重賞レポート一覧

G1凱旋門賞 日本馬分析

本日は、23時05分に世界最高峰のレース「G1凱旋門賞 ロンシャン競馬場 芝2400m」が開催されますな。日本からは3頭のG1馬がエントリー。日本でも馬券が購入出来ますれば、日本馬の適性分析と、その他の注目馬について、少々ウンチクを垂れさせていただきまする。

G3サウジアラビアRC展望レポート

今週の土曜重賞は2歳馬のG3サウジアラビアロイヤルカップ(東京芝1600m)。G3に昇格後、今年が4年目という歴史の浅いレースながら、昨年の勝ち馬グランアレグリアは桜花賞、一昨年の勝ち馬ダノンプレミアムは朝日杯FSと2年続けてG1馬になっており、今後のG1戦線を占ううえでも目が離せないレースでありますな。

G1スプリンターズS展望レポート

下半期のG1開幕戦スプリンターズステークスについて、過去の当レースの傾向から、今年の好走馬に迫って参ります。路盤改修後の2015年以降は、血統傾向に偏りが見られますな。ここではそんな「血統傾向」を中心に今年の出走馬の分析を進めて参ります。特に当コースの上級条件で実績が残せていないロードカナロア産駒の取捨を入念に行って参りますれば、しばしのお付き合いを(*_ _)

G2神戸新聞杯 展望レポート

今週日曜阪神の重賞は菊花賞トライアル第2弾「G2神戸新聞杯(阪神芝2400m外回り)」本番への直結率の高いレースで、直線の長い外回りコースで行われるため紛れが少なく、能力の高い馬が上位に入りやすいレースでございますな。つまり大波乱決着はいささか望み薄。過去10年、1番人気の複勝率は80%で、2桁人気馬の馬券絡みはございませんでした。それでも穴屋の拙者としては狙える馬を探しとうございます

G2セントライト記念展望レポート

中山メインでは菊花賞トライアル G2セントライト記念が行われます。 今年はフルゲートの18頭立てで、 例年比較的おだやかな決着となるこのレースも、 今年は波乱が期待できるのではないかと。 それではセントライト記念の過去傾向を元に 今年の出走馬を分析して参りましょう。

G2ローズS 展望レポート

本日は、日曜阪神の秋華賞トライアル G2ローズステークスについて、過去の好走傾向から 血統・ラップ・前走・脚質などから、今年の好走馬に 迫って参りたいと思います。 展望レポートでの推し馬は、 意外な程よく馬券になっておりますれば、 御用とお急ぎでない方はしばしのお付き合いを(*_ _)

G2セントウルS展望レポート

秋競馬のG2初戦は、サマースプリントシリーズ第6戦 G2セントウルステークス(阪神芝1200m・別定戦) 過去10年で1番人気が飛んだのは1度だけで、 1番人気の複勝率は90%と言う堅さでございますが、 馬券に絡んだ5番人気以下の馬は11頭と、ヒモ荒れは 楽しめそうなレースでございますな。 それでは過去のレース傾向と、 コースの好走傾向をもとに、血統や脚質・ラップから 今年の好走率の高い馬を探して参りましょう。

G3新潟記念 展望レポート

日曜新潟メインはサマー2000シリーズ G3新潟記念(芝2000m外)ハンデ戦 過去5年の3着以内馬15頭について、 その好走時の傾向を分析し、今年の出走馬から その傾向に近い好走歴を持つ馬をチェックして参ります。 御用とお急ぎでない方は、しばしのお付き合いを(*_ _)

error: Content is protected !!