重賞レポート G2東海S

 


血統理論ランキング

いつも人気ブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

 

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

↓↓↓助太刀クリック


血統理論ランキング

 

G2東海ステークス 京都ダ1800m

 

例年、中京ダ1800mを舞台に行われる

ダート重賞でございますが、今年はオリンピックの影響による

変則開催のため、京都ダ1800mで代替え開催となりまする。

 

先週の小倉で開催された愛知杯同様に、

コースが変われば、当然データも変わりますれば、

過去の東海ステークスのデータは無視致しましょう。

 

 

京都ダ1800mはどんなコース?

 

コースの大半が平坦部分で、3コーナー手前から高低差

約2mの上り坂となり、3コーナーから4コーナー入り口まで

上った分を一気に下り、4コーナーからゴールまで平坦。

 

あまり、パワーやスタミナを必要とせず、

むしろスピードとスピードを維持する能力が

強く求められるコースでございますな。

 

重賞では特に高いスピード能力を求められるため、

血統傾向にも大きな偏りが見受けられるコースでございますな。

 

 

血統傾向

 

ダートにおけるスピード能力が高い

APインディ系種牡馬の産駒が強いコース。

【種牡馬系統別集計(重賞)】

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
APインディ系 2- 2- 1- 4/ 9 22.2% 44.4% 55.6%
ヴァイスリージェント系 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
キングマンボ系 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
ディープ系 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
ダンチヒ系 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
Dサンデー系 0- 2- 1-18/21 0.0% 9.5% 14.3%
ミスプロ系 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8%
Tサンデー系 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6%

集計期間:2014.11. 9 ~ 2019.11. 3

APインディ系はバテると簡単にあきらめる

「根性」とは無縁の血統ではございますが、

下りでスピードに乗り、平坦の直線でスピードを維持する。

という競技は非常に得意な血統でございますな。

 

また、芝のレースでも高速馬場に強い

米国型ヴァイスリージェント系も人気薄の激走に要注意。

 

【人気薄が勝ち星を挙げる種牡馬系統】

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値
ストームバード系 14- 19- 26- 191/ 250 5.6% 13.2% 23.6% 167
ヴァイスリージェント系 39- 42- 45- 362/ 488 8.0% 16.6% 25.8% 116
Dサンデー系 103- 90- 97- 956/1246 8.3% 15.5% 23.3% 110
APインディ系 35- 31- 31- 279/ 376 9.3% 17.6% 25.8% 110

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2020. 1.19(全クラス)

集計期間中に100回以上の出走が有った種牡馬系統で、

単勝回収値が100円を超す「黒字回収」になっておるのは

上記の4系統のみでございますな。

 

 

コースの血統傾向を把握するには、

人気薄で好走する血統を知る事が重要となりまする。

 

要するに、力上位の人気馬を負かせるほど

このコースが合っておるのが上記の4系統。

という事でございますな。

 

 

今年の穴血統馬

2020年 1月26日(日) 1回京都9日目 18頭
【11R】  第37回東海テレビ杯東海S
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) ダート1800m

馬名   性齢   斤量
アイファーイチオー   牡6   56 シニスターミニスター
アナザートゥルース   セ6   56 アイルハヴアナザー
アングライフェン   牡8   56 ステイゴールド
インティ   牡6   58 ケイムホーム
エアアルマス   牡5   56 Majestic Warrior
キングズガード   牡9   56 シニスターミニスター
クロスケ   牡5   56 キャプテントゥーレ
コスモカナディアン   牡7   56 ロージズインメイ
コマビショウ   牡5   56 エンパイアメーカー
スマハマ   牡5   56 ネオユニヴァース
ヒストリーメイカー   牡6   56 エンパイアメーカー
ヒロブレイブ   牡7   56 カジノドライヴ
ビルジキール   牡4   55 キングヘイロー
マイネルクラース   牡6   56 ステイゴールド
メイショウウタゲ   牡9   56 プリサイスエンド
モズアトラクション   牡6   56 ジャングルポケット
ロードアルペジオ   牡7   56 キングカメハメハ
ヴェンジェンス   牡7   56 カジノドライヴ

 

馬名が赤文字になっておるのが「コースの穴血統」該当馬

※クロスケは回避の見通し。

 

昨年の当コースG3「みやこS」でも

3頭しか出走していなかったAPインディ系のワンツーで

馬連198倍の万馬券決着でございました。

 

 

今年の注目馬

 

キングズガードとヴェンジェンスは、

昨年のG3みやこステークスで馬連198倍を演出。

 

キングズガードは今年9歳ではございますが、

昨年暮れのG1チャンピオンズカップで差の無い5着。

 

まだ見限れぬところでございましょう。

 

拙者が密かに期待を寄せるのは、

恐らく2桁人気となるであろうヒロブレイブ。

 

未だ騎手が決まっておらず、出走するかどうか?

ではございますが・・・

 

APインディ系カジノドライブ産駒で、

米国型ヴァイスリージェントの血をクロスで保持。

 

もともと京都ダ1800mは得意コースであるにもかかわらず、

何故か17年10月に3勝クラスで3着に好走して以来

15戦ぶりの得意コースへの出走登録でございまする。

 

「前走1400m→今回京都ダ1800m」

この距離延長ローテでは3戦して複勝率100%

 

指数的には現状足りない存在ながら、

その指数は得意コースを走っていない指数。

 

変わり身には警戒が必要でございましょう。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!