重賞レポート G3フラワーカップ

今週土曜日の重賞は2鞍。

中山で開催されるのは、3歳牝馬限定の重賞

「G3フラワーカップ」

舞台は中山芝1800m内回りコース。

コース巧者が君臨しやすい

「非根幹距離」の重賞で、血統による適性が

大きく問われる舞台でございます。

現段階での出走登録馬14頭について、

血統、牝系ファミリー実績、レースの好走傾向

といったファクターを通じて、好走する可能性の

高い馬を探して参りましょう。

フラワーカップ予想・馬券検討の

ご参考になりましたら、光栄の至りに存じまする。

レースの傾向

まずは「温故知新」という事で、

フラワーカップの過去を振り返って、

3着以内に好走した馬に見られる共通点を

探って参りましょう。

距離

芝1800m以上の距離での勝利実績

特に「初勝利が芝1800mだった馬」

該当馬 印は牝系一族の中山適性

・アイリスフィール(初勝利1800m)△

・エールヴォア×

・エアジーン(初勝利1800m)

・エフティイーリス△

コントラチェック◎
 半姉に当レースと中山牝馬S勝ちのバウンスシャッセ。
 一族の中山1800m複勝率は100%

・シャドゥディーヴァ◎
 一族に中山1800m経験馬なし。
 中山マイル・2000mは適性高い。
 非根幹距離1400mへの適性も高い一族。

・フラル×
 近親にキズナ。

・マルーンベルズ(初勝利1800m)○
 中山適性は高い一族ながら、マイルと
 2000mに良績が集中する「根幹距離タイプ」

・メイショウハナグシ×
 近親にメイショウマンボ。

・ルタンブル×
 近親にスワーブリチャード。
 1800m適性は高いものの中山を苦手とする一族

・レオンドーロ◎
 2000mしか走らない一族で1800mは苦手距離。

前走で2000m以上のレースに出走

該当馬 印は牝系の「距離短縮適性評価」

・エールヴォア△

・シャドゥディーヴァ△

・メイショウハナグシ△

・ルタンブル○

・レオンドーロ△

牡馬混合戦実績

500万下クラス以上のレースで

牡馬に混じって3着以内を確保した馬は、

過去5年で複勝率47% 複回値160円

該当馬

・エールヴォア

・シャドウディーヴァ

・ミモザイエロー

血統

中山1800mのコースガイドに書いた

血統傾向が、このレースにも活きておりますな。

欧州型ノーザンダンサー系の父を持つ馬が

穴をあける傾向の有るレース。

また、母系に欧州型ノーザンダンサー系の

血を持つ馬も人気以上に走る傾向がございます。

今年の該当馬は7頭。

・アイリスフィール

・エアジーン

・コントラチェック

・シャドウディーヴァ

・ジョディー

・ミモザイエロー

・メイショウハナグシ

種牡馬

種牡馬別集計(出走予定馬のみ対象)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ディープインパクト 15- 9- 8-46/78 19.2% 30.8% 41.0% 141 93
ハービンジャー 3- 0-10-28/41 7.3% 7.3% 31.7% 31 112
ヴィクトワールピサ 6- 3- 1-28/38 15.8% 23.7% 26.3% 204 64
ハーツクライ 3- 4- 2-31/40 7.5% 17.5% 22.5% 38 47
ルーラーシップ 2- 3- 1-23/29 6.9% 17.2% 20.7% 42 38
ワークフォース 0- 3- 1- 6/10 0.0% 30.0% 40.0% 0 53
ダイワメジャー 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6% 135 87
オルフェーヴル 1- 1- 0-15/17 5.9% 11.8% 11.8% 41 23
エイシンフラッシュ 1- 0- 1-13/15 6.7% 6.7% 13.3% 12 126
ブラックタイド 1- 0- 1-11/13 7.7% 7.7% 15.4% 31 26
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 134 34

集計期間:2016. 1. 9 ~ 2019. 3. 9
限定条件:牝馬のみ 3着以内シェア順

現段階の特注馬

非常に面白そうなのが

・エアジーン

父が欧州型ダンチヒ系のハービンジャー。

ダンチヒ系は起伏の激しいタフなコースに強く、

昨年の有馬記念馬ブラストワンピースもハービンジャー産駒。

牝系ファミリーが優秀で、大魔神佐々木殿に

大量のG1タイトルをもたらした名繁殖牝馬

ハルーワスイートは本馬の叔母様でございます。

つまり、従兄弟にシュヴァルグラン・ヴィブロス

ヴィルシーナが居る上流階級のお嬢様でございますな。

このレースの好走傾向「初勝利が1800m」

にも該当し、一族の当コースへの適性は・・・

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
中山・芝1800 2- 3- 1- 5/11 18.2% 45.5% 54.5%

集計期間:2010. 9.26 ~ 2019. 3.10

このように非常に高く、前走と同距離ローテ、

並びに前走同コースというローテも

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同距離 27- 27- 14- 67/135 20.0% 40.0% 50.4%

前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同コース 8- 9- 7-21/45 17.8% 37.8% 53.3%

ご覧の通り非常に優秀でございますな。

前走の敗戦は5ケ月ぶりの競馬で、

情状酌量の余地はございましょう。

牝系のスケールを考えれば、

netkeiba.comの予想人気11番人気は

あまりにも過小評価と申せましょう。

もう1頭は、2番人気予想でございますが、

バウンスシャッセの半妹

・コントラチェック

ルメール殿の騎乗停止で、丸山元気殿に乗り替わり。

これで多少なりとも人気が落ちてくれますれば何より。

以上、フラワーカップの重賞レポートでございました。

いつもブログランキングに

助太刀投票を頂き誠にもって有難き幸せ<(_ _)>

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も↓↓↓良しなにお願い致しまする(*_ _)

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!