クイーンS 重賞血統レポート

いつも人気ブログランキングに

お力添えを賜り誠に有難き幸せ。

本日も助太刀を(*_ _)かたじけなし

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

今週の日曜札幌で開催される牝馬限定重賞

「G3クイーンステークス(芝1800m)」

1人気は強いものの、毎年のように下位人気馬が馬券に絡む

「ヒモ荒れ重賞」でございますな。

ここでは、レースの好走傾向から見た人気馬の信頼度と、

過去に下位人気で穴をあけた馬達を分析する事で、今年の穴馬候補を探って参ります。

G3クイーンステークス 重賞血統レポート

今年の出走登録馬

出走表はnetkeiba.comさまより拝借(*_ _)

上位人気馬の分析

まずは過去10年の人気別成績を確認しておきまする。

クイーンS 単勝オッズ別集計

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1.0~ 1.4 0- 0- 0- 0/ 0
1.5~ 1.9 0- 0- 0- 0/ 0
2.0~ 2.9 3- 1- 0- 2/ 6 50.0% 66.7% 66.7% 131 91
3.0~ 3.9 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 213 96
4.0~ 4.9 1- 2- 2- 2/ 7 14.3% 42.9% 71.4% 57 122
5.0~ 6.9 1- 1- 2- 10/ 14 7.1% 14.3% 28.6% 37 55
7.0~ 9.9 0- 2- 1- 8/ 11 0.0% 18.2% 27.3% 0 62
10.0~14.9 0- 1- 1- 13/ 15 0.0% 6.7% 13.3% 0 52
15.0~19.9 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 48
20.0~29.9 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7% 155 40
30.0~49.9 1- 2- 2- 8/ 13 7.7% 23.1% 38.5% 250 249
50.0~99.9 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
100.0~ 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2010. 8 ~ 2019. 7

単勝2倍から4.9倍の複勝率は非常に高く、

単勝4倍台の複勝回収値は122円と黒字。

また単勝30倍から49.9倍が

「穴のゴールデンゾーン」でございますな。

単勝5倍以内の前走傾向

非常に複勝率の高い「単勝5倍以内」

前走がG1だった馬がほとんどで、

その距離は1600mか2400m戦。

今年は前走2400m組のエントリーはございませぬ。

よって、前走マイルG1だった馬の傾向を。

↓↓↓

前走クラス:G1/前走距離:1600m 前走着順別集計

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
前走1着 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 160 80
前走2着 0- 0- 0- 0/ 0
前走3着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走4着 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 120
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0
前走6~9着 1- 1- 2- 0/ 4 25.0% 50.0% 100.0% 57 157
前走10着~ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 63

集計期間:2010. 8.15 ~ 2019. 7.28

前走で6着以下に負けていた馬が好成績ですが、

今年は該当するスカーレットカラー・コントラチェック

2頭ともに前走で10着以下に負けておりますな。

そういう場合は、過去に1800m重賞実績があるかどうか?

なのでございますが、2頭ともあってしまうのですなぁ・・・

もう一頭の人気馬フェアリーポルカは

前走、前々走と1800m重賞を連勝中。

ルーラーシップ産駒のコース成績は・・・

↓↓↓

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ルーラーシップ 2- 5- 5-13/25 8.0% 28.0% 48.0% 20 107

集計期間:2015. 8. 1 ~ 2020. 7.26

重賞実績は無いものの、優秀ではありますな。

母系はフェアリードールの牝系で、

名牝トゥザヴィクトリー(クイーンSも勝っていますな)をはじめ、

デニムアンドルビーもこの牝系でございます。

他にも・・・

1800重賞巧者のトーセンビクトリー(クイーンS2着馬)

札幌2歳S(1800m)の好走馬

プロフェット・クラージュゲリエ

などなど、列挙にいとまがないほどの重賞活躍ファミリー。

結論としては、3頭とも切れませぬ( ̄▽ ̄;

という事で、馬券妙味を求める拙者は、

しっかり狙えそうな穴馬を軸に据えて、

人気3頭をフォーメーションの2列目に並べる。

というようなスタイルになりましょうか。

穴馬の傾向

さて、それでは過去5年間に5人気以下で

馬券に絡んだ馬達を分析して参りましょう。

2015年以降に5人気以下で馬券に絡んだのは以下の7頭。

スカーレットカラー(5人気2着)

ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースは、

母父に欧州型ネイティヴダンサー系のシャーペンアップ。

ヴィクトワールピサの母父は欧州型ミスプロ系マキャベリアン。

という配合で、欧州色の強いサンデー系種牡馬でございますな。

前走:G3マーメイドS(阪神芝2000m内)5人気3着

その他の重賞実績

・中山芝1600m フェアリーS 6人気2着

カリビアンゴールド(9人気3着)

父ステイゴールドは、母父に欧州型ファイントップ系を持ち、

日本の主流コースから外れるようなコースや、上位種牡馬が苦手とするような

重くてパワーとスタミナを要求されるような馬場に強いサンデー系種牡馬。

前走:3勝クラス函館2000m 3人気2着

重賞:G3紫苑S 中山芝2000m 6人気2着

トーセンビクトリー(6人気2着)

