京都記念 穴馬レポート

本日もブログランキングに

助太刀を一太刀(*_ _)どうかひとつ

↓↓↓ クリックしてたもれ


投資競馬ランキング

 

 

G2京都記念 穴馬レポート

今週の日曜京都メインレースは

古馬の中距離重賞

【G2京都記念(芝2200m外回り)】

 

京都記念の過去傾向と致しまして

「近3走以内に重賞で3着以内」

という実績が有った馬。または

近3走以内にG2以上のレースで

4着以内に入っていた馬。

 

この傾向が毎年のように当てはまります。

過去5年の3着以内馬15頭の内

例外だったのはアドマイヤデウスのみ。

 

2200mと言う「非根幹距離」で開催される重賞で、

特殊な適性を求められるレースであるために、

根幹距離で行われるG1では足りなかった馬が

ここぞとばかりに走って来るイメージが

非常に強いレースでもございますな。

 

俗に言う「G2ハンター」「前哨戦ハンター」が

G1ホースを負かすシーンも良く見られますな。

 

極端な人気薄は馬券に絡んでおりませぬが、

4番人気から6番人気あたりの伏兵は、

毎年馬券になっております。

 

ここでは、その伏兵をチェックして参ります。

 

 

今年の出走馬

 

 

京都記念 好走馬の傾向

 

京都記念の過去傾向と致しまして

「近3走以内に重賞で3着以内」

という実績が有った馬。

 

または、近3走以内にG2以上の

レースで4着以内に入っていた馬。


この傾向が毎年のように当てはまります。

過去5年の3着以内馬15頭の内

例外だったのはアドマイヤデウスのみ。


今年の登録馬で該当するのは

・アルメリアブルーム

・カレンブーケドール

・クラージュゲリエ

・クロノジェネシス

・ステイフーリッシュ

・ドレッドノータス


カレンブーケドールが

1番人気を背負いそうですが、

ちょっと気になるデータがございますな。


・過去5年で1番人気が勝てていない

・「ディープ×米国型ノーザンダンサー系」
 という配合馬が勝てていない


強い馬なので、消える可能性は

そう高くないでしょうが、

勝ち馬は他を当たりたいところ。

 

クロノジェネシスはバゴ産駒で

バゴ産駒の距離適性は2000mが限界ですな。

 

実際にエリザベス女王杯では、

2番人気を裏切り5着に敗退しております。

 

半姉のノームコアもエリザベス女王杯では5着に敗退。

本領はマイルでございますな。

 

近親のビーチサンバもマイルがベスト。

 

つまり、クロノジェネシスの牝系出身の牝馬は

ことごとく1600mから2000mを本領としており、

牡馬相手になる2200mは、例えG2と言えども

少々長いのではないかと愚考致しまする。

 

つまり、上位人気2頭は勝ち切れぬ可能性が高く、

3番人気以下から、勝てそうな馬を探し出し、

単系の馬券で妙味を狙うのが面白そうでございますな。

 

 

今年の伏兵


過去5年の勝ち馬は、

父か母父に欧州型ミスプロ系か

欧州型ロベルト系を持つ馬。


近3走以内に重賞で3着以内に入っており、

父か母父に欧州型ミスプロ系かロベルト系を持つ馬


これに該当する馬は・・・

・クラージュゲリエ

・ステイフーリッシュ

この2頭でございますな。




クラージュゲリエ

父が欧州型ミスプロ系のキングマンボ系。

母父はロベルト系でございます。


直近の京都芝2200m戦2鞍で

穴をあけたのは、どちらも父がキングマンボ系。


開催がさらに進み、馬場が荒れ

欧州的なスタミナを問われる馬場になれば

クラージュゲリエにはチャンス到来。

 

ステイフーリッシュ


ステイゴールドは欧州馬場に強く

非根幹距離重賞にも強い種牡馬。

母父にキングマンボ系を持ち、

ダメ押しのように母母父ロベルト系。

 

いわゆるG2ハンターでもあり、

G1では用無しながらも、G2では堅実ですな。

 

 

今年の穴馬候補は?

 

予想人気6番人気のドレッドノータスは、

母・半姉ともに当コースのG1エリザベス女王杯3着馬。

 

ハービンジャー産駒のコース成績は、

今回出走するメンバーの中では勝ち数2位。

↓↓↓

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ハービンジャー 9- 9- 6- 61/ 85 10.6% 21.2% 28.2%

集計期間:2015. 1.10 ~ 2020. 2. 9

 

全兄のサンマルティンは1000万条件戦ながら

前走2000mからの1F延長ローテで当コース勝ち。

 

本馬自身は、1度だけ当コースで出走しておりますが、

その時は5か月の長期休養明けで、負けた相手も

ノーブルマーズ、パフォーマプロミスという

G1好走馬でございました。

 

重賞を2勝している「前哨戦ハンター」

というキャラクターは、こういう舞台でこそ

真価を発揮するのやも知れませぬ。

 

 

最終結論

 

京都記念の最終結論は、

レース当日の昼頃にEZ-WIN予想を公開致します。

 

 

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀クリックのお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

 

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

 

助太刀クリック↓↓↓ (*_ _)よしなに

    

  血統理論人気ブログランキング

 

 

# 京都記念 穴馬

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!