新馬戦「血統・調教」注目馬

今週から新馬戦がスタート。

キズナの子供が明日の阪神5Rで走りますなぁ。

 

キズナの主戦であった武豊殿は、安田記念で

ロジクライに騎乗するため乗れませんが・・・

 

全ての出走馬が初めてのレースとなる新馬戦は、

血統が非常に重要なファクターとなりまする。

 

このコーナーでは、新馬戦に出走する各馬の血統を、

1.父が新馬戦向きの血かどうか?

2.母または祖母の新馬戦での着順は?

3.調教で加速ラップを踏めているか?

以上の3点に的を絞って抽出した注目馬をご紹介します。

 

調教の加速ラップは、鞍上の指示に従うように

しつけが行き届いているか?という部分を判断する

材料として非常に重要なファクター。

 

その理由は・・・

調教で前半から行きたがって、

暴走するようなペースで走る馬は、

たとえ全体時計が速く、良血馬であっても

ゴールまで体力がもたないリスクが大きいタイプ。

というように考える事が出来るのでございますな。

 

ちなみに新馬戦での馬券は、ボックス買いがおススメ。

まぁ、拙者のような馬券ベタは、新馬戦に限らず

ボックスで買うべきでございますが・・・(-_-;)

 

それでは、未来のG1ホースを探しに参りましょうぞ。

 

阪神5R

ディープ系種牡馬の当コース新馬戦成績は上々。

④ペプチドサクラはディープ系種牡馬キズナ産駒。

母も新馬戦を勝っており、血統背景は合格と申せましょう。

 

最終追い切りは芝で3歳1勝馬と併せて遅れましたが、

日曜の坂路ではラスト2Fを12秒5→12秒0と

綺麗な加速ラップを踏んでおりました。

 

エピファネイアの仔③レッドブロンクスは母父キングカメハメハ。

キンカメ産駒の特徴として、新馬戦は走らない。というのがございます。

母父でございますれば、そこまで直球で影響がある訳ではなさそうですが、

ロベルト系種牡馬産駒の当コース新馬戦成績は、やや低調。

 

面白そうなのは②ノーブルライガー。

父キンシャサノキセキの産駒は新馬戦に強く、

母父のパイロも新馬戦血統でございますな。

 

母のブレイジングは、

良血馬しか抱えないモハメド殿下の所有馬で、

半兄はドバイワールドカップの勝ち馬。

 

調教のラップも非常によく、

人気にならなそうなので楽しみな1頭。

 

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなにお願い致しまする(*_ _)

      ↓↓↓

   

      ↑↑↑
ポチっとして人気ブログランキング投票に感謝(*_ _)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!