きさらぎ賞 穴馬レポート

本日もブログランキング↑↑↑に

助太刀を一太刀(*_ _)なにとぞ

↓↓↓クリック(*_ _)


血統理論ランキング

 

G3きさらぎ賞 穴馬レポート

今週の日曜京都の重賞は、3歳馬限定戦

「G3きさらぎ賞 芝1800m外回り」

 

毎年1桁頭数の小頭数での開催となるレースで

馬券妙味が薄いレースと思われがちですが、

実際には、ほぼ毎年4番人気以下の馬が馬券になる

小点数購入でミドルリターンを見込めるレース。

 

血統傾向と、過去のレース傾向から

今年の「福の神」を探して参りましょう。

 

 

きさらぎ賞 出走登録馬

出走表はnetkeiba.comさまより(*_ _)拝借

 

血統傾向

 

まずは京都芝1800m外回りコースの

全体的な血統傾向を見ておきまする。

(今年のきさらぎ賞に出走登録の有る馬のみ対象)

↓↓↓

 

【種牡馬別集計 全年齢】

種牡馬 総数 勝率 複勝率
ディープインパクト 217 17.5% 45.2%
ルーラーシップ 78 9.0% 37.2%
オルフェーヴル 66 9.1% 33.3%
ダノンシャンティ 10 10.0% 40.0%
シンボリクリスエス 16 6.3% 18.8%
ゴールドシップ 5 0.0% 40.0%
エピファネイア 6 0.0% 33.3%

集計期間:2017. 1. 8 ~ 2020. 2. 2

 

 

続いて、3歳馬に限定した血統傾向を・・・

↓↓↓

 

【種牡馬別集計 3歳限定戦】

種牡馬 総数 勝率 複勝率
ディープインパクト 71 22.5% 52.1%
オルフェーヴル 34 8.8% 20.6%
ルーラーシップ 34 2.9% 29.4%
エピファネイア 3 0.0% 66.7%
ゴールドシップ 1 0.0% 0.0%
シンボリクリスエス 6 0.0% 0.0%
ダノンシャンティ 5 0.0% 0.0%

集計期間:2017. 1.17 ~ 2020. 1.19

3歳戦に限ると、ディープインパクトが

勝率・複勝率共にUPしております。

 

では、どんなディープ産駒が買いなのか?

過去5年間のきさらぎ賞で馬券になった

ディープ産駒の好走傾向は・・・

↓↓↓

【前走クラス】

 

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同クラス 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
昇級戦 2- 4- 1- 5/12 16.7% 50.0% 58.3%

集計期間:2015. 2. 8 ~ 2019. 2. 3

 

前走も重賞だった馬よりも、

今回が昇級戦になる馬の方が圧倒的でございますな。

 

また、この傾向はディープ産駒に限らず、

前走でG1以外の重賞かOP特別に出走していた馬は

5頭おりますが、全滅しております。

 

 

【レース間隔】

 

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4週 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
5~ 9週 2- 4- 0- 4/10 20.0% 60.0% 60.0%
10~25週 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

集計期間:2015. 2. 8 ~ 2019. 2. 3

 

フレッシュな状態の方が走りやすいディープ産駒

でございますが、休み明けの馬はまだ馬券になっておりません。

 

また、間隔が詰まるよりも

ゆとりのあるローテで出走してくる馬が

堅実に走る傾向がございますな。

 

ディープ産駒以外にもこの傾向は出ており、

「きさらぎ賞の傾向」として捉えるべきかも知れませぬなぁ。

↓↓↓

 

【レース間隔別集計 きさらぎ賞過去5年】

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
連闘 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
2週 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
3週 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
4週 1- 0- 2- 4/ 7 14.3% 14.3% 42.9%
5~ 9週 3- 5- 2- 9/19 15.8% 42.1% 52.6%
10~25週 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%

 

これらの事から、今年1番人気が濃厚な

ディープ産駒の「アルジャンナ」には危険な香りが・・・

 

 

今年の注目馬

 

ディープ産駒では、唯一好走条件を満たす

・ストーンリッジ(5番人気予想)

同じ父を持つ全兄弟たちは、軒並み3歳重賞好走馬。

特に、マウントシャスタベルキャニオン

どちらも1800mの3歳限定重賞2着馬ですな。

 

祖母のクロカミも1800m巧者でございました。

 

また、今朝の最終追切りでは、

栗東坂路で加速ラップ「評価B」に該当する

好ラップかつ好タイムで駆け抜けております。

 

 

もう1頭は、穴馬ではございませぬが

今回のメンバーで唯一の「前走G1出走馬」

・グランレイ(3番人気予想)

 

過去5年の「きさらぎ賞」において

前走でG1に出走していた馬の成績は・・・

↓↓↓

 

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
G1 1- 0- 2- 2/ 5 20.0% 20.0% 60.0%

 

 

近親には1800m巧者ダイワキャグニーがいる牝系。

 

このファミリーの、1600mからの距離延長で

1800mに出走した際の勝率は40%

 

今朝の最終追切りでは、栗東坂路で追われ

4Fタイム52秒5の好時計で駆け抜け、

ラスト1Fが最速になる「加速ラップ」を踏んでおり

その評価は極めてA評価に近い「B評価」でございます。

 

母父のファルブラヴは、中山開催のジャパンカップ優勝馬で、

欧州型ノーザンダンサー系の代表格であるサドラーズウエルズ

全兄弟であるフェアリーキングの産駒でございますな。

 

今の京都芝は、年明け「京都金杯」からの連続開催で、

馬場の傷みが進んだ「スタミナが活きる欧州指向馬場」

 

また、フェアリーキングサドラーズウエルズよりも

軽い日本の馬場向きのスピード能力に秀でており、

スタミナに加えて、ラストの切れ味も求められる

今の京都芝外回りコースには、サドラーズ系よりも

適性が高い血でございますな。

 

最終結論は、EZ-WIN予想を

レース当日に当ブログにて公開致しますが・・・

 

拙者の馬券は、ほぼこの2頭から。

と既に決めておりまする。

 

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀クリックのお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

 

助太刀クリック↓↓↓ (*_ _)よしなに

    

  血統理論人気ブログランキング

 

# きさらぎ賞

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!