チューリップ賞 穴馬レポート

あ・・・

そのようなところを

押されましては・・・

↓↓↓ 


競馬・血統理論ランキング

 

 

G2チューリップ賞 穴馬レポート

 

今週の土曜阪神では、桜花賞トライアル

【G2チューリップ賞(芝1600m)】

が開催されまする。

 

前走「阪神JF組」が圧倒的な強さを誇る中、

本番への切符を求めて参戦する穴馬にも

チャンスは大きく、毎年必ず目的を果たす

穴馬が出ておりますな。

 

本日はそんな穴馬探しをして参りまする。

 

 

今年の登録馬

 

出走表はnetkeiba.com様より拝借(*_ _)

 

 

 

血統傾向

 

【チューリップ賞過去10年 種牡馬別集計】

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3- 2- 5-22/32 9.4% 15.6% 31.3%
オルフェーヴル 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイワメジャー 0- 3- 0- 7/10 0.0% 30.0% 30.0%
ハーツクライ 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
ロードカナロア 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
ブラックタイド 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

 

今年の出走登録該当馬のみに限定

集計期間:2010. 3. 6 ~ 2019. 3. 2

 

今年の出走予定馬の種牡馬に限定した

チューリップ賞過去10年の血統傾向は

ディープ・ダイワメジャーとハーツクライ

この3種牡馬の産駒のみが複数回の馬券絡み。

 

4番人気以下で馬券に絡んだ馬は

過去10年で14頭おりますが、

今年の登録馬の父馬に該当するのは

8頭で、以下の3種牡馬の産駒。

↓↓↓

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ダイワメジャー 0- 2- 0- 5/ 7 0.0% 28.6% 28.6%
ディープインパクト 0- 1- 4-15/20 0.0% 5.0% 25.0%
ハーツクライ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

集計期間:2010. 3. 6 ~ 2019. 3. 2

 

 

今年は、新種牡馬キセキ・リアルインパクト

そしてエピファネイアの産駒がエントリー

しておりますれば、上記のデータに

頼り切る事は出来ませぬが・・・

 

エピファネイア産駒は、

当コースに6頭が出走し4頭が馬券。

複勝率66%を誇るコース巧者の血。

 

キズナ産駒は、

当コースに12頭が出走するも

9頭が馬券圏外に消えております。

 

リアルインパクト産駒は、

5頭が出走して3着が1頭のみで、

5頭全てが人気以下の着順。

 

という事で、キズナ産駒と

リアルインパクト産駒については

血統以外の傾向を参考にしつつ

取捨を考慮すると言う方向で。

 

 

 

今年の好走血統該当馬

 

今年の登録メンバーで、

ディープインパクト産駒は

・スマイルカナ(想定4人気)

この1頭だけでございますな。

 

ダイワメジャー産駒は

・レシステンシア(想定1番人気)

こちらもこの1頭のみ。

 

ハーツクライ産駒は、

・ウーマンズハート(想定3人気)

・クラヴァシュドール(想定2人気)

・チェーンオブラブ(想定6人気)

 

そして、エピファネイア産駒

・イズジョーノキセキ(想定11人気)

 

血統からは以上の6頭が候補。

 

 

 

その他の好走傾向

 

血統傾向以外の傾向を検分致しますと・・・

 

デビュー時期

 

前年の8月以前にデビューしていた馬が

過去10年のチューリップ賞で毎年連対。

 

該当馬は・・・

・イズジョーノキセキ

・ウーマンズハート

・シャンドフルール

・ショウリュウハル

・スマイルカナ

・チェーンオブラヴ

・フルートフルデイズ

・マルターズディオサ

 

以上の8頭が該当致しますな。

 

 

関東馬

 

過去10年のチューリップ賞で

4番人気以下で馬券に絡んだ馬の

東西の戦績を比較してみますれば・・・

↓↓↓

調教師所属 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0%
栗東 1- 4- 5-86/96 1.0% 5.2% 10.4%
地方 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

集計期間:2010. 3. 6 ~ 2019. 3. 2

 

このように、関東勢が非常に優秀。

 

今年の関東馬は・・・

・スマイルカナ

・チェーンオブラヴ

・ピーエムピンコ

・マルターズディオーサ

 

以上の4頭でございますな。

 

 

前走クラスと上り3F順位

 

4番人気以下で馬券になった馬で

前走が重賞以外だった馬は、

近2走以内に上がり3F順位2位以内

と言う実績がございました。

 

今年の該当馬は・・・

・ショウリュウハル

・スマートリアン

・ピーエムピンコ

 

 

前走が重賞だった馬は、その重賞で

掲示板(5着以内)を確保し、

なおかつ人気順位よりも着順の方が

上回っておりました。

 

今年の該当馬

・スマイルカナ(3人気1着)

・チェーンオブラヴ(7人気2着)

・マルターズディオサ(6人気2着)

・レシステンシア(4人気1着)

 

 

 

今年の注目穴馬

 

2桁人気想定の関東馬

・ピーエムピンコ

 

あまり褒められた成績ではない

リアルインパクト産駒ですが、

本馬は母系が非常に優秀でございますな。

 

華麗なる薔薇一族に連なる牝系で、

母ローズカリーナは、3歳時にG1で

3連対したローズバドの半妹。

 

G1朝日杯とジャパンカップ勝ちの

ローズキングダムは、本馬の従兄弟。

 

また、チューリップ賞で穴をあけるのは

母系にダンチヒを持つ馬が非常に多く、

本馬も母父がダンチヒ系種牡馬の

ハービンジャーでございますな。

 

 

9番人気想定の

・ショウリュウハル

 

ハーツクライ系種牡馬

ジャスタウエイの産駒でございますが、

ジャスタウエイ産駒はハーツ産駒よりも

マイル適性の高い種牡馬でございますな。

 

そして何よりも、

母ショウリュウムーンは

未勝利勝ち上がりの身の上で

9番人気の低評価を覆して

チューリップ賞を制しております。

 

奇しくも、本馬も9番人気想定。

 

血のロマンを感じずにはいられぬ

偶然ではございませぬか。

 

 

 

最終結論

 

チューリップ賞の最終結論は

有料コース「血統馬券倶楽部」での

限定配信EZ-WIN予想となりまする(*_ _)

 

血統馬券倶楽部については

↓↓↓

ここをクリック

 

 

# チューリップ賞 穴馬 予想

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!