G3ラジオNIKKEI賞

 

3歳重賞ラジオニッケイ賞を、

血統とラップ指数(加速指数)から予想して参ります。

 

基本的には東京で勝ち負けできないタイプ。

つまり「非主流血統馬」が良く走るレース。

 

今年の穴馬はコヤツでございます。

馬券を買う前にチェックなされませ(*_ _)

 

血統評価と加速指数(ラップ指数)

斤量補正は、他馬との比較で補正するのではなく、

加速指数を算出したレースで、自身が背負っていた斤量と、

今回背負う斤量の差を反映させております。

 

補正前・補正後ともに、

⑤ディキシーナイト

⑨ヒシイグアス

⑭ブレイキングドーン

この3頭は共通加速指数が飛び抜けておりますな。

 

そして3頭ともに血統評価が高く、

もうこの3頭でええんちゃうん?(゜-゜)

とか無精者の血が騒ぎますが・・・

 

 

血統・近親で選ぶ

 

ディキシーナイトの不安材料は、

父がダイワメジャーである事。

 

ダイワメジャー産駒は、このレースに過去13頭が出走し、

馬券になったのは1頭のみ。というありさまですな。

 

その1頭の母系は、

サドラーズウエルズ系×レッドゴッド系

という配合で、ディキシーナイトも、

ちょっと似てますが、ちょっと違います。

 

サンデー系×ノーザンダンサー系×ナスルーラ系

という「大系統」で見れば同じですが・・・

 

ダイワメジャーに限らず、ハーツクライ産駒も

このレースには4頭が出て1頭が馬券になっとりますが、

やはり母系にレッドゴッド系の文字が刻まれておりました。

 

 

そのハーツ産駒ヒシイグアスは、

母母父がレッドゴッド系。

 

一族は東京よりも中山・札幌と言った、

直線の短いコースが得意。

 

これは人気でも蹴れませんな・・・。

 

ブレイキングドーンは、

母系の底にトニービン系。

 

欧州血統で固めた母系に父がヴィクトワールピサ。

いかにもダービーに向かなさそうな血統構成で、

牝系ファミリーは1800mの専門家揃い。

 

ファミリーが稼いだ賞金の1/3は

芝1800m戦で稼いでおる一族でございますな。

 

まさに非主流の鏡でございましょう。

 

そしてもう1頭。

サンデー系×欧州ノーザンダンサー系×ナスルーラ系

という黄金配合をもちながら加速指数も上位という馬が。

↓↓↓

⑬ゴータイミング

牝系ファミリーは、芝1400mで賞金の半分を

稼いでおる「非根幹距離」の専門家一族ですな。

 

1800mにも適性はありますが、

ちょっと成績が落ちるのが残念なところでございます。

 

とはいえ、ディープ×サドラーズ×ネヴァーベンド

という配合は非常に魅力的でございますれば、

馬券には必ず入れておきたい1頭。

 

さらに・・・

当レースの2着馬ウインガナドルを半兄に持つ

ヒルノダカールも馬券からは外せますまい。

 

ラップで選ぶ

 

加速指数の算定レースのラップパターンと、

ラジオニッケイ賞の過去のラップ傾向を比較して、

同じようなペースのレースで、高い加速指数を

マークしていた馬をピックアップしますと・・・

2 マイネルサーパス 105 98.2
5 ディキシーナイト 101.6 109
6 ブレイブメジャー 105 100.0
9 ヒシイグアス 104 109.0
14 ブレイキングドーン 102.1 106
16 アドマイヤスコール 105 99.9

この6頭から勝ち馬が出ると思われまする。

 

まとめます

  1 ギルマ
2 マイネルサーパス
  3 ダディーズマインド
  4 ポルーニン
5 ディキシーナイト
  6 ブレイブメジャー
× 7 インテンスライト
  8 サヴォワールエメ
9 ヒシイグアス
  10 レッドアネモス
11 ヒルノダカール
  12 ウインゼノビア
13 ゴータイミング
14 ブレイキングドーン
15 ランスオブプラーナ
× 16 アドマイヤスコール

1番人気に◎は嫌ですが・・・

正直なところ、こんな感じでございます。

 

それでは良い競馬を。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!