父キングカメハメハは欧州型ミスプロ系種牡馬。

母のトゥザヴィクトリーは、クイーンSの勝ち馬で

G1で6度馬券に絡んだ名牝でございますな。

このフェアリードールの牝系は、

今回上位人気に支持されそうなフェアリーポルカと同じ。

本馬は、パワータイプの欧州型ノーザンダンサー系

ヌレイエフの血を3×5クロスで保持しております。

前走:G3マーメイドS(阪神2000内) 1人気9着

重賞:G3中山牝馬S(芝1800m) 5人気1着

G2ローズS(芝1800m) 2人気3着

クインズミラーグロ(8人気3着)

父マンハッタンカフェは、母父に欧州型リボー系をもつ

欧州指向の強い種牡馬で、非根幹距離に強いサンデー系種牡馬。

母父はグレイソヴリン系で、コース相性の良い血統。

また、重賞での穴血統である

欧州型リボー系の5×5クロスを保持しておりますな。

前走:G3マーメイドS(阪神2000内)2人気2着

重賞:G3福島牝馬S(芝1800m)1人気3着

G3中山牝馬S(芝1800m)7人気3着

G3愛知杯(芝2000m)6人気3着

マコトプリジャール(9人気1着)

父は欧州型ミスプロ系マキャベリアンの直仔。

母父欧州型ロベルト系。

祖母の父が米国型のスピード持続力血統レイズアネイティヴ系。

前走:G3福島牝馬S(芝1800m)15人気1着

重賞:同上

ダンツキャンサー(11人気3着)

父アドマイヤジャパンは母父に

欧州型ニジンスキー系を持つサンデー系種牡馬。

祖母の父に欧州型グレイソヴリン系の

フォルティノ系クリスタルパレス。

現役時代はフランスのダービーを勝った馬ですな。

クリスタルパレスは、父として天皇賞秋を制したプレクラスニー。

母の父としてタニノギムレットを出した中距離型種牡馬。

また、フォルティノ系は日本の馬場への適性が高く、

タマモクロス・ビワハヤヒデ・ゴールデンフェザント・ローブデコルテ

と言った長距離G1馬を出した半面、アストンマーチャン・スノードラゴン

アドマイヤコジーンなどのG1スプリンターも輩出する多様性がございます。

本馬の場合は、前走までは1400m以下に良績が集中しておりましたが、

グレイソヴリン系が好む洋芝の札幌で距離適性に幅が出た。

という事なのやも知れませぬなぁ。

前走:OP特別 芝1400m 14人気2着

重賞:なし

メイショウスザンナ(7人気1着)

アグネスデジタルは、芝G1を4勝とダートのG1を2勝した両刀使い。

距離はマイルから2000mが本領で、重馬場の天皇賞秋、

洋芝の香港G1(2000m)で1勝2着1回の連対パーフェクト。

産駒の成績は圧倒的にダート向きですが、

芝の重賞では、中山か北海道・福島の1800mか1200mで

限定的に穴をあける傾向がある種牡馬でございますな。

祖母に欧州型ニジンスキーを持つことで、

洋芝適性を向上させているのでございましょう。

曾祖母のフェアリーテイルは、欧州型セントサイモン系で、

これはスタミナと持久力を補完する血でございますな。

前走:G3マーメイドS(阪神2000)13人気10着

重賞:G3福島牝馬S(芝1800m)13人気3着

G3フラワーカップ(中山芝1800m)1人気2着

以上の7頭が近5年のクイーンステークスで

穴をあけた馬達でございまする。

穴馬の傾向

まず、血統面においては「欧州指向」がテーマとなりましょう。

が・・・

今年の登録馬のほぼ全てが該当いたしますなぁ・・・( ̄▽ ̄;

という事で、明確な傾向が出ておる

「前走距離」

これに焦点を合わせるのが宜しいのではなかろうかと。

前走1600mか2000m。

前走1600mの場合は3人気以内。

前走2000mの場合は3人気から10人気

そして重賞で3着以内の実績がある馬。

中心に据えるべきは、

この条件を満たす馬でございましょうか。

ただ今年は、前走1800mの条件戦だった馬

にも警戒は必要かもしれませぬ。

最終的な注目馬と要注意馬は、

ラップ的な側面からも検討した上で

土曜日朝イチの無料メルマガで配信致します。

無料メルマガのご登録は下記のボタンよりお気軽にどうぞ。

↓↓↓

なお、無料メルマガに新規

ご登録の方に、もれなく

エピファネイア産駒の狙える

「条件」をとりまとめた

「エピファネイア血統馬券レシピ」

を差し上げております。

血統馬券レシピのファイルは

メルマガ登録御礼メールに

添付ファイルでお付けしており

ますので、登録後すぐにご覧頂けます

無料メルマガの配信解除は、

毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から

1クリックで一発解除が可能

です。

お試し頂いて

お口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も

大いに結構でございますれば

お気軽にお試しをどうぞ。

↓↓↓

いつもブログランキングの

ランキングアップに

助太刀のクリックを賜り誠に

もって有難き幸せ(*_ _)

お陰様にて現在のところ

血統理論ランキング 1位

にランキングされております。

はなはだご面倒ではございま

しょうが、本日もブログラン

キングに助太刀を一太刀(*_ _)

↓↓↓ 助太刀クリック


血統理論ランキング

# クイーンステークス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!