重賞レポート一覧

重賞レポート 七夕賞

今週の日曜福島では波乱のハンデ重賞「G3七夕賞(芝2000m)」が開催。過去10年の同レースで馬券に絡んだ30頭のうち17頭が5人気以下。さらにその17頭のうち9頭が2桁人気という爆穴激走重賞でございます。ここでは、七夕賞で穴をあけた馬の血統傾向を中心に分析を進め、今年の穴馬候補を絞り込む材料に致しとうございまする。

G1レポート宝塚記念 穴馬発掘編

宝塚記念のレポートもいよいよ大詰め。今回は穴馬発掘編と言う事で、7人気以下が予想されている馬の中から、拙者の個人的な見解で穴馬候補をピックアップして参ります。これを読まずに馬券を買ってはなりませぬ(ゲサ)

G1レポート宝塚記念2020-Vol.3

前回レポートの続きで、宝塚記念に出走を予定している各馬のレース適性を診断して参ります。今回は3人気予想のクロノジェネシスから始めさせていただきまする。

G1レポート宝塚記念2020-Vol.2

少し遅くなりましたが・・・(*_ _)前回のレポートVol.1に続きまして、本日より宝塚記念出走登録各馬の適性診断をして参ります。まずは上位人気馬の評価から始めて参りまする。

G1レポート 宝塚記念2020

今年も上半期最後のG1宝塚記念がやって参りました。ダービー好走馬が勝てない「特殊な適性を求められるレース」その特殊性と、血統傾向について分析を進め、今年の好走馬に迫って参りとうございまする。これを読まずに馬券を買ってはなりませぬ(ゲサ)

重賞レポート ユニコーンS

今週の日曜東京では3歳馬のダート重賞G3ユニコーンステークスが開催されまする。3人気以内の上位人気馬同士で決着する事も珍しくないレースでございますが、過去10年で6人気以下の穴馬が7頭馬券に絡んでおり、「3着ヒモ荒れ」が多発するレース。この傾向をうまく利用すれば、3連単を小点数で仕留められる可能性もございますな。

重賞レポート エプソムC

今週の東京重賞はG3エプソムカップ(芝1800m)。一応、非根幹距離重賞でございますが、特にマンハッタンカフェ産駒が強いと言う訳でもなく、極めて根幹距離に近い適性が求められるコースで、普通に主流血統のディープやハーツクライ、キングカメハメハやロードカナロアと言った上位種牡馬の仔が強いコースでございますな。

重賞レポート マーメイドS

波乱の象徴とも言うべき牝馬ハンデ重賞G3マーメイドステークス(阪神芝2000m内回り)が、日曜阪神11Rで開催されます。過去10年で1番人気は2勝と苦戦傾向。その反面、5番人気以下が5勝しており、 うち4勝はハンデ53キロ以下の軽ハンデ馬。3着以内に好走したハンデ53キロ以下の軽ハンデ馬は13頭。

鳴尾記念 穴馬レポート

今週より関西は京都から阪神開催にスイッチ。 開幕初日の開催という事で、軽い馬場になりやすく、 鳴尾記念でも過去5年で2度レコードが更新されておりますな。 その「鳴尾記念」の穴馬傾向について・・・

error: Content is protected !!