血統馬券倶楽部1/17日曜日 EZ-WIN予想

G2日経新春杯2021は・・・

△★◎決着で3連複11万馬券的中でした( *´艸`)

たくさんの的中報告を賜り誠に有難き幸せ(*_ _)

 

 

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックを(*_ _)賜りたし


血統理論ランキング

 

血統馬券倶楽部の詳細は

↓↓↓

血統馬券倶楽部へようこそ

 

 

 

 

 

馬券構築

特に馬券の参考買目が無い場合には

EZ-WIN予想に打っている印によって

おススメの馬券は、以下の通りとなります。

 

 

複勝・ワイド

3連複は3着に何が飛び込んでくるか

非常に分かりにくいため、どうしても

点数が多くなります。

 

小資金で穴馬を狙われる場合は・・・

 

◎の単勝・複勝

★の複勝

あるいは、ワイドのフォーメーション

◎★ー◎★○▲△(☆)
平均7点購入になります。

 

これらの馬券でお楽しみ頂ければと思いまする。

(拙者もこの馬券を買っております。)

 

 

 

馬連

◎から流し。相手は○▲★☆△

通常は5点になります。

 

3連複フォーメーション

1列目:◎

2列目:○▲★☆△

3列目:印全頭

 

 

 

 

KT師の勝負レース

 

KT師の勝負レース 21.1.17

 

 

 

中京9R 梅花賞 芝2200

 

中京芝は上り時計が掛るタフな馬場に変貌。

 

であれば、主流血統よりも欧州色が強い非主流血統を

色濃く持つ馬が恵まれる事になりそうですな。

 

注目すべき血は「グレイソヴリン系」と「ロベルト系」。

 

昨日の愛知杯でも1着・2着は母父シンボリクリスエス。

3着馬はグレイソヴリン持ちの種牡馬ルーラーシップ産駒。

14人気4着のアブレイズは母父ジャングルポケット。

 

2200mの長良川特別で8人気3着と穴をあけたのも

トニービン持ちのハーツクライが父で、母父もグレイソヴリン系。

 

6番はジャングルポケット産駒で

母父が非根幹距離のマンハッタンカフェ。

 

今の馬場の2200mに非常に合う配合。

鞍上が不安ですが、小頭数ならヘグリようがなさそう。

 

8番は父がロベルト系スクリーンヒーローで、

母父がサトノクラウンの父であるマルジュ。

重い馬場の非根幹距離で持ち味が生きるはず。

 

5番は上りの掛かる馬場にめっぽう強い

ゴールドシップ産駒。

距離延長も非常に良いローテですな。

 

3番はハービンジャー産駒。

祖母の父にグレイソヴリンを持っており

母父がPサンデー系でも距離延長に

不安のない血統でございますな。

 

馬券は馬連フォーメーション5点

6・8-3・5・6・8

 

 

 

中京10R 雅S 一発狙い

 

1番はダイワメジャーの距離短縮で不安。

14番はゴールドシップ産駒で短縮は苦手ローテ。

10番はワークフォース産駒でこれも短縮苦手。

 

11番はマジェスティックウォリアー産駒。

昇級戦にも強い血統で、一発狙います。

 

2番は前走展開不利のあったトランセンド産駒。

生粋の米国気質で、思うようにならねば

レースを投げ出す血統で、本気を出すと強いのが個性。

 

7番はカジノドライブ産駒

巻き返し力の高い血統で、前走2桁着順から

平気で巻き返す事が多い血統。

脚抜きの良い雨馬場が最も狙える条件ですが

母父がサンデー系の場合は良馬場も走りますな。

 

15番の前走は展開不利と長期の休み明け。

能力高く、自分の競馬が出来れば普通に勝ち負け。

 

 

 

 

中山10R ジャニュアリーS

万馬券的中レース

 

 

 

 

小倉11R 門司S

 

9番はキズナ産駒で、ダートタイプに出た産駒。

キズナ牡駒のダートは1700m以上がベスト条件

適距離のダート戦では底を見せておらず、

距離短縮とTCで変わり身に期待。

 

16番はコース相性が非常に良いネオユニヴァース産駒。

前走と同距離ローテの勝率は4割を超える凄まじい戦績の種牡馬。

前走は苦手な短縮ローテで、馬名背景色+先行経験+脚質太文字の

EZ-WIN穴パターンに該当。

 

3番サトノは能力が高いのでうかつに軽視できませんが

ヘニーヒューズ産駒はコース相性はあまり良くなく

人気サイドで消えてくれるとすればこの馬が筆頭候補。

 

 

 

 

中京11R G2日経新春杯 勝負鞍

11万馬券的中レース

 

中京芝は上り時計が掛るタフな馬場に変貌。

であれば、主流血統よりも欧州色が強い非主流血統を

色濃く持つ馬が恵まれる事になりそうですな。

 

注目すべき値は「グレイソヴリン系」と「ロベルト系」。

該当馬には「トレンド欄」にマークを付けております。

 

昨日の愛知杯でも1着・2着は母父シンボリクリスエス。

3着馬はグレイソヴリン持ちのルーラーシップ産駒。

14人気4着のアブレイズは母父ジャングルポケット。

 

2200mの長良川特別で8人気3着と穴をあけたのも

トニービン持ちのハーツクライが父で、母父もグレイソヴリン系。

 

 

1番ダイワキャグニーは左回り巧者

セン馬は筋肉の硬化が遅くなり、7歳でも劣化しない可能性は高いですが

距離延長が苦手で、1800mから2000mのローテでは3戦全滅。

今回も延長ローテで人気程の信頼は置けませんな。

 

