G1レポート ホープフルS 2


血統理論ランキング

↑↑↑クリック(*_ _)

いつもブログランキングに助太刀を賜り

誠にもって感謝の極み(*_ _)かたじけなし

読者の皆様の助太刀のお陰様で、

血統理論人気ブログランキングの1位をキープ出来ております。

 

読者様の1日1回のクリックが、ランキングポイントとして加算され、

1日単位で集計されたポイント合計でランキングが変動いたしまする。

はなはだご面倒ではございましょうが、

本日も何卒よしなに助太刀をお願い致しまする(*_ _)

↓↓↓クリック(*_ _)


血統理論ランキング

 

G1ホープフルステークス 枠順確定

 

過去5年の好走傾向

前回の血統分析に引き続き、本日はその他の

「好走傾向」に目を向けて参りまする。

 

脚質傾向

ホープフルステークス過去5年の3着以内馬15頭全てが

前走で「上り3位以内で1着」(重賞の場合は2着以内)

今年の該当馬は・・・

 

①ブラックホール

②コントレイル

④ガロアクリーク

⑤ヴェルトライゼンデ

⑦ワーケア

⑪オーソリティ

⑫ラグビーボーイ

 

関東馬と関西馬

G1に昇格後の2年間は・・・

 

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
栗東 2- 2- 1-16/21 9.5% 19.0% 23.8%

集計期間:2017.12.28 ~ 2018.12.28

G2時代は関東馬が優勢でございましたが、

G1となると、関西からの長距離輸送のリスクを

押してでも、有力馬を出走させる動機となるのでしょうな。

 

今年の関西馬は・・・

②コントレイル

➂ブルーミングスカイ

⑤ヴェルトライゼンデ

⑧クリノブレーヴ

⑨パンサラッサ

⑬ラインベック

 

以上の6頭でございます。

 

関西馬が強いのは、美浦と比べて傾斜がきつい

栗東坂路で鍛えられておることが大きな理由でございましょう。

 

しかしながら、関東馬でもノーザンファーム生産馬などの

「ノーザンファーム天栄」で育成された馬は、栗東坂路を凌ぐ

天栄の坂路で鍛えられており、関西馬と互角に戦えますれば、

天栄仕上げの関東馬は別格と考えるべきでございましょう。

 

天栄仕上げの関東馬

⑦ワーケア

⑪オーソリティ

⑫ラグビーボーイ

 

前走クラスと内容の傾向

前走がOP特別だった馬は、過去5年間で7頭が出走。

馬券になったのは、昨年のサートゥルナーリアのみ。

 

サートゥルナーリアは、前走OP特別を2着馬に

0秒3差で勝っており、他の6頭は勝っていても

2着との着差が0秒2以下だった馬で、全て散っておりますな。

 

今年は、前走がOP特別だった馬は3頭おりますが、

0秒3差以上の着差で勝ったのは以下の2頭。

⑤ワーケア

⑪オーソリティ

 

ディープ産駒の取捨基準

 

過去5年のホープフルステークスに出走した

ディープインパクト産駒の戦績を調べてみますと

ある重大な「取捨基準」が浮かび上がって参りました。

 

その基準とはいったい何でしょう?

 

それは牝系の血統でも無く、近走の脚質でもない。

 

その答えと、今年の出走馬全頭の分析見解は

「ホープフルS過去分析シート」に記載しております。

 

過去分析シートは、無料メルマガにて

無料で配信させて頂くExcelシートございます。

 

無料メルマガに登録がお済みでない方で、

過去分析シートの配信を希望される方は、

下記のボタンをクリックして登録フォームにお進み頂き

アドレスのご登録をお願い致しまする(*_ _)

↓↓↓

アドレスの登録が完了致しますと、すぐに

折り返し届きます「登録御礼メール」に、Excelファイルで

「過去分析シート」を添付させて頂いております。

 

携帯メールでご登録の場合は、あらかじめ受信設定で

m.mag@kmax-begin.com からのメールが受信できるよう

設定をお願い致します(*_ _)

 

無料メルマガの配信解除は、毎回のメールに記載の

「解除フォーム」から1クリックで一発解除が可能です。

 

お試し頂いてお口に合いませなんだら、

問答無用の一発解除も大いに結構でございますれば、

お気軽にお試しをどうぞ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!