G3プロキオンS EZ-WIN

 

 

 

 

いつも人気ブログランキングに

お力添えを賜り誠に有難き幸せ。

 

本日も助太刀を(*_ _)かたじけなし

↓↓↓


競馬・血統理論ランキング

 

 

 

 

 

変則開催により、今年は中京ではなく阪神で開催されるダート重賞

「G3プロキオンS(ダート1400m)」

阪神ダート1400mで開催される重賞が無いため、データが集められぬ重賞となりました。

 

血統とラップ適性を中心にした「総合適性評価シートEZ-WIN」の分析結果を掲載いたしますれば、予想の御参考となさって頂けましたら、誠にもって光栄の至りと存じまする。

 

 

 

G3プロキオンS EZ-WIN

 

・馬名に背景色が付いている馬は、コースの好走血統に該当する馬。

 

・馬名が赤文字の馬は、両親がともに米国型血統である馬。

 

・調教評価欄の黄色い着色は、調教偏差値が高かった馬。

 

・調教評価欄のアルファベットは、坂路調教でラスト1Fが最速タイムとなる「加速ラップ」を踏んでいた馬で、ラップタイムの評価をA~Dの順で付けております。

 

 

脚質欄の数字は、左が最初のコーナー通過順位で右の数字は上り3Fタイム順位となっております。

 

レースのペースに大きな影響を及ぼす「逃げ・先行脚質」には緑色の背景色を付けて、展開をビジュアルで予想できるようにしております。

 

※数字が斜字になっているのは今回よりも格下のクラスでのデータです。

 

血統・人気複率は、予想人気をもとに、その人気における該当血統の複勝率%を記載しています。

 

背景色緑は、人気に対して好走確率が高く期待値が高い血統であることを示します。

 

数字が太文字・赤太文字は特に期待値が高い血統だと判断できます。

 

前距離複勝率は、同距離・距離短縮・距離延長の距離ローテ+予想人気による複勝率を記載しています。

 

 

騎手・厩舎の背景色は複勝率によって複勝率が高い順に【赤・黄・オレンジ】の配色を付けています。

 

$マークがあるのは、そのコースで複勝回収率が100%を超える「穴騎手・穴厩舎」であることを示します。

 

「RP指数好走レンジ」とは・・・

 

競走馬には得意な流れと苦手な流れがあります。

その「流れ」のことを「ラップパターン」と呼んでおります。

 

それを利用して競馬を予想するのが「ラップ理論」と呼ばれるものでございますな。

 

複雑でわかりにくいラップ理論を「数値で示す」事で、一目でその馬の得意な

ラップパターンを把握できるように指数化したものがRP指数でございます。

 

今回のレースのRP指数を予測し、出走各馬の得意な「流れ」を把握するために、その馬が好走したレースのRP指数の最低値と最高値を記載しているのが

「RP指数好走レンジ」でございます。

 

ラップパターンと血統には密接な関係性があり、その両方を予想のファクターに加える事で、予想の的中率・馬券の回収率の向上が期待できます。

 

ラップ理論とRP指数の詳しい説明は

↓↓↓

ここをクリック

 

近走で逃げていた馬が4頭揃いました。

その4頭のRP指数好走レンジの最低値が「42前後」というハイペース型。

 

このレースはハイペース予想となりまする。

 

2勝クラス以上の上級条件戦の阪神ダート1400mは、雨馬場の場合

父も母の父も共に「米国型」という馬が強いという傾向がございます。

 

EZ-WINの馬名表示が「赤文字」になっているのが該当馬でございます。

※サンライズノヴァは父がダートに特化したサンデー系種牡馬(Dサンデー系)

 

EZ-WINの総合評価点数1位は

5番レッドルゼル

 

ただ、レッドルゼルは良馬場の方がパフォーマンスが上がるタイプ。

 

過去最高のパフォーマンスを発揮したレースは良馬場で、RP指数が44.5

というレースでございました。

 

今回はそれよりも流れが速い(RP指数が小さい数値になる)ことが予想されますので、若干のパフォーマンスダウンはあるかも知れませぬな。

 

総合評価点数2位の9番スマートアヴァロンは、

雨馬場の当コース、RP指数「42.1」というレースで過去最高のパフォーマンスを上げておりますな。

 

父は米国ダートの名血ミスプロ系エンパイアメーカー。

雨馬場で回収期待値が大きく上昇する種牡馬でもございます。

 

母の父にも米国ダートの名血ミスプロ系のゴーンウエスト系種牡馬

ミスターグリーリー。

 

プロキオンSを連覇した、ベストウォーリアの母父もミスターグリーリーでございまする。

 

 

まさに理想的な「米米配合馬」でございますな。

 

重賞初挑戦ですが、能力的にも十分足りる存在でございましょう。

 

 

面白そうなのは

15番ワンダーリーデル

 

雨馬場の阪神ダート1400mは、3戦して2勝3着1回。

 

父は米国型ストームバード系種牡馬で、母父はダートも走るロベルト系。

 

ロベルト系はキャリアを重ねて強くなる系統で、本馬自身も6歳で重賞初制覇という晩成タイプでございます。

 

ただ、少し残念なのは「休み明け」という事。

 

叩き良化型なので、休み明けでどこまでやれるか?

 

 

追込み勢の人気薄では

4番ミッキーワイルドが良いですなぁ。

 

ハイペース型の追込み馬で、雨馬場にも高い適性を示しております。

 

 

それでは良き競馬を。

 

いつもブログランキングの

ランキングアップに

助太刀のクリックを賜り誠に

もって有難き幸せ(*_ _)

 

お陰様にて現在のところ

血統理論ランキング 1位

にランキングされております。

 

はなはだご面倒ではございま

しょうが、本日もブログラン

キングに助太刀を一太刀(*_ _)

↓↓↓ 助太刀クリック


血統理論ランキング

 

# プロキオンステークス

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!