重賞展望 函館SS-2

とにかく荒れる函館スプリントステークス。

 

今夜は先日のレポート1に続きまして、

「穴馬探し」をテーマに進めて参ります。

 

まずは血統評価と加速指数から見て参りますれば、

御用とお急ぎでない方は、しばしお付き合いを(*_ _)

 

出走登録馬の血統評価

 

今年の登録メンバーの「父評価」と「配合評価」

さらに1年以内の1200m戦の最上パフォーマンスを

発揮したレースにおける「加速指数」も含めまして

以下の通り一覧にまとめてございます。

 

なお、父評価欄の「小」が付く評価は、

その種牡馬自体の出走機会数が少なく、

正確な評価が出来ないので「小系統」として見た成績です。

 

このレースは、毎年3歳馬の馬券絡みが非常に多く、

今年も3歳馬が気になるところ。

 

アスターペガサス

さすがに函館2歳チャンプだけあって、

血統評価は申し分なしでございますな。

 

加速指数は、斤量前走比-5キロという事で、

その補正を加えたものでございますが、

レースにおける斤量優遇分を補正いたしますと、

加速指数は137.8となります。

 

微妙に足りない印象ではございますが、

適性の高いコースでは、加速指数もアップする。

という可能性が高く、十分に戦えるレベルでございましょう。

 

ただ、先のレポートにも書きましたが、

先行経験が無いのが不安材料ではございますな。

 

シュウジ

3歳時に、当レースで2着に来ておるように、

適性は十分で、いまさら拙者の評価は無用でございましょう。

 

近走はダートで復活の呪文を唱えておりますが、

久々に芝に戻ってどうなるのか?とっても悩ましい存在。

 

牝系ファミリーは完全な芝一族なので、

ダート使いが良い刺激となっておれば怖い存在。

 

あまり人気しそうもないので、

馬券には入れておいた方が良いのやもしれませぬな。

 

ダイメイフジ

初めての函館参戦でございますな。

半姉のダイメイプリンセスは下級条件で2度馬券絡み。

 

配合評価と加速指数から、押さえるべきでございましょう。

 

 

トウショウピスト

既に7歳を迎え、近走はサッパリわや。

ではありますが、血統評価が凄まじく良いですな。

 

この馬自身、函館2歳Sの3着馬で、

函館1200mは複勝率100%なのでございますな。

 

そしてなによりも、母のシーイズトウショウは

このレースを連覇し、その翌年も2着したレース巧者。

 

加速指数は、昨年夏のCBC賞の時のものですが、

3年ぶりの得意コースに来て、思い出したかのように

ひと花咲かせる可能性は否定できますまい。

 

激走に期待しとうございます。

 

リナーテ

この馬は、1400mの馬でございましょうか。

 

1200mのペースは、いかにも忙し過ぎる印象。

 

1400mでのパフォーマンスと、

1200mとでは大変大きな落差がございますな。

 

タマモブリリアン

伯父のアースソニックが、当レース2着馬で、

この馬自身も、昨年のこのレースでは僅差の5着。

 

夏に調子の上がる夏女でもありますれば、

昨年と同じだけ走れば、馬券に絡む可能性も。

 

2桁人気馬に出番があるとすれば、

トウショウピストか、この馬か、はたまた両方とか?

いずれにしても、2頭には頑張って、夏を告げる

大花火を打ち上げて頂きたいものでございますなぁ。

 

さて、気付けば明日は金曜日。

明日からは、新馬戦に目を向けて参りますれば、

またのお越しを(*_ _)

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!