安田記念予想EZ・WIN

安田記念を、EZ・WINを使って予想して参ります。

 

右端のLAP指数は、数値が小さいほど

厳しい流れのレースへの対応力が高い馬である。

という事を示す数値になります。

 

血統に関しては、

父評価は、当コースにおける父馬の産駒成績で、

父母配合評価とは、「種牡馬×母父の小系統」

の組合せでの成績を評価したものです。

 

おとんと、おかんの相性の具合のバロメーター。

と言ったところでございますな。

 

父の評価が低くても、配合評価が高い馬は

好走率が高く、人気薄でも警戒は必要になりまする。

 

「今回有利」の欄は、主に脚質・馬場・枠順が

有利に働きそうな馬に着色を入れとります。

 

中間のレポートと、ラップ指数が少し変わっておりますが、

色々と矛盾点を解決していくうちに、こんな数値になりました。

まだ編み出して間もない指数で、検証数が足りとりませんので、

過信なさらぬようにお願いつかまつります(*_ _)

 

拙者は、この指数と心中する覚悟の予想をしますが・・・

 

さて、アーモンドアイは、やはり評価・指数ともに1位。

逆らうような材料は結局見つけられませんでしたが・・・

 

今の馬場ならスタートが全てでございましょうなぁ。

 

もし出遅れて、さらに直線で進路があかず、

追い出しを待たされるような事があった場合には

負ける可能性がありそうですな。

 

とまれ、1番人気に◎を打たない

(打ちたくない)主義なので、

本命は他を当たって参りましょう。

 

今週も引き続き前が止まらぬ高速馬場でございますな。

 

となれば、安定した先行力と、このレース特有の

非常にタイトでシビアな流れに乗ってバテない馬が狙い目。

そして500キロ級のデカい馬。

 

まっ先に浮かぶのは②アエロリットですが、

前走のヴィクトリアマイルが、休み明けのこの馬には

厳し過ぎる時計と流れで、その反動が気になるところ。

 

レース間隔が中2週で、昨年と同じなのですが、

今年は海外帰り2戦目で、前走が世界レコード決着。

と言うのが引っかかるところで、本気で怪我を心配します。

 

ただ、昨年は連闘で長距離輸送してきた

モズアスコットが、何事もなく優勝しており、

そういうタフさが大切なレースなのやも知れませぬな。

 

本命は⑩フィアーノロマーノ。

目方勝負ならこの馬が最強の前走540キロ。

東京では良績が無く、外国産馬で近新馬も居らず

適性の馬が全く不明ですが・・・

ひとつはっきりしているのは、ラップへの適性。

 

ヌルイ流れで後続に脚を使われるとダメなタイプ。

限界レベルのタイトな流れでこその馬。

さすがに短距離王国豪州産馬で、ガーッ!!と行って

粘り倒すスタイルが得意な馬であり、またそういう血ですな。

 

鞍上の北村友一殿が、G1でも腹をくくって

ガンガン前をつついてくれれば、どこまで粘るか

非常に楽しみでございますな。

 

馬券はワイドBOX10点

②④⑦⑧⑩

アーモンドアイから馬連を買うのも

配当はかわりませんなぁ・・・

 

3連複は2頭軸流し9点

⑩⑭-②④⑤⑦⑧⑨⑬⑮⑯

 

それでは本日も良い競馬を。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!