワー

この3頭がレシピ該当馬となりまする。

 

ケイデンスコールは、

当コースの複勝率ナンバーワン種牡馬

ロードカナロア産駒で、同舞台の重賞

G3新潟2歳Sの勝ち馬でございますな。

普通に人気しそうで面白みに欠けますなぁ・・・

 

ちょっと面白そうなのが

・サンマルティン

この馬は、デビュー以来出遅れまくりの気性難で、

4歳の春に、ついに玉抜きの儀式を受け申した。

 

セン馬となって以来、まさに破竹の勢いで、

G3小倉記念でも2着連対するなど、

さすがセン馬が強いダンチヒ系種牡馬産駒。

と言ったおもむきでございますな。

 

近走は成績が安定しませぬが、

セン馬となって以来初めてのマイル戦。

 

本馬は新潟マイルで新馬勝ちを収めており、

加齢による衰え方が穏やかになるセン馬でありますれば、

7歳とは言え完全無視はいささか危険であるやも知れませぬなぁ。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!