重賞レポート G3毎日杯

土曜阪神で開催される3歳限定重賞

「G3毎日杯」を、過去のレース傾向、

コースの血統傾向・脚質傾向・騎手等から分析し、

好走確率の高い馬を抽出して参りましょう。

 

毎日杯の予想・馬券検討のご参考に(*_ _)ぜひ

 

今年の登録馬


(netkeiba.com予想人気から抜粋)

 

地方の重賞ウイナー

アンタエウスが参戦してきますな。

 

父ヨハネスブルグの産駒は芝も走りますが、

距離は短距離が本領でございますな。

 

ただ、母父にディープインパクトを持ち、

伯父には中距離ダート重賞の上位常連であった

フェラーリピサの居る牝系出身でございます。

 

先行して常に上り最速をマークしてきた馬でもあり、

完全無視は少々危険かも知れませぬなぁ。

 

過去のレース傾向

距離ローテ

過去5年のこのレースで3着内に入線した馬

15頭の内、11頭が1800m以上からの

同距離または距離短縮ローテでございました。

 

今年の該当馬(9頭)

・アンタエウス

・ウーリリ

・ヴァンドギャルド

・オールイズウェル

・コパノマーティン

・セントウル

・ダノンテイオー

・ランスオブプラーナ

・ルモンド

 

上り3Fタイム実績

過去5年のこのレースで3着内に入線した馬

15頭の内10頭が、近3走以内に上り最速勝ち

の実績がございました。

 

今年の該当馬(5頭)

・アンタエウス

・アントリューズ

・キングオブコージ

・ケイデンスコール

・マイネルフラップ

 

血統傾向

過去5年の3着以内馬15頭の内、

父または母父に

・ディープインパクト

・キングマンボ系

どちらか又は両方を持つ馬が10頭。

 

今年の該当馬(10頭)

・アンタエウス(前走1800以上(ダ)・上り最速勝ち)

・アントリューズ(上り最速勝ち)

・ウーリリ(前走1800m以上)

・ヴァンドギャルド(前走1800m以上)

・オールイズウェル(前走1800m以上)

・キングオブコージ(上り最速勝ち)

・ケイデンスコール(上り最速勝ち)

・セントウル(前走1800m以上)

・ダノンテイオー(前走1800m以上)

・ルモンド(前走1800m以上)

 

コースの脚質傾向

当コースの好走脚質傾向として、

「前走先行して上り3Fタイム順位3位以内」

という実績の有った馬の複勝率は約5割。

 

今年の該当馬

・ウーリリ

・ヴァンドギャルド

・ランスオブプラーナ(前走1800m以上)

 

今年の注目馬

ランスオブプラーナの血統は

ケープブランコ×マンハッタンカフェ

ケープブランコ産駒の当コース成績は

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ケープブランコ 1- 0- 2- 0/ 3 33.3% 33.3% 100.0% 120 250

集計期間:2016. 2.27 ~ 2019. 3.16

上記のように、出走機会自体は少ないものの

出てくれば馬券になるという素晴らしさ。

 

しかもデータの3頭は全て別の馬のもので、

分母の小ささを考慮しても、信頼すべき

データであると考えられましょう。

 

母父が「非根幹距離の帝王種牡馬」

マンハッタンカフェと言うのも推し材料。

 

牝系ファミリーの同距離ローテ実績は、

近親馬の前走平地距離別集計

前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
同距離 13- 5- 5-25/48 27.1% 37.5% 47.9% 178 147

 

さらに、同コースというローテとなりますと

近親馬の前走コース別集計

前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
同コース 5- 2- 1- 5/13 38.5% 53.8% 61.5% 177 115

 

 

ご覧のように非常に優秀でございますな。

 

展開的にも単騎逃げが叶いそうなメンバー構成で、

有力馬(上位人気馬)に「上り最速勝ち」の経験馬も

不在となれば、逃げ切り勝ちまで視野に入って参りましょう。

 

以上、毎日杯の重賞レポートでございました。

 

いつもブログランキングに

助太刀投票を頂き誠にもって有難き幸せ<(_ _)>

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も↓↓↓良しなにお願い致しまする(*_ _)

人気ブログランキング

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!