ヴェロックスは血統的にここには合わず、

戦績からも非根幹距離は向いておりませんな。

詳しくは日経新春杯レポートで。

 

アドマイヤビルゴは「軽い馬場のダービー向き」の配合。

本質的に上り時計が掛る馬場の非根幹には向いておりませんな。

鞍上の武豊殿も腰痛を抱えていながら、故人への義理もあっての

「無理して騎乗」と言う事でございますから、なおの事買いづらいところ。

 

4番サンレイポケットは

父ジャングルポケット(グレイソヴリン系)

 

ご当地馬主の持ち馬で、

厩舎も必死に仕上げて参りましょう。

 

前走は一気に700mの距離延長で外有利な状況を

最内を追走する競馬になり、直線も伸びない最内を走行。

 

非主流の条件で末脚を発揮する

ジャングルポケット産駒の、短縮による

末脚破壊力倍増に期待でございます。

 

5番ミスマンマミーアもご当地馬主。

昨日の愛知杯にも出走出来たものの、

距離適性の関係で、あえて牡馬との戦いを選択。

 

父はロベルト×グレイソヴリンのタニノギムレット。

軽ハンデで圏内食い込みに期待でございますな。

 

7番バレリオはタフな馬場に強いステイゴールド産駒。

祖母の父に大穴血統リボー系を持っており、

常に警戒が必要ですな。

 

8番サトノインプレッサはディープ産駒

母はマイルチャンピオンSで2年連続3着のサプレザ。

 

ディープにマイラーは「ダービー血統」で、

ダービーでは4着に好走しておりますな。

 

なので普通に考えれば消しですが、

母父のサームがそれを阻止します・・・

 

サームは欧州型ミスプロ系で、米国型ではございませぬ。

 

そして、サームの伯父はサトノクラウンの父マルジュ。

サトノクラウンと言えば非主流条件が本領だった馬。

本馬は2200mには出走経験がなく、ここ?あんたここやったん?

みたいな事も。

 

11番クラージュゲリエはキンカメ産駒で母父にロベルト。

両親共に欧州型血統の配合馬でございますな。

 

蹄にトラブルを抱え、長い休養に入っておりましたが

ようやく普通に使える状態となり、今回は叩き3走目。

 

1年以上のブランク明けを覗けば、

馬券圏外はクラシックの2鞍のみ。

いまだ底を見せていないのは大きな魅力。

 

12番ワセダインブルーはハービンジャー産駒。

祖母の父にリボー系を持っており、欧州色の強い配合。

 

また、ハービンジャー産駒は、

主流血統が力を出し切れないような馬場状態を好み、

走る時はまとめて走るようなところがありますな。

 

13番レイホーロマンスは除外対象でしたが

回避馬が出たおかげで出走が叶いました。

 

この馬もハービンジャー産駒でございます。

 

3000m戦から中1週の強硬ローテですが、

間隔を詰めた方が好走率が上がるタイプ。

 

そしてサンレイポケットと同馬主のご当地馬主。

 

「2頭出しは人気薄を買え」と言う格言もあり

この馬を本命にすべきかもしれませぬな・・・

 

14番ショウリュウイクゾはオルフェーヴル産駒。

 

母父がキンカメで祖母の父は延長に強い

ダンスインザダークでございますな。

 

前走は短縮ローテで、2000mはこの馬には

短いのも敗因でございましょう。

 

上り時計の掛かる2200mならば大きな上積みが

あっても驚けませんな。

 

16番ミスディレクションはミスキャスト産駒。

 

ミスキャストは

サンデーサイレンス×トニービンの配合で

ハーツクライとよく似た配合の馬でございました。

 

ミスキャスト自身はG1を勝っておりませんが、

2200m時代のプリンシパルSを勝ち、

その後、長期休養を挟んで出走した2200mの

G2AJCCで0秒2差の4着。

 

続く、G2京都記念2200mでも0秒4差4着。

 

その後は、なぜかマイル路線に変更されたため、

実績を残せませんでしたが・・・

 

母父トニービンと言う晩成血統であることを考えますと、

そのままの路線で使われておれば、古馬になってから

宝塚記念を勝っていたかもしれませんな。

 

話がそれましたが・・・

 

ミスディレクションは母父が欧州ニジンスキー系。

祖母の父にはボールドルーラーも持っており

持久力と持続力の両方を持つ配合でございます。

前が残る場面になれば。

 

 

 

 

中山11R G3京成杯

 

◎5番は両親共々1月開催のトレンド血統。

母は阪神2000m内の重賞ウイナーで、

小回りの中山でも走れる裏付けと考えます。

過去5年の当レースでキンカメの血を

父か母父に持つ馬が5頭馬券になっているのも

本命に据えた理由です。

 

○2番は内回りの阪神2000mで高い指数をマーク。

坂路でも加速ラップを踏めており、引き続き調子は良さそう。

ロベルト持ちの好走が多いレースで、近年の傾向として

前走新馬戦組が好調と言うのも推し材料。

 

▲10番はコースの上位種牡馬キンカメ産駒。

牝系の近親には中山巧者が複数在籍。

唯一の重賞経験馬で、鞍上の田辺殿は

コース巧者で穴ジョッキー。

前走G3東スポ杯は前有利馬場を後方からの競馬。

 

1番のタイムトゥヘヴンは母が桜花賞馬。

ロードカナロア×マイラー=マイラー

という公式が成立する血統イメージで、

兄弟たちも凡馬多数。

押さえるのは、ミルコ殿が当コースの1番枠巧者だから。

中枠を引いてくれればバッサリ切れたのですが

残念です(*_ _)

 

 

血統馬券倶楽部の詳細は

↓↓↓

血統馬券倶楽部へようこそ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!